2020年1月24日 公開

おうち英語を充実!スマートスピーカーで遊べるおすすめゲーム【翻訳家ママのバイリンガル教育 第11回】

スマートスピーカーの言語を英語に切り替えれば、家庭での英語教育に役立てられます。翻訳家ママのバイリンガル教育第11回は、Google Home Miniを使って子どもと英語で楽しめるおすすめのゲームやクイズを紹介します。

おうち英語でスマートスピーカーを使うメリット

CoinUp / shutterstock.com
日本でのおうち英語で一番苦労するのが、定期的に英語を話す環境を作ることではないでしょうか?スマートスピーカーの言語を英語に設定すれば、AI(人工知能)と英語で会話できます。家庭に子どもと英語で話せる人がいなくても、英語で話す環境を家の中に作ることができるのです。「スマートスピーカーに自分の英語が通じた!」という喜びが感じられたら、子どもも積極的に英語でのコミュニケーションを楽しんでくれますよ。

Googleアシスタントの英語に慣れるために

aslysun / shutterstock.com
スマートスピーカーは複数の会社が販売していますが、今回は我が家で愛用しているGoogle Home Miniの使用例を紹介します。Google Home Miniは、AI(人工知能)のGoogleアシスタントを搭載。あまりスマートスピーカーを使用したことがない場合は、クイズやゲームで遊ぶ前に、Googleアシスタントの英語に慣れましょう。まず、次のような英文フレーズを使って、自由に話しかけてみてください。予想していなかった返事が返ってきて、筆者は思わず笑ってしまうことがあります。話し始めには必ず「Hi Google」や「Hey Google」と言ってくださいね。

【Googleアシスタントへの話かけ英語フレーズ例】

  • How are you? (元気ですか?)
  • What time is it now?(今何時ですか?)
  • Will it rain tomorrow?(明日は雨が降りますか?)
  • Are you happy?(楽しい?)
  • Are you my friend?(あなたは私の友達ですか?)
  • Please tell me a joke.(冗談を言ってください)
  • Please tell me a riddle. (なぞなぞを出してください)
  • Please read a bed time story.(おやすみ前のお話を読んでください)
「Please」はつけなくても答えてくれますが、実際に人と話しているつもりで話しかけるのがおすすめです。

スマートスピーカーを使った英語遊び3選

Toey Toey / shutterstock.com
次に、Google Home Miniを使って英語をはじめたばかりの子どもでも楽しめるクイズやゲームを3つ紹介します。どれも無料で、追加でアプリなどをインストールする必要はありません。Google Home Miniの設定が完了していれば、すぐに遊べます。

英語でじゃんけん「Lizard Spock」

Quality Stock Arts / shutterstock.com
英語でじゃんけんは、「Rock-paper-scissors」が一般的です。日本語のじゃんけんで考えると、Rockがグー、Paperがパー、Scissorsがチョキになります。ここで紹介する「Lizard Spock」は、通常の3つの手に「Lizard(トカゲ)」と「Spock(スタートレックのスポック船長)」が加わり、合計5つの手で遊びます。

勝敗は以下のとおりです。

  • Rock:勝ち→Scissors、Lizard 負け→Paper、Spock
  • Paper:勝ち→Rock、Spock 負け→Scissors、Lizard
  • Scissors:勝ち→Paper、Lizard 負け→Rock、Spock
  • Lizard:勝ち→Paper、Spock 負け→Rock、Scissors
  • Spock:勝ち→Rock、Scissors 負け→Paper、Lizard
Googleアシスタントに「Talk to Lizard Spock(Lizard Spockに話しかけて)」と言って始めます。遊び方は、Google アシスタントが「I’ve made my choice. What’s your choice?(わたしは選びました。あなたは何を選びましたか?)」と言ったら、5つの中から自分の決めた手を言います。すると、アシスタントが自分の手と勝敗を教えてくれます。普通のじゃんけんよりも少し複雑ですが、小さな子どもたちも楽しめるゲームです。

アルファベットのクイズ「Guess The Letter」

BabLab / shutterstock.com
「Guess The Letter」は、アルファベットを定着させたいときにおすすめのクイズです。Googleアシスタントに「Talk to Guess The Letter(Guess The Letterに話しかけて)」と言うとクイズが始まり、次のようなクイズが1プレイにつき4問出題されます。

【このゲームを遊ぶために知っておきたい英語のフレーズ】

  • How many letters are there in the alphabet? (アルファベットは全部で何文字ありますか?)
  • Tell me the letter after letter V. (Vのあとの文字を教えてください)
  • Tell me the letter immediately before H.  (Hのすぐ前の文字を教えてください)

記憶力を試すゲーム「Ding Dong Coconut」

cristovao / shutterstock.com
「Ding Dong Coconut」は、音を聞いて指定された単語を言うゲームです。例えば、羊の鳴き声のあとに「spider(くも)」と言うなど、音から単語をイメージすることが難しいので、集中して記憶する必要があります。英語だけではなく、記憶力や集中力が鍛えられるのがおすすめのポイントです。

最初は2組または3組の音と単語のセットを指定され、クリアするとどんどん音と単語のセットが追加されていきます。一人、チーム、対戦形式(4人まで)で遊ぶことが可能。一度でも間違えるとゲームオーバーです。

このゲームをはじめるには、Googleアシスタントに「Talk to ding dong coconut(Ding Dong coconutに話しかけて」と言います。

【このゲームを遊ぶために知っておきたい英語のフレーズ】

  • Are you playing solo or with friends?
    (一人で遊ぶ、それとも友達で遊ぶ?※一人の場合は「solo」、複数の場合は、「friends」と答えてください)
  • Do you want to work together in party mode or play against each other in the elimination mode? (パーティーモードで一緒に遊ぶ?それとも、排除モードで対戦する?)
  • Don’t speak until the sound finish. (音が終わるまで話さないでください)

スマートスピーカーで英語をより身近に

Andrey_Popov / shutterstock.com
スマートスピーカーに話しかけたり、対話形式のクイズやゲームで遊んだりすると、楽しみながら英語のリスニングやスピーキングを伸ばせます。どのクイズとゲームも、正解すると褒めてくれ、失敗すると励ましてくれるので、ポジティブな英語表現が身につくのもいいところです。

今回紹介した以外にも、英語で遊べるゲームやクイズはたくさんあります。Googleアシスタント公式ページの一覧を参考に、お子さまとたくさん試してくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

小学生向け英語勉強法!共働き家庭も帰宅後、毎日1日1分でも

小学生向け英語勉強法!共働き家庭も帰宅後、毎日1日1分でも

子どもは宿題や習い事で忙しく、親子で英語学習に取り組む時間がなかなか作れないご家庭も多いでしょう。共働きのわが家も、学童帰宅後に英語の勉強時間をどう捻出す...
身近な「タッチパネル」操作は親子の英語学習の実践にもってこい

身近な「タッチパネル」操作は親子の英語学習の実践にもってこい

券売機やコピー機、レストランの「タッチパネル」操作は親子の英語学習の実践にもってこい!親子一緒に英語モードで操作してみるだけでOKです。日本でも日常生活で...
バイリンガル教育は褒めない、注意しないが基本の理由【翻訳家ママのバイリンガル教育 第10回】

バイリンガル教育は褒めない、注意しないが基本の理由【翻訳家ママのバイリンガル教育 第10回】

幼い我が子の言語について一喜一憂していませんか?「翻訳家ママのバイリンガル教育」第10回では、バイリンガル教育で子どもを褒めすぎたり、注意しすぎたりしては...
LOA
【2020年版】幼児向け英語教材おすすめ&人気10選をまとめて紹介

【2020年版】幼児向け英語教材おすすめ&人気10選をまとめて紹介

幼児からの英語教育が注目され、さまざまな教材が各メーカーから発売されています。たくさんありすぎてどの教材がいいか分からない方のために、各教材10種類の詳細...
バイリンガル教育は1人1言語が基本?言葉を混ぜないための対策 【翻訳家ママのバイリンガル教育 第9回】

バイリンガル教育は1人1言語が基本?言葉を混ぜないための対策 【翻訳家ママのバイリンガル教育 第9回】

幼い頃から外国語教育をすることで、子どもが「複数の言語を混ぜこぜにして使ってしまうのでは……」というのが、バイリンガル教育の心配事の1つ。そこで、子どもが...
LOA

WRITER

LOA LOA  カナダ在住の英日翻訳者・フリーライター。Web媒体で子育てや語学学習についての記事を多数執筆。8歳の息子が0歳のときからはじめた絵本の読み聞かせは、今では私たちの生活になくてはならないものになっています。これまでに息子と読んだ絵本や児童書は、日本語、英語、フランス語を合わせて数千冊。息子が笑顔になる絵本を見つけるのが喜びです。