2019年2月17日 公開

こいのぼりの絵本で、楽しく行事育!おすすめ作品5選

季節ごとの行事にはそれぞれ由来があります。行事にこめられた意味を知ることで、より親しみを持つことができるかもしれません。そこで今回は、こどもの日にスポットを当てたこいのぼりの絵本をご紹介します。お子さまの成長を願いつつ、一緒に読んでみてください。

想像力を促す絵本

タイトル:ちいさなこいのぼりのぼうけん
著者  :岩崎京子(作)、長野ヒデ子(絵)
出版社 :教育画劇
こどもの日に欠かせないこいのぼり。おうちに毎年こいのぼりを飾っているおうちも多いのではないでしょうか。こどもの日が近づくと、幼稚園や保育園でこいのぼりを作る機会もあるかもしれません。

この絵本のなかでも、幼稚園の子どもたちが折り紙でこいのぼりを作ります。そして、なんとそのこいのぼりたちは教室を飛び出していってしまいました。こいのぼりたちは無事に教室に帰れるのでしょうか?

折り紙のこいのぼりが空に飛んで行ってしまうという、夢のあるストーリー。お子さまの想像力が促され、自宅や幼稚園のこいのぼりにもいっそう愛着がわくのではないでしょうか。

絵本には、折り紙のこいのぼりの折り方も載っています。親子で色とりどりのこいのぼりを作ってお部屋に飾ってみては?こどもの日気分がさらに盛り上がりそうです。

こどもの日への興味を促す絵本

タイトル:こいのぼりくんのさんぽ
著者  :すとうあさえ(文)、たかおゆうこ(絵)
出版社 : ほるぷ出版
こどもの日が何なのかよくわからずつまらなそうにしているお子さまには、事前にこどもの日に関する絵本を読み聞かせておくと、イメージがわき興味を持てるかもしれません。

この絵本は、5月5日のこどもの日に、こいのぼりくんが動物たちを背中にのせて、空をお散歩するお話です。巻末には行事の簡単な解説ものせられており、こどもの日の由来などをお子さまに伝えるのにも役立ちます。

おうちにこいのぼりを飾っている方は、「うちのこいのぼりも空をお散歩しているのかな?」と、お子さまと一緒に空想しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

楽しみながら知識を得られる絵本

タイトル:飛べ! マジカルのぼり丸
著者  :斉藤 洋(作)、高畠 純(絵)
出版社 :講談社
この絵本は、主人公の男の子が新聞紙で作ったこいのぼりの「こいのぼり丸」に乗って、1年をめぐるというストーリー。子どもの日だけでなくさまざまな行事が登場し、1年の行事をざっとおさらいできるようになっています。

物語のなかには、ところどころダジャレなどのユーモアが盛り込まれており、楽しみながら知識を得ることができるでしょう。

行事の由来は、そのまま伝えただけでは興味を持てないこともしばしば。この絵本のように笑いを盛り込んだ内容なら、すっと頭に入るのではないでしょうか。

幼稚園の入園準備にもおすすめ

タイトル:そらまでとんでけ
著者  :寺村輝夫(さく)、いもとようこ(え)
出版社 : あかね書房
こどもの日のために、幼稚園ではこいのぼりづくりをしています。みんな一生懸命作るなか、ネコミちゃんだけはみんなの作品をけなしてばかりでちっとも作ろうとしません。ネコミちゃんのこいのぼりはできあがるのでしょうか?

この絵本は、「くりのきえんのおともだちシリーズ」のなかの1冊。このシリーズでは、幼稚園や保育園の行事や季節の行事がとりあげられており、園での生活とはどういうものかを学べます。

また、園での集団生活をイメージするのにも役立つでしょう。幼稚園や保育園の入園を控えたお子さまは、初めての集団生活に緊張しているかもしれません。絵本でイメージ作りをしておくことで、少し安心できるのではないでしょうか。

こいのぼりについてもっと知りたい!

タイトル:おもしろそうに およいでる 鯉のぼり図鑑
著者  :日本鯉のぼり協会(編)、林直輝(文)
出版社 :小学館
こどもの日に欠かせない鯉のぼり。鯉のぼりの由来を紹介する絵本はありますが、「鯉のぼりの図鑑」は珍しいのではないでしょうか。

この本は、さまざまな鯉のぼりの種類や、全国で開催されている鯉のぼりのイベントなども紹介しています。「鯉のぼりなんてどれも同じじゃないの?」と思っている方は多いかもしれませんが、この本を見ると、とても多くのバリエーションがあることに驚かされるはず。

親子でお気に入りの鯉のぼりをみつけてみてはいかがでしょうか。鯉のぼりの魅力にハマれば、こどもの日もよりいっそう楽しみになるでしょう。

日本の歴史や伝統に関心を持つきっかけに

行事の由来を知ることは、日本の歴史や伝統にふれることにもなり、知育にも役立ちます。でも、ただ口で説明するだけではなかなか関心を持ってもらえないかもしれません。

そんなときは絵本を上手に使って伝えると、楽しみながら知識を得ることができるでしょう。行事への親しみもわきやすいのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

鯉のぼりを掲げる意味とは?由来や最近の「誰が買うのか」事情

鯉のぼりを掲げる意味とは?由来や最近の「誰が買うのか」事情

5月5日の「こどもの日」に鯉のぼりを掲げる意味をご存じでしょうか?この記事では、鯉のぼりの由来や飾りそれぞれの意味、日本で掲げられるようになった背景などを...
子どもの日は東京のこいのぼりイベントに行こう!

子どもの日は東京のこいのぼりイベントに行こう!

こどもの日の象徴である「こいのぼり」。最近は大きなこいのぼりを目にする機会も少なくなってきましたね。家のベランダに小さなこいのぼりを飾るのもいいですが、せ...
月刊科学絵本「かがくのとも」50周年記念『かがくのとものもと』

月刊科学絵本「かがくのとも」50周年記念『かがくのとものもと』

幼児向けの科学絵本「かがくのとも」が2019年に50周年を迎えました。記念出版本では、科学絵本の面白さや魅力、意味、親の寄り添い方がよくわかります。「なぜ...
文系ママでも読めた!プログラミング教育がわかるオススメ本4冊

文系ママでも読めた!プログラミング教育がわかるオススメ本4冊

2020年からはじまる小学校でのプログラミング教育必修化に向け、イベントやワークショップなど、プログラミングに関する学びの機会であふれています。でも、イマ...
今読みたい絵本がわかる!絵本好きがたどり着いた指南書3冊

今読みたい絵本がわかる!絵本好きがたどり着いた指南書3冊

絵本の探し方がわからない、何を選べば良いかわからない……。そんなときは、絵本紹介本が一番!今、読みたい絵本に親子でたどり着ける、とっておきの指南書3冊をご...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。