2018年8月27日 公開

夢は海外大学進学!海外の高校で人気の課外活動は?【英国編】

人気急上昇中の海外大学進学では、課外活動も評価されるとのうわさです。特にエッセイと呼ばれる志望動機書には、課外活動も記載されるとか。今回は英国の大学進学にフォーカスし、筆者在住の欧州で人気の課外活動について、日本での普及度も含めてご紹介します。

エッセイに記載できる課外活動

古い 建物 城 · Pixabayの無料写真 (108110)

イギリスの大学志願時は、エッセイに課外活動を記載することが推奨されています。これは英国大学出願センター・UCASのWebサイトでも確認可能。ここで言う課外活動には、次のようなものが例としてあげられます。

・スポーツや音楽などのクラブ活動
・職場体験やボランティア
・科学やテクノロジー数学関係のスキルが学べるプログラム・講習やサマーキャンプ
・大学の無料オンライン講座

それではこのなかから、欧州で特に人気を誇る4つの課外活動をご紹介します。

スポーツ

バスケット ボール プレーヤー · Pixabayの無料写真 (108115)

課外活動と聞いて、スポーツを想像するパパママは多いかもしれません。欧州でもスポーツはとても人気です。しかし学校自体のクラブ活動は日本ほど盛んではなく、学校で授業後に行われているものの実際は委託された外部機関が運営していることもしばしば。

そのかわり、地域などのクラブチームに参加する子どもたちも多くいます。

エッセイには「中高6年間バスケットボールクラブに所属していたこと」だけではなく、クラブ活動を通して何を得たかも書かなければなりません。

音楽

Classical Music Concert Macro · Free photo on Pixabay (108118)

音楽も人気の課外活動のひとつ。特に難関大学では音楽をやっている、またはやっていたという学生が多いのが特徴です。

欧州で音楽を課外活動として行う場合は、学校のオーケーストラや合唱団に入ったり、授業後に公立音楽学校に通ったりすることになるでしょう。個人で楽器だけを習うというケースは、日本ほど多くはありません。

また楽器だけではなく、加えて理論や歴史など総合的に音楽を勉強するケースが一般的です。

ボランティア

African American Asian Black · Free photo on Pixabay (108121)

日本ではあまり普及していませんが、子どもたちの課外活動としてのボランティアは欧州ではごく一般的。

日本でボランティアというと、お年寄りの施設訪問やゴミ拾いというイメージに偏りがちですが、それ以外にもいろいろな種類があります。たとえばマラソンなどスポーツイベントのスタッフや、小さな子どもたちのアクティビティーの補佐などは学生に人気のボランティアです。

職場体験

Cure Food Healthcare · Free photo on Pixabay (108124)

日本のアルバイトと似ていますが、お金を得ることが目的ではなく、職場体験を通して何を得たのかが重要となります。特にイギリスで医学部進学を希望する場合は、病院などの医療機関での職場体験が必須。日本でも東京の聖路加病院などが学生ボランティアを受け入れています。

医学部以外でも、志望学部と関係のある分野での職場体験は評価に値するもの。欧米は夏休みが長いので、その時期に職場体験をする学生が多い傾向にあります。

イギリスのエッセイと課外活動の実情

洋館|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (108407)

スペイン在住の筆者は、スペイン現地高校生の娘とともにイギリスの大学3校のオープンキャンパスへ行った経験があります。まったく校風の違う3大学でしたが、エッセイについての説明会では同じコメントを聞きました。

それは「エッセイには志望学部と関係のない個人的な経験は書かず、なぜこの学問を志望したのかを中心にしてください」という点。このようにイギリスの場合、エッセイはアカデミックにフォーカスし、アメリカほど課外活動を大々的にアピールする必要はないようです。

子どもの興味を応援しよう!

白背景の小学生・勉強する|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (108408)

人気の課外活動を紹介しましたが、エッセイに書くときに意識したいのは「志望学部との関連性」です。しかしそれは、志望学部に関係のある課外活動を選ばなくてはならないということではありません。

大切なのは何をやったかではなく何を学んだかで、それを志望学部と関連づけてエッセイに盛り込む必要があるのです。

課外活動はどんなものでも人間性を豊かにし、それが大学進学にいい効果をもたらすことは間違いないでしょう。お子さまの選択肢は狭めず、「やりたい」という気持ちを応援してあげてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

イギリス人が語る「くまのパディントン」の魅力

イギリス人が語る「くまのパディントン」の魅力

2018年で生誕60周年の「くまのパディントン」。実写映画も大ヒットした1作目に続き、2作目『パディントン2』が1月19日より日本でも公開。「くまのパディ...
イギリスでも人気!知育にもおすすめの海外ボードゲーム4選

イギリスでも人気!知育にもおすすめの海外ボードゲーム4選

家族の団らんに役立ち、子どもの考える力の強化にもつながるボードゲーム。日本にもさまざまなボードゲームがありますが、海外にはどんな種類が一般的なのでしょうか...
イヤイヤ期の声かけにも最適!【おすすめ英会話フレーズ】

イヤイヤ期の声かけにも最適!【おすすめ英会話フレーズ】

おすすめ英会話フレーズ2回目のテーマは「イヤイヤ期」です。英語圏で使われる「マジックワード」や、感情爆発中の子どもに優しく声かけするフレーズをご紹介します...
叱らない育児は可能なの?幼児教室のベテラン先生に相談した結果

叱らない育児は可能なの?幼児教室のベテラン先生に相談した結果

「叱らない育児」を取り入れてもっと育児を楽しく。それが理想とわかっていても、子ども相手についイライラしてしまうことがあると思います。「叱らない育児」の第一...
主体性を尊重!協調性も育む英国のプリスクール【イギリス学校便り】

主体性を尊重!協調性も育む英国のプリスクール【イギリス学校便り】

時間割もクラス割も無い!? 子どものペースを大事に、自主性を育んでくれる、イギリスの「Pre-school プリスクール(幼稚園)」事情をお届けします。毎...

KEYWORDS

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。