2018年5月24日 公開

保育園の運動会はどんなプログラム?初めて参加する人向けガイド

保育園の行事はたくさんありますが、なかでもお楽しみ要素が高いのが運動会です。保育園の運動会ではどのような種目があるのでしょうか?参加する時の注意点や準備はどのようにすれば良いのか、確認事項から保護者代表挨拶の文例までご紹介します。

運動会当日までに用意しておくもの

子供の上履きとカラーボール|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (95349)

運動会をより楽しく過ごすため、パパママとしては準備を万端にしておきたいものです。当日までにはどのような準備をしておけば良いのでしょうか?

服装

まずは運動会にふさわしい服装を準備しましょう。最近は気温の変わりやすい4月や10月に運動会を開催する保育園もあり、園児だけでなくパパママも暑さ・寒さ対策が必要です。

基本の服装は、動きやすい衣服に運動靴、帽子。子どもの服装に規定がない場合は、目立ちやすいソックスを履かせるなど、集団の中で見つけやすいものを準備しておくのもおすすめです。

持ち物

レジャーシートやクッションなど、応援に必要な持ち物を準備します。時期によっては保冷バッグや日焼け止め、カイロなども必要になるでしょう。

子どもが頑張る様子を撮影するために、カメラの予備バッテリーや小さな三脚などもあれば安心です。

運動会当日までに確認しておくこと

母子 27 運動会|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (96984)

初めての運動会は分からないことだらけです。同じ保育園に通っている園児のお母さんにアドバイスをもらうなどして情報収集しておくと安心です。

事前に保育園から注意事項を記載したお知らせが渡されるケースもあるため、忘れずにチェックしておきましょう。

集合時刻・場所

わが子の頑張る姿を少しでも良い場所から応援したい気持ちは皆同じです。場所取りのルールは保育園によって異なるため、何時から・どこに・どのような状態で順番待ちをすれば良いのか確認しておきましょう。

運動会は保育園行事の中でも特別な行事のうちの1つです。園児の登園時間も普段とは異なるかもしれません。なかには小学校の運動場や体育館を借りて運動会を行う保育園も。

間違いがないよう、集合時刻や集合場所は確実にチェックしてください。

タイムテーブル・プログラム

始まりの時間や終了時間はもちろん、子どもの出番が何番目の競技なのかしっかり把握しておきましょう。ダンスなどお遊戯がある場合は、どのあたりで踊るのかなども事前に子どもに確認しておくと、見るときに探しやすくなります。

観覧場所、観覧の仕方の注意点

保護者の観覧席は、クラスごとや学年ごとに決められている場合があります。観覧しても良い場所がどこかを確認しておきましょう。

場所取りに並ぶ場合は1家族1名まで、観覧中は日傘やイスの使用禁止、昼食は体育館で食べるなど、細かなルールは保育園によって異なります。保育園の定めた注意点を守って、皆が笑顔で過ごせるように努めてください。

小さな子どもがいる場合は、走り回って他の保護者の方に迷惑になることがないよう、抱っこして観覧するなどの配慮を。飽きてしまう場合には近くの公園に連れ出すなどの工夫も考えておきましょう。

保育園で行われる運動会の種目には何がある?

綱引き|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (96985)

保育園の運動会の定番種目といえば、かけっこやリレー、玉入れ。それ以外にもダンス、借り物競争、3~5人がチームになって行う大玉転がし、台風の目と呼ばれるチームリレーなど、保育園によって特色ある競技が開催されます。親子が一緒に参加の競技が用意されている場合もあるでしょう。

披露してくれるダンスや競技は、子供たちがその日のために一生懸命練習してきた成果。なかでも年長さんが行うリレーは本格的で驚いたという声も多く、感動のシーンがたくさんあります。

カメラとビデオの用意を忘れずに!

親子競技に参加するときの注意点

玉入れ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (95351)

保育園の運動会では、園児だけでなく保護者も一緒に参加する「親子競技」が設けられているとことが大半です。

親子競技はついついパパママも出番に張り切ってしまいがち。大人のペースで競技に参加すると、思わぬ怪我につながることもあります。参加するときは子どもに無理させないように注意しましょう。

順位にこだわるあまり、ルールを守れなくては意味がありません。子どものお手本になれるように正々堂々と競技に挑みましょう。勝敗よりも子どもと一緒に楽しむことが大切です。

保護者代表で挨拶に立つことになったら

万国旗|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (95350)

運動会の開会式や閉会式で、保護者の代表として挨拶に立つ機会があるかもしれません。代表に選ばれた場合、どのようなことに注意すべきでしょうか?文例とあわせてチェックしてみましょう。

注意点

大勢の前で話をする機会が多くない方にとっては、保護者代表の挨拶でも非常に緊張してしまうもの。「良い記念になる」くらいのゆったりとした気持ちで臨みましょう。

背筋を伸ばして聞いている園児たちのほうへ視線を向け、少しゆっくりと話すことを意識します。子どもが理解しやすいよう、大きな声で話すことはもちろん、1文ずつが短めになるように文章を構成してください。

また、にこやかな笑顔で話すと印象が良いでしょう。原稿はすべて覚えていなくても構いません。原稿を用意する場合は肩の力を抜いて両手で持つようにしましょう。

挨拶文例

【開会式】
開会の際は、保護者の観覧へのお礼や注意事項を伝えます。

-文例
おはようございます。今日は待ちに待った運動会ですね。皆さんの気持ちが通じたのか、気持ち良いお天気のなか、運動会を開催することができました。

今日のために、みんないっぱい練習をしてきましたね。たくさんの競技があり本当に楽しみです。みんなの元気いっぱいの姿をお父さんやお母さん、見に来てくれた家族の方に見せてくださいね。

御来賓のみなさま、そして保護者のみなさま、本日はお忙しいなか、ご来場いただきありがとうございます。子ども達は、今日この日のために一生懸命練習してきました。ビデオ撮影や写真撮影はお互い譲り合って気持ちの良い1日が過ごせるようにお願いいたします。

それではみなさん、けがには十分に気をつけて、今日の運動会を目いっぱい楽しみましょう。

【閉会式】
閉会の際は、準備をしてくれた保護者への感謝と、指導をしてくれた先生への感謝を伝えます。

-文例
今日は最後まで天候に恵まれ、大変気持ちの良い1日でした。年少さんも年中さんも年長さんも、一人ひとりが一生懸命頑張ってくれたおかげで、楽しい運動会になりました。みんなが頑張ってきた練習の成果を見ることができて、本当によかったです。

朝から運動会の準備してくださった委員のみなさま、この日のために子ども達にご指導くださった園長先生、先生方、本当にありがとうございました。おかげで子ども達の成長した一面を見ることができました。

ご家族のみなさま、今日はお家で運動会のことをふり返って、ぜひたくさん褒めてあげてください。今日は本当にお疲れ様でした。

笑顔で楽しい運動会を過ごしましょう

子どもたちが一生懸命に頑張る姿が感動をさそう運動会。子どもたちのこれまでの練習の成果をしっかりと見てあげたいものです。運動会の注意点を守り、皆が笑顔で過ごせる気持ち良い1日になるように努めましょう。運動会が終わったあとは、子どもの健闘を称えしっかりと褒めて、身体を休ませてあげることも忘れないでくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

保育園の申し込み方法は?入園時期や入園の「点数」の付けられ方

保育園の申し込み方法は?入園時期や入園の「点数」の付けられ方

保育園に入園準備が必要なこと、ご存じですか?仕事復帰を考えているなら、産休・育休の間に情報収集をしておくのがベスト。申し込み時期や入園の基準など、知ってお...
保育園入園の申し込み方法は?認可・無認可の違い

保育園入園の申し込み方法は?認可・無認可の違い

復職予定や就労希望があるパパママにとって、保育園は育児のサポートを行う重要な存在です。最近では保育だけでなく、英会話スクールなどならいごとを充実させる保育...
保育参観のねらいと内容をチェック!親の服装に決まりはある?

保育参観のねらいと内容をチェック!親の服装に決まりはある?

保育園で定期的におこなわれる保育参観は、園でのお子さまの様子を見ることができるチャンス。ただ見守るだけでなく、保育参観のねらいを知ったうえで行けば、さらに...
「幼児教育・保育無償化」の条件は?月額上限や注意点を徹底解説

「幼児教育・保育無償化」の条件は?月額上限や注意点を徹底解説

「幼児教育・保育無償化」が2019年9月から実施されます。認可だけでなく認可外も対象となることが決まりました。ただし、すべてが完全に無料になるわけではあり...
運動会のお弁当作りのコツ!人気のおかず&簡単な盛り付け方!

運動会のお弁当作りのコツ!人気のおかず&簡単な盛り付け方!

幼稚園や保育園、小学校での一大イベントともいえる運動会。一生懸命がんばる子どものために、いつもより少し気合いの入ったお弁当を作ってあげたいですよね。今回は...

KEYWORDS

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー