2018年12月8日 公開

楽しいあやとり!「星」を作ろう

ひも一本でできて、しかも奥が深いあやとりあそびのシリーズ。今回は、夜空に輝くピカピカのお星さま。そんな星をあやとりで作ってみましょう。

 (122185)

あやとりのひも

毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4倍くらいを目安にしましょう。太すぎたり細すぎたりしますと、小さなお子さまには扱いづらいので、適度な太さをお選びください。

「星」の作り方

ひもを、両手の親指と小指にかけます。
両手・親指を、奥のひもに上から通します。
 (121668)

両手・親指を、奥のひもの下から通します。
 (121669)

両手・小指を、奥のひもの下から通します。
 (121670)

両手・中指を、図のように、反対側の手の親指と小指の間のひもに、交互に下から通します。
 (121671)

両手・小指から、いちばん奥の横ひもをはずします。
 (121672)

両手・親指から、いちばん手前の横ひもをはずします。
 (121673)

手を前もしくは手前に寝かせて、全体の形が見えるようにします。
 (121674)

指を開いて、しっかり形を出しましょう。なるべくひもを指に浅めに引っ掛けておくと、はっきりした形が作れます。
 (121675)

できあがり

 (122186)

「星」のポイント

最後の2つの手順(小指をはずす、親指をはずす)が、むずかしいですね。慣れないうちは、少しひもをゆるめて、片方ずつゆっくりはずすのがポイントです。他のひもがはずれないように、気をつけましょう。指を曲げたり、手首を傾けたりしてみましょう。小さなお子さまにはお母さまが手伝ってあげてください。まずは手順を覚えて、それから徐々に一人でできるよう練習するといいですね。

まとめ

キラキラ輝くお星さまはできたでしょうか。記憶力はもちろん、手指の微妙なコントロールや、ひもの扱い方など、たくさんの情報を処理したり考えたりしながら遊べるのが、あやとりのいいところです。慣れてきたらスピードアップ、お母さまやお友だちと速さやできばえを競う遊びもできます。ぜひ皆でワイワイ楽しんでみてください!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

簡単あやとり!「吊り橋」を作ろう

簡単あやとり!「吊り橋」を作ろう

あやとりで指先をつかって、楽しく知育。今回は「つりはし」をご紹介します。はじめの形を作ったら、あとはあやとりの基本動作だけ。入門編としてぴったりのあやとりです。
簡単あやとり!「川」を作ろう

簡単あやとり!「川」を作ろう

比較的簡単な、あやとりの「川」をご紹介します。始めは片手にひもをかけていきますので、小さなお子様でもゆっくりできます。4本の線が完成したら、「線は何本?」...
二人あやとりの遊び方をイラストで解説

二人あやとりの遊び方をイラストで解説

古くから日本で親しまれている、あやとり。今回は2人で楽しくできるあやとりをご紹介します。たくさんの型があるので、ひとつずつ覚えていきましょう。
すきま時間の即席あそび⑤【楽しいチラシ遊びで五感を育てよう!の巻】

すきま時間の即席あそび⑤【楽しいチラシ遊びで五感を育てよう!の巻】

保育園では定番のチラシ遊び。散らかるからやりたくない……!と敬遠しがちなパパママも多いと思いますが、お家でもできるチラシ遊びがあるんです。準備物もチラシだ...
分解・制作で想像力と観察眼を育む封筒づくり

分解・制作で想像力と観察眼を育む封筒づくり

日常使用する機会も多い封筒を、子どもと一緒に作ってみませんか?封筒の仕組みへの疑問を持ち、どんな展開図か想像し、実際に手先を使って分解して、自分で封筒を制...

KEYWORDS

WRITER

mawa mawa  文具メーカーに勤務、その後フリーランスに。現在はグラフィックデザイナーとして活動中。長年にわたり子ども向け商品の企画開発、雑誌・単行本の編集デザイン、付録の制作に携わって参りました。イラスト、商品カタログデザイン、フライヤー、3DCG制作、ゲームのオリジナルキャラクター制作なども手がけています。