2019年3月31日 公開

【体験談】愛読書はもう図鑑!1歳半の息子が本好きに育つまで

1歳半の三男は、絵本大好き。本棚の前で一人黙々とページを繰ることも珍しくありません。でも実は、第一子や第二子育児では、絵本をうまく取り入れられず悩んだ頃もありました。当時との違いを振り返りながら、三男が絵本好きになるまでの歩みやポイントを紹介します。

兄たちへの読み聞かせを耳にしていた妊娠中~ねんね期

生まれて2週間ほどの三男。出産祝いにたくさんの絵本をいただき、文字通り絵本に囲まれていました(笑)。
via photo by author

わが家の末っ子である三男は、絵本好きの親と兄二人(当時は6歳と3歳)、そして対象年齢も素材もさまざまな絵本が並ぶ家に生まれてきました。妊娠中、三男への語りかけはほとんどできませんでしたが、毎晩お布団で読む絵本の読み聞かせをお腹の中で聞いて育ちました(その頃はかいけつゾロリシリーズばかりでした……)。

誕生後も、しばらくは三男のためだけに本を読んだことはありませんが、兄たちが楽しそうに本を選ぶ姿や声、読み聞かせのストーリーを耳にしていたと思います。

4カ月の頃の三男。ガラガラなどのおもちゃをつかめるようになってからは、布絵本も仲間入り。独特な音や色や舌触りを楽しんでいました。
via photo by author

三男が少し動けるようになってきたタイミングで、唯一彼のためにやっていたのは、壁にたくさん絵本を立てかけていたことです。カラフルな表紙が赤ちゃんでも見えるように配置して「見たかったら見てね。絵本っていう面白いものが、世の中にはあるんだよ」という紹介半分、かまってあげられないお詫び半分の対応でした。

絵本との触れ合いがはじまったお座り期

三男9カ月頃の写真です。お座りが安定し、お花見の公園でも、ポケット図鑑を手にペロペロしていました。サイズ感がちょうどよかったようでお気に入りに。
via photo by author

お座りができるようになった半年頃から、三男のために読み聞かせをスタートしました。……と言っても、たま~にです。長く集中していられないので、選んだのは、スキンシップ重視の作品ばかりでした。

カバーを取るのが楽しい日、本をつかんでは離す日、舐めたい日、大人の本がお気に入りの日など、いろいろありましたが、お膝に座るのはとてもうれしそうにしていました。

絵本の面白さを自分で発見!そのきっかけは……


生後10カ月頃のこと。ベビーカーでの散歩中、異様に車に反応するようになり、そこからブーブーブームがスタート。自宅でも兄たちのプラレールやトミカなど、乗り物おもちゃで遊ぶことが増えました。

そんなある日のこと。三男が自宅の本棚を探検するなかで、絵本にブーブーが載っていることに気が付いたのです!以来、置いてある本のかたっぱしから、乗り物のイラストを探しては、見つけるとうれしそうに報告してくることが続きました。

「わ~見つけたんだね!」「ブーブーだね」とこちらが反応すれば、それで満足したようで、読み聞かせしようとすると拒否(笑)……まだ、読んで欲しいタイミングではなかったようです。

はじめてストーリーもの絵本を読んだのは、ノンタン絵本でした。「どうもこの本には、ブーブーがいっぱい出てきて面白そうだぞ!」と思ったのでしょうか?最後まで集中して耳を傾けていました。

困った!トラブルばかりのつかまり立ちの頃

via photo by author

三男のつたい歩き・つかまり立ちがはじまると、なんでも出してしまう、ちょっとやっかいな時期が到来しました。大人用の本棚や子ども用の本棚も、1日に何度入れ直したことか……。

図書館では、本の仕切りを引っ張り出すのが快感だったようで、小・中学生コーナーにある、程よい分厚い本をたくさん出しては闊歩。彼の後にくっ付いては、本を戻して回る日々でした。兄たちの付き添いで図書館に行っているとはいえ、末っ子から目が離せなくなりました。
続いてやってきた「めくりたいブーム」の時代も、ちょっと大変でした。お話の途中でもページを前へ後ろへと勝手に触るので、兄たちの読み聞かせ中も何度も中断。パパも読んでいる新聞が進まずイライラ状態に……。結局、長男次男へ読み聞かせしている間、三男は授乳タイムにしてその時期を凌ぎました。

手が器用になって……びりびり&かきかきブーム到来


もっと手先が器用になり、「びりびりブーム」が到来したときは、さらに大変でした。自宅の本から図書館で借りた絵本まで何冊も破られ……。特に小説などの薄い紙がお気に入りで、人生初の図書館でお詫び&弁償を経験。しばらく書店や図書館に行くのは、諦めました。

そんな状況でも筆者が悩まなかったのは、次男が同じ月齢の頃に絵本を破いていた経験があったからです。

当時は「この子は物を大事にできないのか?」と悩みましたが、ある方に「それは成長の段階だよ」と教えていただき、目から鱗でした(長男はいい子だから破かなかったのではなく、第一子だったので破けるような素材を近くに置かなかっただけのこと。長男にとっては、ある意味機会損失だったのかもしれません)。

気が付けば、三男ももう絵本を舐めることはありません。ということは、きっと破るブームも気がすめば卒業するのかと、そんな風に考えて黙認し、破かれてもよいものを敢えて用意するようにしていました。

ちなみに、兄たちの文房具が三男の手の届くところにあると、絵本への落書きも、相当数やられました。が、徐々に「クレヨンは書いてもいい紙に書く」が定着しつつある今日この頃です。

絵本の中身もじっくり楽しみはじめたのは1歳半になってから

上手にめくるだけでなく、自分で好きな本を選べるようになっていることに感動しています。分厚くしっかりした素材の英語のピクチャーブックがお気に入りです。
via photo by authro

そして今、三男はというと……非常によく本を手にとっています。図書館でもマナーを覚え、好きな本を取ると静かに座って読む、もしくは大人に「読んで」と持っていくということをするようになりました。

幼児向きの絵本コーナー、乗り物コーナーなど場所も覚えて、貸し出しのお願いまででき、相当、図書館を使いこなすほどに成長(笑)。

そして、ついに彼が出会ってしまったのが『世界の車図鑑2500』(出版社:スタジオタッククリエイティブ)という分厚い図鑑でした。最初は「1歳には早いでしょ」と軽くあしらっていたのですが、何度も何度も持ってくるのです。

「この紙質は破られるに決まっている」という懸念もありましたが、半信半疑で2,376円を投資してみることに。すると、この本は彼の知的好奇心と発達の両面でヒットしたようで、時にビリビリ破いては、時に熟読するを繰り返しています。

マニアックで乗り物の世界をぐーんと広げてくれるこの1冊の登場に、兄たちもや筆者まで楽しませてもらっています。

絵本って結局なんだろう?

LaQ(ラキュー)で作った恐竜たちの遊び基地となった絵本(by 6歳&4歳)。そういえば、筆者も電話帳を重石代わりに使うこともあります。絵本の用途はさまざまですね……。
via photo by author

現在1歳半の三男は、絵本が大好きです。でも、筆者が絵本好きに育てようと手をかけたかというと、そうでもありません。絵本がたくさんある環境のなかで、三男が自分のタイミングで絵本と存分に触れ合い、舐めたり投げたり破ったりするなかで、ある日「絵」として、「本」としての魅力に気が付いたというところでしょうか。

乳児絵本の面白さが理解できず、悶々としていた6年前の筆者には、全く想像もできなかった世界がありました。

「絵本ってなんだろう?」

息子たちの成長を振り返り、改めてふと考えました。大人にとっては「絵がたくさん描いてある本」。でも、赤ちゃんにとっては「紙が束ねてある四角い分厚いもの」かもしれませんね。すべてが未知の彼らには、きっと絵本がさまざまな刺激の扉を開いてくれるのだと思います。

その子その子でタイミングもあるのでしょうし、その時々の絵本とのかかわりを思う存分楽しませてあげることが、絵本好きへの近道なのかもしれません。

この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

楽しみ?不安?赤ちゃんが産まれる前に読んであげたい絵本5選

楽しみ?不安?赤ちゃんが産まれる前に読んであげたい絵本5選

お子さまにとっての一大イベント、お姉ちゃんお兄ちゃんになるということ。ママのお腹が大きくなっていくにしたがってお子さまは楽しみな反面、不安も隠しきれないの...
読み聞かせにルールはない!話題の絵本作家が語る、絵本の付き合い方

読み聞かせにルールはない!話題の絵本作家が語る、絵本の付き合い方

赤ちゃんが繰り返し読みたくなる絵本『とりがいるよ』シリーズの作者、風木一人さんのインタビュー。後編では、絵本との付き合い方、育児に絵本を取り入れるときのポ...
読みきかせするとママも元気になる!おすすめ絵本5選

読みきかせするとママも元気になる!おすすめ絵本5選

子育て、家事、仕事、やることがたくさんであっという間に1日が終わってしまうママ。絵本の読み聞かせをする気力がないときもあるでしょう。そんなママたちの心に優...
LOA
【ちびっこ恐竜博士に贈る】おすすめ図鑑・絵本・マンガ6選

【ちびっこ恐竜博士に贈る】おすすめ図鑑・絵本・マンガ6選

恐竜絵本が楽しくなって、恐竜の名前を覚えたり、好きなキャラクターができたりしたら、図鑑デビューがおすすめです。「なんで?」「どうして?」と好奇心旺盛なちび...
話題の絵本作家流子育て「イライラしたら、親子で絵本の世界に逃げるんです」

話題の絵本作家流子育て「イライラしたら、親子で絵本の世界に逃げるんです」

「赤ちゃんが夢中になる絵本」として大人気の『お?かお!』の著者・ひらぎみつえさんインタビュー後編。5歳のお子さまを育てながら活動するひらぎみつえさんに、子...

WRITER

福岡すみれ 福岡すみれ  東京都在住、3人のやんちゃな男の子のママです。外遊びが大好きな息子たちと日々いろいろな公園を巡りつつ、3度の食事(とおやつとお酒)を何よりも楽しみに過ごしています。