2018年8月16日 公開

子どもと育てよう!気軽で簡単にはじめられるグリーンのお世話

夏休み中、6歳3歳兄妹にグリーンのお世話を任せています。毎日の日課を作り、自分たちで管理すること、“生きているもの”を育てることは、子どもたちにとっても良い経験です。日々の様子に加え、忙しくても初心者でも扱いやすい、おすすめのアイテムをご紹介します!

自分の責任で、命を育てる経験を!

Expensive / Shutterstock.com
こんにちは!sahyuです。

最近、グリーンのお世話を楽しむようになったわが家の子どもたち。普段からちょっとした花を飾ることが多く、気が向くと水換えなどは一緒にやっていたのですが、本格的に「子どもたちの“係”」としてお願いしたのは、今回がはじめてです。

きっかけの一つは、幼稚園や幼児教室で、たくさんの子どもたちを指導されてきたベテランの先生からお話を伺ったことでした。

「これは自分の仕事」という役割をしっかりこなしながら、命を育てるという経験は、優しさと責任感を育むことにつながるという言葉が、とても印象に残りました。

子どもでも扱いやすく、育てやすいグリーンって?

via photo by author
子どもたちは常に「動物や魚などを飼いたい!」と言っており、本当はそれを叶えることができたら良いのですが……。マンションでペットは禁止されていることに加え、長期休みは帰省などで年に数回、7~10日ほど家をあけることがあるため、なかなか難しいのが現状です。

そこで昨年は、小さなベランダでも育てられる紫蘇を育てはじめたわが家でしたが、マンションの外壁工事による日照不足でだめにしてしまうという悲しい結末に……。

水やりなどのお世話をする朝夕は、1日で一番バタバタする時間帯。そんな中でも子どもたち主導でお世話ができ、扱いやすく育ちやすいものはないか、いろいろと探していたところ、「豆苗」、「底面給水鉢」、「エアープランツ」の3つにたどり着き、わが家のグリーン仲間としてお迎えしました。

どんどん成長!食べられるのがうれしい「豆苗」

昨年、最初に選んだ植物が「紫蘇」だったのも同じ理由なのですが、やはり、自分で育てたものを食べられるということは、子どもたちにとっては大きな魅力。

でも、野菜は虫がつきやすいものも多く、お世話が大変と聞いていたため、虫が苦手な私自身が選ぶ勇気を持てずにいました。

そんなとき、お友だちのおうちで見かけたのが豆苗。食べる部分をカットした残りの根を水につけ、1日1、2回水を換えるだけで、ぐんぐん目に見えて成長します。

上がカット直後。下左は3日目、下右は5日目。ぐんぐん伸びて行きます!
via photo by author
スーパーなどでは100円以下で売られていることも多く、手に入りやすい豆苗。

食卓に置き、料理に使うときは子どもたちにキッチンバサミでカットしてもらうのですが、そんな作業自体も楽しそう。自分で育てたものが料理に入っているとうれしいのか、ちょっと味にクセがある割によく食べてくれます。

via photo by author

豆苗はお弁当のつくねや卵焼き、お味噌汁、そばなど麺類の薬味としても活躍!他の薬味と違って、辛さはないので、子どもたちでも食べやすく、栄養が豊富な点もうれしいです。
via photo by author

水やりを「鉢まかせ」にできる!底面給水鉢

via photo by author
観葉植物など、室内で育てるグリーンの場合、ポイントとなるのは「正しく水やりができているかどうか」。毎日適切な量をあげることは、大人でも難しいときがありますよね。

こちらの底面給水鉢は、水を入れておくだけで、あとは鉢が適量の水分を勝手に判断して吸い上げてくれるという優れもの!わが家は、育てやすいグリーンとセットになっている無印良品のものを購入しました。

グリーンが植えられている鉢を持ち上げると、底に給水ひもがついています。

つまみがあるので持ち上げやすい!
via photo by author
このひもが、ポットに溜めた水を吸い上げて、適度な水分を補給してくれるのです。

毎朝、新鮮な水に取り替えるだけでOK!
花瓶の水換えと同じ感覚でできるので、小さな子どもにも任せやすく、子どもたちは毎朝、いろいろ話しかけながら水換えを楽しんでいます。

インテリアにも人気の「エアプランツ」

土を必要としない、ちょっと不思議な雰囲気のエアプランツ。ここ数年であちこちで見かけることが増えました。100円ショップでも売られていることがありますよね。わが家では、カプトメドゥーサエを育てています。

なんとなくかわいらしく、存在感はあるのに場所を取らないのもうれしい。
via photo by author
本当はもう少し、かっこよく飾ってみたいのですが、子どもたちが手に取りやすいよう、お皿に載せて食卓に。兄妹二人で協力してやってほしいなと思い、こちらは「ふたりで考えて水やりしてね」とお願いしています。

エアプランツには霧吹きで水をかけるので、「霧吹き係」とその間「エアプランツを持つ係」を日替わりで順番にしている様子です。

かなり頻繁にケンカもしていますが、なるべく私は口を出さないようにガマン……。
via photo by author
いずれも植物を育て慣れていらっしゃる方には物足りないかもしれませんが、わが家の子どもたちにとっては“ちょうど良い”タスクとなっています。

やはり、おうちの中にグリーンがあると心が和み、また子どもたちが自分から役割をこなそうとする姿を見るのも、親としてはうれしいもの。そして、水やりが毎日の習慣となったことで、その流れで朝ごはんの簡単な準備を手伝ってくれるようになるなど、思わぬ相乗効果もありました!

作業自体は簡単でも、子どもたち自身にすべて任せることが楽しく、「おてつだい」を続けるコツなのだなと感じています。

夏休みなど、お子さまが家にいる時間も長い時期に、小さなお子さまと一緒でも気軽にはじめられるグリーンのある暮らし、ぜひおすすめしたいです!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

自然が先生!野菜のきれはしを育ててみよう

自然が先生!野菜のきれはしを育ててみよう

普段は台所ゴミにしてしまう野菜のきれはしを使って、ご家庭で面白い実験をしてみませんか?水につけて置いておくと…あら不思議!ぐんぐん葉っぱが伸びてくるではあ...
基本のだしの取り方をチェック!家庭でできる食育取り組み例

基本のだしの取り方をチェック!家庭でできる食育取り組み例

だしは料理の基本。とくに和食はだしがおいしさを左右します。でもだしを取るのは面倒だし難しそう、と思っていませんか? じつは案外簡単で、慣れれば時間もかかり...
「お盆玉」は夏のお年玉?金額の相場や由来をチェック

「お盆玉」は夏のお年玉?金額の相場や由来をチェック

「お盆玉」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?発祥は江戸時代だとされていますが、最近急速に浸透しつつあるお小遣いの渡し方のひとつです。イメージとしては...
プランターではじめる家庭菜園!育てやすい植物と必要な道具

プランターではじめる家庭菜園!育てやすい植物と必要な道具

家庭菜園と聞くと、畑や庭が必要というイメージがありませんか?普段口にしている野菜のなかには、プランターでも簡単に育てられる野菜がたくさんあります。子どもと...
【3時間の集中】落ち着きのない子でも取り組めたのは料理でした

【3時間の集中】落ち着きのない子でも取り組めたのは料理でした

子どもが集中できる時間はせいぜい数分。でも、気持ちと頭を切り替えて集中する時間を少しずつ伸ばしていくことはもちろん可能です。その練習に料理はとても役立ちま...

WRITER

sahyu sahyu  東京都在住、6歳息子と3歳娘のママライター。広告業界を経て、結婚・出産を機に、国内外のトレンドやニュース記事の執筆を始めました。現在は、子どもとのおでかけ記事やワークショップ体験記など、子育て中の今だからこそ書ける記事を手がけることが増えています。子どもや家族との毎日がより楽しくなるような情報を発信できるようにがんばります!よろしくお願いいたします☆