2018年1月10日 公開

うちの子一番!子どもの自尊心を育てるアルゼンチンの子育て

自尊心は大切だとはよくいわれますが、具体的にはどうやって育てればいいのか分からない方が多いかと思います。筆者が住むアルゼンチンは、子どもの自尊心を育てるのが上手な国。今回は現地で子育てに励む筆者が、アルゼンチン流「自尊心の育て方」を紹介したいと思います。

成功に必要なのはやり抜く力! グリットと自尊心の関係

 (77880)

Andrey Yurlov / Shutterstock.com
自尊心とは、自分に対して持つポジティブな気持ちのこと。自尊心が大切な理由は、成功へとつながるといわれているからです。自尊心は、やる気や自信等になるのです。

大人も同じですが、特に子どもは褒められるとやる気がみなぎって、さらなる努力や行動、そして挑戦へとつながります。自尊心のある子どもは新たなことに積極的に挑戦し、失敗しても諦めずに挑戦を繰り返すことができるのです。

心理学者のアンジェラ・リー・ダックワース氏が行った研究によると、成功には才能でも、努力でもなく、グリットと呼ばれるやり抜く力が必要だということが判明しています。グリットを伸ばす方法はまだ明らかになっていませんが、さまざまなことに挑戦して失敗しても、ひたすらトライすることが大切だとアンジェラ氏は述べています。

自尊心の低い子どもは諦め癖がついたり、チャレンジすることを恐れたりします。つまり、グリットを育むことが難しいのです。グリットを育てるためにも、子どもの自尊心を育ててあげなければいけません。

では、ここからは、アルゼンチン流の自尊心の育て方を紹介しましょう。

子どもへの賛辞は全力で受け止めるのがアルゼンチン流

 (77881)

Yuganov Konstantin / Shutterstock.com
子どもを褒められる機会は多々あると思いますが、そのときに「そんなことありませんよ」や「いやいや、〇〇ちゃんの方が~ですよ」等と言っていませんか?

これは筆者が日本に一時帰国した際に、よく見かけた光景です。謙遜は大切な能力の一つですが、全てのことに対してする必要はありません。

次の場面を想像してみてください。毎日掃除・洗濯・料理に育児と一生懸命頑張った結果、旦那様の上司や家族から褒め言葉をもらったとしましょう。でも、旦那様が「いやいや、まだまだ足りないところだらけですよ」と返したらどう感じますか?

正直なところ、がっかりしたり、イラッときませんか? 大人は謙遜の文化だからと理解できるかもしれませんが、子どもは理解できない可能性もあります。

アルゼンチンでは、子どもへの賛辞を親が謙遜するということは絶対にありません。「カワイイね」や「頭がいいね」と言われると、「ありがとう!世界一愛してるの」や「最近はこんなこともできるようになったんだよ」と褒め言葉を受け止めるだけではなく、褒め言葉に褒め言葉を重ねることもあります。

子どもに対する褒め言葉は謙遜しないで、受け止めてあげるのです。受け止めるだけでもOKですが、「いつも~頑張ってるもんね」等の追加の褒めを、親であるあなたが子どもへと送るのが、アルゼンチン流です。

子どもを褒める達人のアルゼンチン人

 (77882)

Ermolaev Alexander / Shutterstock.com
褒め言葉を受け止めるのが上手なアルゼンチン人は、同時に子どもを褒める達人という一面もあります。誤解のないように言うと、自分の子どもだけではなく、他人の子どもも愛情をもって褒めます。だから、謙遜をしなくても自慢感や嫌味がないのかもしれませんね。

アルゼンチン嫁や友人夫婦を見ていて思う、子どもの褒め方のポイントは二つ。一つ目は、子どもが苦手な活動は少し目をつぶって、できることに注目することです。できることを増やすのも大事ですが、今できることを上達させるのも重要です。

できないことばかりに目を向けると、無意識のうちに他の子どもと比較してしまい、不安や焦りに襲われて、子どもを褒めるどころではなくなります。子どもの自尊心を育てるためには、まず親が余裕を持つことが必要です。

心配する気持ちは分かりますが、子どもの成長には個人差があります。そのことをアルゼンチン人はよく理解し、のんびりと楽しく子育てに励んでいます。

二つ目のポイントは、子どものレベルに合った課題や問題を与えるということ。例えば、まだ言葉も十分に出てこない子どもに、トイレトレーニングをさせるのは難しいかもしれません。

無理なことをやらせて、子どもに苛立ちを表すのはよくありません。子どもが準備できていないのに、「うちの子は違うから」とレベルに合っていないことをさせるのは、親のエゴではないでしょうか。

一つ注意したいのが、過剰に褒めるのは良くないということです。過度に褒められた子どもは、困難と直面したとき、すぐに諦める傾向にあります。マンガでよく見られる「天才」と言われ続けた少年が、壁に直面したときに大きな挫折を味わってしまうのと同じです。

子どもに対する褒め言葉は謙遜しない、子どもの上手を伸ばす、レベルに合った活動をさせてあげる、過度に褒めすぎない。これらのポイントをアルゼンチン人は上手に意識しています。

子どもを褒めてあげることで親子の絆が深まる!

 (77883)

KonstantinChristian / Shutterstock.com
子どもの褒めポイントを探そうとすることで、親も毎日が楽しくなります。今までできなかった些細なことができるようになった、これは成長です。

赤ちゃんが歩きはじめたり、しゃべりはじめたりした時は、感動しましたよね。その感動が子どもが成長にするにつれて薄れるのは、残念なことです。お子さまが大きな方も小さな方も、お子さまの成長には、感動して心から褒めてあげてください。それが、自尊心を育む最大の秘訣かもしれません。

親ばかで何が悪い……!?

 (77884)

Yuganov Konstantin / Shutterstock.com
アルゼンチンで子育てをしている筆者は、日本人から見るとただの「親ばか」に見えるかもしれません。アルゼンチン人のように、SNSでも、友人・知人にも日頃から子どもの自慢ばかりしています。

「自慢ばかりして嫌な奴」と思われたらそれまでですが、最愛の子どもを自慢しないで何を自慢するのでしょうか?自分の子どもの自慢をしつつ、他の子どもも褒めてあげましょう。あなたの子どもは、世界で一番の存在なのですから。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもをやる気にさせるほめ術は?江藤コーチの子育てアドバイス②

子どもをやる気にさせるほめ術は?江藤コーチの子育てアドバイス②

「子どもはほめて育てよう」とよくいわれますが、じゃあ、いつほめればいい? ほめ方は? ほめてばかりじゃしつけにならない……と迷ってしまうパパママも多いでし...
不便だけど気持ちは楽!?アジアの子育てはみんなでオープンに!

不便だけど気持ちは楽!?アジアの子育てはみんなでオープンに!

アジアで子育てしたというと、たいていの日本人から「大変でしょ?」と驚かれます。もちろん日本よりも不便な部分はありますが、気持ち的には楽な部分もかなりありま...
ほめ方も大事?子どもの長所を伸ばす上手なほめ方

ほめ方も大事?子どもの長所を伸ばす上手なほめ方

子どもの自己肯定感を育てるために、できるだけほめて育ててあげましょう!という言葉をよく耳にしますが、手放しにほめるだけではわがままに育つのでは……と不安に...
子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

日本とフランスの子育ての違いというと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?フランス在住3年目、2人の子どもを育児中の筆者が、実際に現地で乳幼児の子育て...
プレゼントをみんなに配る!?オランダの誕生日事情

プレゼントをみんなに配る!?オランダの誕生日事情

誕生日の習慣も、国によりさまざま。筆者の住むオランダでは、幼稚園や学校でもお祝いをしますが、ケーキやお菓子などの小さなギフトをクラスメイト全員に配るのが一...

WRITER

奥川しゅんぺい 奥川しゅんぺい  アルゼンチン在住数約3年のフリーライター。福岡県古賀市育ち。立教大学卒業後にアルゼンチン嫁と結婚するために移住を決意。2歳の息子とともにのんびりとアルゼンチンライフを満喫中。南米の子育て事情をお届けします。