2016年6月3日 公開

おすすめの三輪車10選|主なタイプと選び方のポイント

ベビーカーを卒業した子どもには三輪車?それともバランスバイク?スピードの出し過ぎや転倒の危険性を考えるなら、やっぱり三輪車がおすすめです。三輪車のタイプや選び方、そしておすすめ三輪車10選をまとめて紹介します。

ストライダーは危険な面も!三輪車がおすすめの理由

三輪車と子ども|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (5266)

小さな子どもたちが乗り回している、ペダルのない自転車のような乗り物のことを、「バランスバイク」と呼びます。「ストライダー」と聞けばわかる方もいるのではないでしょうか。

バランスバイクは子どものバランス感覚を養える画期的な乗り物おもちゃです。またがって足で漕ぐだけでスイスイ進めるので、子どもはつい夢中になって遊んでしまいますが、それだけに危険も多いです。大人が思っている以上にスピードが出るため、乗り方によってはケガや事故に繋がりやすいとも言えます。

一方、三輪車は出せるスピードには限りがあります。3つのタイヤで車体を支えるため、転倒の危険性も少なく、たとえ転んだとしてもバランスバイクのような大ケガにつながることも少ないです。

また、バランスバイクが「バランス」を養えるものだとすると、三輪車は足の力を鍛えられるものだといえます。ストライダーを乗りこなすためにも、まずは三輪車を使って、脚力や筋力を養い、運動神経を発達させることをおすすめします。

三輪車の主なタイプ

 (111034)

FamVeld / Shutterstock.com
三輪車とひとくちにいっても、そのタイプはさまざま。代表的なタイプの違いをチェックしておきましょう。

スタンダードタイプ

昔からあるシンプルな三輪車です。最近では、サドルの形状が低い背もたれ付きのものもあり、安全ガードが付いているものもあります。スタンダードタイプは、価格は比較的お手頃です。車体が軽めのものも多く、子どもがはじめて三輪車を漕ぐ練習をするのにも最適です。

手押し棒付きタイプ

サドルの後ろに親が持てる手押し棒が付いているタイプです。ただまっすぐ押すことができるタイプのほか、手押し棒自体にハンドル機能が付いていて、親が押しながら向きをコントロールできるものもあります。1歳前後の子ども用ならば、ハンドル機能付きの方が使うのに便利でしょう。高さや形状は種類によって異なるため、実際に店舗で触ってみることをおすすめします。

公園に行く際のベビーカー代わりとしても使えるため、「ベビーカーと三輪車を持って行くのが大変!」というストレスを解消してくれますよ。

ハンドル操作が子どものハンドルと独立して行えるものと連動しているものとがあるため、ベビーカー代わりとして使用するシーンがあるのであれば、独立しているものの方が安心です。

ベビーカー兼用タイプ

ハンドル機能付きの手持ち棒がついている三輪車は、それだけでもベビーカーのような役割を果たせるものですが、最近では、座席にリクライニング機能や荷物を置く場所、サンシェードが付いているような、大型+高機能な機種が増えています。まさにベビーカーのように使える三輪車です。

折りたたみタイプ

集合住宅にお住まいの方など、置き場所に困る方におすすめなのが、折りたたみタイプの三輪車です。コンパクトになるため、玄関の隅に置いておきやすいですよ。

平日は働いていて、子どもと公園に行くのは週末のみ……といった共働き家庭にとっては、普段はたたんで置いておける三輪車は玄関先がすっきりして良いのではないでしょうか。

三輪車を選ぶときのチェックポイント

 (111035)

pio3 / Shutterstock.com
いろいろなタイプの三輪車があるからこそ、実際に選ぶ際にチェックしておきたいポイントを押さえておかないと迷ってしまいますよね。年齢や素材などから、選び方のポイントを紹介します。

子どもの年齢

・1歳児には手押し棒付きタイプが便利

1歳の子どもは、まだまだ自分の足で満足にペダルを漕ぐことが難しいものです。この時期の子どもは、「乗って動くのを楽しむ」段階の子が多いため、親が動かしてあげやすい手押し棒付きの三輪車が使いやすいでしょう。

上でも紹介したとおり、手押し棒にハンドル機能があり、かつ子どものハンドル操作から独立しているものであれば安心です。

・2歳以降は手押し棒が邪魔になりやすい

2歳以降の子どもは、もう十分自分で漕ぐことができるため、手押し棒はかえって邪魔に感じられることもあります。2歳以降に新たに三輪車を購入する際は、必ずしも手押し棒がある必要はないでしょう。

とはいえ、まだまだ小さい2歳児。移動中に、「もう疲れた」と漕ぐことを諦めてしまう場合もあります。ときには親が運転のサポートをしつつ、完全に必要がなくなれば外せるように、手押し棒が着脱可能なものを選んでおくと長く使えますよ。

子どもの体格

子どもの体格は、その子によって大きく差がみられるものです。同じ月齢・年齢であっても、身長体重はバラバラ。体格に伴って、足の力など運動能力にも違いがみられます。

三輪車の多くが、対象年齢を1歳~3歳としていますが、これはあくまでも目安です。1歳であってもペダルに足が届かない子もいますし、3歳になる前に窮屈さを感じるようになる子もいます。

月齢・年齢だけで捉えず、身長の目安も参考にしながら、子どもの体格に合った三輪車を選んであげてくださいね。

三輪車のタイヤの素材

三輪車のタイヤは、商品によって素材が異なります。それぞれのメリット、デメリットを確認しておきましょう。

・プラスチックは軽いが、振動が激しい

プラスチック製のタイヤのメリットは、車体の軽さです。持ち上げて運ぶときにもあまり負担になりません。一方で、プラスチックは衝撃をあまり吸収しない特性があるため、振動が激しいという点がデメリットだといえるでしょう。

・ゴムは重いが、振動が軽い

ゴム製タイヤは、衝撃を吸収しやすいため、振動がダイレクトに子どもに伝わりにくいメリットがあります。しかし、重さがデメリット。タイヤの幅にもよりますが、しっかりしたタイヤであればあるほど、車体は重くなります。

付属品

基本パーツのほかにも、以下のような付属品がついている三輪車も。デザインや使い方、子どもの好みに応じたものを選びましょう。

・かごやバッグ

自転車のように前や後ろにかごがついているタイプのものは、ちょっとしたおもちゃや子どもが公園で拾ってきた葉っぱやどんぐりを入れられるため、便利です。

なかには、ママの買い物袋やバッグを入れられる大容量のかごがついている三輪車もありますよ。

・キャラクター/メロディー機能など

ディズニーやアンパンマンなど子ども向けアニメキャラクターのマスコットがついているタイプの三輪車は、子どもに大人気です。特に、ボタンを押すとキャラクターが回ったり、メロディーが流れたりするものは、乗り物に興味があまりない子どもの食いつきも良いですよ。

安全装備

楽しく遊んでもらうためには、安全面はやっぱり何よりも大切です。三輪車には、どのような機能が付いているのでしょうか。

・安全ガード/シートベルト

現在販売されている三輪車は、安全ガードが付いているものが多いです。安全ガードとは、サドルに座った子どもの背後から、体を囲うようにして固定する転落防止用のバーです。体に当たってもケガをしないように、スポンジで包まれているものが多いです。

大型タイプやベビーカー代わりになるタイプのものでは、シートベルトが付いている商品もあります。

・ブレーキ

三輪車には、ブレーキ機能が搭載されているものもあります。これは、ブレーキというより、ストッパーに近い役割を果たすもの。緊急時に親が止められる機能です。

おすすめ三輪車10選

折りたたみもOK!「iimo tricycle」

Amazon | 三輪車 iimo tricycle 02 ジェントル・ホワイト 1040 | 三輪車 | おもちゃ (5269)

商品名: iimo tricycle
販売元:エム・アンド・エム
シンプルな見た目に親も惹かれる「iimo trycycle」。ホワイト、ブラウン、レッドの3つのカラーで展開。ハンドル操作ができる手押し棒が付いています。

「iimo trycycle」の特徴は、ダイヤルを回してロックを外すと、簡単に折りたためること。玄関前にあまりスペースがなかったり集合住宅にお住まいの方でも、コンパクトにたためるので場所を取らずに収納できますよ。

ポップなデザインと安全性「スマートトライク スマートフォールド500」

Amazon | 【日本正規品】スマートトライク スマートフォールド500 三輪車 折りたたみ 9ヶ月から (メランジェパープル) | 乗用玩具・三輪車 | おもちゃ (111039)

商品名:スマートトライク スマートフォールド500
販売元:スマートトライク
イスラエルで生まれた「スマートトライク」は、世界40カ国以上で販売されている三輪車。特徴は、使用期間の長さです。ほとんどのモデルが生後10カ月の赤ちゃんから、なんと満6歳まで使用可能。

「三輪車を買っても短い期間しか使えないし、もったいないなあ」と感じているパパママにおすすめです。

肩ひもタイプのシートベルトや取り外し可能な安全ガードが付いているなど、安全基準が厳しいイギリスでも「ベストトイ賞」を獲得。安心して子どもを乗せられる三輪車です。

容量の大きなバッグ付き「コンポフィット2」

Amazon | コンポフィット2 シトロン | 三輪車 | おもちゃ (111043)

商品名:コンポフィット2
販売元:アイデス
ハンドル機能付きの手押し棒に安全ガード、足置きステップなど、小さい子どもでも安心して使える機能が装備されています。背後には荷物が入る大きめのバッグがあり、子どもやパパママの荷物を入れられます。

折りたためるので、収納スペースが気になる方におすすめです。タイヤは振動を感じさせにくい発泡タイプです。

とにかくカッコイイ「HUMMER TRICYCLE」

Amazon.co.jp: HUMMER(ハマー) 幼児/子供用三輪車 【手押し棒/前カゴ付き】 イエロー HUMMER TRICYCLE 73723-0799: スポーツ&アウトドア (5281)

商品名:HUMMER TRICYCLE
販売元:ハマー
三輪車のかわいらしいイメージを一新する、スタイリッシュでカッコイイ見た目が特徴の「HUMMER」。無骨な印象を与えるフレームは、車好きな子どもにピッタリです。

洗練されたデザインですが、機能は充実。ハンドル操作付きの手押し棒のほか、足置きステップも装備されています。前にはカゴがついているので、公園グッズも楽々持ち運びできます。

9カ月から使える「3 in 1 Tricycle かじとり三輪車」

Amazon | JTC(ジェーティーシー) ベビー用品 3 in 1 Tricycle かじとり三輪車 ネイビー・J-5132 | 乗用玩具・三輪車 | おもちゃ (111051)

商品名:3 in 1 Tricycle かじとり三輪車
販売元:JTC
生後9カ月頃から使え、成長に応じて3段階のカスタマイズができる三輪車です。しっかりした背もたれやサンシェード、ベビーカーのような形状の押しやすい手押し棒、足置きをフル装備でセットすれば赤ちゃんも乗せられます。

子どもが自分で漕いで遊べるようになったら、手押し棒だけ残すようカスタマイズ。最終的には手押し棒も外せます。サドルの高さも調整可能なので、4歳頃まで長く遊ぶことができます。

シンプルで飽きないデザインで重宝する「TokoTokoTrike 」

Amazon | ヤトミ happiness 三輪車 TokoTokoTrike トコトコトライク | 三輪車 | おもちゃ (111058)

商品名:TokoTokoTrike(トコトコライク)
販売元:ヤトミ
安全ガード付き、ハンドル操作可能な手押し棒付きで、子どもが1歳半~4歳頃まで使える「TokoTokoTrike」。足置きステップがあるのでペダルが漕げない子どもも安心して乗せられます。

後輪にはロックが付いているのも安心できるポイント。何かと役立つ大きめリアバッグにも注目です。シンプルなデザインなので、男女問わず乗れ、きょうだいで長く使えるというメリットもあります。

コスパ最強の王道三輪車「ベアーズ豆ダッシュ レッド」

Amazon | 三輪車 豆ダッシュ レッド | 三輪車 | おもちゃ (111130)

商品名:ベアーズ豆ダッシュ レッド
販売元:YN
安全ガードやかご、足置きステップなど最近の三輪車に付いているような機能はありませんが、サスペンション付きのサドルは乗り心地がよく、ペダルの漕ぎ具合もスムーズで、はじめて三輪車に乗る子どもも乗りやすいと評判です。

魅力は価格。高機能三輪車やキャラクターを採用したタイプではないからこそのお手頃価格はやはり嬉しいもの。シンプルな王道三輪車をお探しの方におすすめです。

ポップ×シンプルな見た目がおしゃれ「TRYLY」

Amazon.co.jp: 【自慢できるオシャレでスマートな三輪車(対象年齢3歳~5歳)】後輪幅が広く安定感抜群 サイズ調整可能 Neb/oブランド (グリーン色): ホーム&キッチン (111070)

商品名:TRYLY(トライリー)
販売元:システムK
シンプルで洗練されたデザインが特徴の「TRYLY」。グリーンのほかにパープル、ピンクとビビッドなカラーバリエーションが揃います。後ろタイヤの間隔を広くとっているため、安定性がある三輪車です。子どもの成長に合わせて、ハンドルとサドル部分の距離を3段階に調整できます。

レトロな見た目がかわいい!「RADIO FRYER クラシックレッドトライク」

Amazon | RADIO FRYER (ラジオフライヤー) クラシックレッドトライク Classic Red Dual Deck Trike | 三輪車 | おもちゃ (111075)

商品名:RADIO FRYER (ラジオフライヤー)クラシックレッドトライク
販売元:ラジオフライヤー
「ラジオフライヤー」は赤色が特徴的なアメリカのブランドです。どこかレトロなのにおしゃれな雰囲気もあるデザインで、玄関先に置いてあっても目障りになりません。

後部に2段のステップがあり、前輪は12インチと、アメリカらしい大きなサイズなので、体が大きくなっても無理なく遊びやすいです。

お出かけがさらに楽しく!「アンパンマン デラックス 0220」

Amazon | 三輪車 アンパンマン デラックス 0220 | 三輪車 | おもちゃ (111084)

商品名:アンパンマン デラックス 0220
販売元:ジョイパレット
みんな大好きなアンパンマンの三輪車なら、乗り物があまり好きじゃない子どもも自分から喜んで乗ってくれるのではないでしょうか。

アンパンマンやバイキンマンがおしゃべりしてくれ、アンパンマンのテーマソングも流れる楽しい三輪車。安全ガードや足置きステップ、日よけもついているので、小さな子どもとのお出かけにぴったりです。

使いやすく実用的な三輪車に乗ってお散歩を楽しもう!

使用期間は限られていますが、三輪車にまたがる子どもの姿は愛らしいもの。パパママの目から見ても「これいい!」と思える三輪車があれば、親子でのお出かけももっともっと楽しくなりますよ。

子どもにとっても、ベビーカーを卒業して自分専用の三輪車に乗るようになると、ちょっぴりお姉ちゃん、お兄ちゃんになった気分を味わえ、成長のきっかけになるでしょう。

機能面はもちろん、デザイン性にも優れたお気に入りの三輪車が見つかるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

はじめて乗るならどっちがいい?ストライダーと三輪車

はじめて乗るならどっちがいい?ストライダーと三輪車

子どもがしっかり歩けるようになり、外遊びに慣れてきたら、そろそろ子どもの乗り物が欲しくなりませんか?そんなとき、何を買ってあげるか迷いますよね。はじめて乗...
季節の移ろいを感じられる秋の散歩の楽しみ方

季節の移ろいを感じられる秋の散歩の楽しみ方

秋は、「芸術の秋」「運動の秋」「食欲の秋」などともいわれています。気候がよく、レジャーに適した季節である秋の散歩を楽しんでみましょう。子どもと一緒に満喫で...
0歳児から乗れるものも!いつからはじめる?三輪車のすすめ

0歳児から乗れるものも!いつからはじめる?三輪車のすすめ

プレゼントとしても人気の高い三輪車。パパママも幼少期に使っていたであろう長年の定番品ですね。しかしいざ自分の子どもにも!と考えたときに「いったいいつから?...
補助輪なし自転車への通過点、ストライダー!

補助輪なし自転車への通過点、ストライダー!

子どもの頃、補助輪なしで自転車に乗るために四苦八苦した思い出はありませんか?昨今では簡単に自転車の補助輪を外せるようになるという理由で、ペダルのない自転車...
子どもが最初に乗る二輪!?ストライダーのススメ

子どもが最初に乗る二輪!?ストライダーのススメ

「ストライダー」という乗り物をご存知ですか?遊び方もどんどん成長する子どものために、最も直感的に操作ができるよう工夫された、ハンドルをもって足で蹴って進む...

KEYWORDS

WRITER

73nagy 73nagy  旅好き家族で、5歳の娘とお風呂で日本地図を眺めてます。まずは47都道府県制覇が目標!