2017年3月25日 公開

パンダだけじゃない!子どもと行く上野動物園の楽しみ方

日本を代表する動物園、上野動物園。ポイントを押さえて、子どもと一緒に楽しみ尽くす、上野動物園の歩き方をご紹介します。

1.キーパーズトークは必ずチェック!

photo by author

photo by author

スマトラトラの迫力満点の姿が間近に!イベント時には、豪快にえさの肉を食べる姿が見られることも。
動物たちをただ見るだけでなく、何かアクションがあったほうが子どもにとって(もちろん大人にも)楽しいもの。そこで、ぜひチェックしてほしいのが、日々行われているキーパーズトークや、ボランティアガイドさんによるスポットガイドです。

カバが大きな口をあけてえさを食べたり、ゾウたちが飼育係さんとのパフォーマンスを披露してくれたり。マレーグマが「クマのプーさん」のように木登りをして、はちみつを舐める姿が見られたり。まさに「このときだけ」の楽しい動物たちの姿が見られます。

スケジュールと内容はその日によるので、着いたらまず園内の看板をチェックするか、事前にホームページで確認しておくとスムーズでしょう。

2.朝イチはとりあえずパンダ

 (47244)

photo by Chiik!編集部
パンダはやはり欠かせないので、朝一番でとりあえず会っておきましょう。「今は混んでいるからあとで」と後回しにすると、見逃す可能性大です。

3.インパクト大!ゾウの水浴び

 (47246)

photo by Chiik!編集部
子どもが大好きで、インパクトもあるのがゾウ。他の動物には見向きもしてくれない、という小さな子でも、ゾウさんの大きさには圧倒されるようです。上野動物園では、メス3頭とオス1頭が、スペースを分けて飼育されています。

見どころは、飼育場の中にあるゾウたちのためのプール。水に面した部分がガラスになっているため、水浴びをしたり、鼻から水を出したりするゾウの姿が間近に見られます。ゾウたちが水辺にいたら、ぜひ側面のガラス窓のほうへ回って観察してみてください。

4.ゴリラの家族にほっこり

photo by author

photo by author

こんな姿に、「ゴリラのママも大変ね~」なんて気持ちになることも。(写真は2009年撮影)
実はパンダ以上に、上野動物園ならではの魅力といえるのがニシゴリラです。上野動物園は絶滅危惧種であるニシゴリラの繁殖計画に取り組んでいるため、国内外から多くのゴリラたちを集めています。現在は2017年4月で4歳になる「モモカ」を含め7頭ものニシゴリラを飼育。これだけ大きな群れが見られる動物園は、国内では類を見ないでしょう。

特に注目してほしいのは、群れのリーダーの「ハオコ」。「コモモ」と「モモカ」の姉妹のお父さんで、見た目はひときわ体格のいい立派なシルバーバック。この「ハオコ」を中心に、ゴリラたちの家族関係をぜひ観察してみてください。「ハオコ」が子どもたちと遊んだり、ときに娘たちにつれなくされてしゅんとしていたり、母親の「モモコ」を気遣ったり。人間の家族を見ているようなほほえましさがあります。

ちなみにこの「ハオコ」、イケメンゴリラとして人気となった名古屋市東山動植物園のゴリラ「シャバーニ」のお兄さん。ソース顔のシャバーニに対して、ややしょうゆ顔系?な「ハオコ」ですが、弟に劣らずイケメン&イクメンです!

5.移動はモノレールで

 (47247)

photo by Chiik!編集部
上野動物園は東園と西園に分かれています。歩いても移動できますが、起伏もあるので結構疲れてしまいます。おすすめはモノレールを利用すること。大した距離もないのにもったいない、と思うかもしれませんが、このちょっとの距離が疲労度に影響するかも。もちろん、大好きな乗り物に乗れて子どもたちも大喜びです。

6.西園も広い!余裕のあるスケジュールを

photo by author

photo by author

西園のアイドル、ハシビロコウ
ゴリラやゾウなどのスター動物たちがいる東園に対し、西園はちょっとツウ好み。でも、動かない鳥で話題となったハシビロコウの前で延々と写真を撮り続ける熱心なファンがいたりと、意外とハマってしまう人がいるのもこの西園です。レストランには東園にも西園にもあるので、東園を見た後にお昼休憩を挟んで、ゆっくり西園を回るといいでしょう。

7.森の妖精、コビトカバ

photo by author

photo by author

え、ムーミン!? 表情もかわいらしいコビトカバ
カバ舎の隣にいる小さなカバたち。カバの子ども?……ではなく、コビトカバという別種です。カバの祖先の姿をもつ絶滅危惧種で、生息地でも妖精のような扱いをされる動物。全国的にも、コビトカバが見られる動物園はめずらしく、水の中で短い脚をパタパタと動かして泳ぐ姿などはかなりキュート。必見です。

8.まるで映画の世界!「アイアイのすむ森」

photo by author

photo by author

「アイアイのすむ森」でくつろぐワオキツネザルの母子
2009年にできた、とても特徴的な施設。特殊な自然環境をもち、そこだけに住む固有種の動物がたくさんいる西インド洋・マダガスカルの動物を集めています。

不忍池にかかる浮き桟橋から、柵のない環境でのびのびと日向ぼっこをするワオキツネザルが見られるなど、大人もワクワクさせてくれる環境が魅力。日本で上野動物園にしかいない絶滅危惧種の「アイアイ」がたくさん繁殖していたりと、見どころも豊富です。

9.両生爬虫類館「ビバリウム」

photo by author

photo by author

カメレオンが長~い舌を出してえさを食べるシーンも!
「時間がないからまた今度!」と後回しにされがちですが、実は面白いのがこちら。ジャングルの雰囲気を再現した館内に、めずらしいワニやカメたちがたくさんいて、水槽ごしに間近で見ることができます。ワニが豪快にジャンプしてえさを食べるところが見られたりと、キーパーズトークも頻繁に開催。ぜひチェックしてみてくださいね。

10.四季それぞれの楽しみかたを

photo by author

photo by author

のんびりお昼寝中のアシカさん
動物園は行く時期によってもいろいろな楽しみ方ができます。気候が穏やかな春と秋は、体力のいる子連れ動物園にはベストシーズン。
特に春は動物たちがベビーラッシュを迎えるので、かわいい動物の赤ちゃんにも出会えるかもしれません。夏は暑くても元気な動物に元気を貰えますね。暑さに弱い動物も秋には活発になってくれるでしょう。冬はペンギンの行進など寒い時期ならではの楽しみもあります。
ぜひ1年を通じて上野動物園へ出かけてみてください。

【上野動物園】
開園時間/9:30~17:00
休園日/月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)、
年末年始(12月29日~翌年1月1日)
アクセス/JR上野駅(公園口)から徒歩5分
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

見るだけじゃ損!上野動物園のオススメ知育ポイント

見るだけじゃ損!上野動物園のオススメ知育ポイント

夏休みに子どもを連れて動物園へ……と計画している親御さんも多いのではないでしょうか?せっかく動物園に行くなら、ただ遊ぶだけでなく、子どもの知育にも良い影響...
日本を代表する美術の殿堂、国立西洋美術館とは?

日本を代表する美術の殿堂、国立西洋美術館とは?

東京上野公園にある国立西洋美術館をご存知ですか?所蔵品は質量ともに国内屈指。常設展のほか定期的に開催される企画展は、毎回そのレベルの高さで人気を博していま...
【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
GWは「上野の森親子ブックフェスタ2018」でたくさんの絵本と出会おう!

GWは「上野の森親子ブックフェスタ2018」でたくさんの絵本と出会おう!

GWの5月3日~5日、東京上野で「上野の森親子ブックフェスタ2018」が開催されます。約5万冊の絵本や図鑑、児童書がイベントブースにたくさん並ぶ本の一大イ...
関東エリアの動物園をご紹介!家族の休日を動物とともに過ごそう

関東エリアの動物園をご紹介!家族の休日を動物とともに過ごそう

関東エリアには、こぢんまりしたところから大規模なものまでさまざまなタイプの動物園があります。子どもとのお出かけ先に迷ったら、行ったことのない動物園へお出か...

WRITER

suna suna  広島県在住。2歳男子と1歳女子の子どもを持つライターです。