2018年6月2日 公開

【現地レポート】ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、子どもと遊べる芸術スポット!

2015年シンガポールにオープンした、超大型美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」。体験型の子ども向けアート施設も用意されており、家族旅行で訪れるのもおすすめです。遊びながら本物のアートに触れられる子ども向け施設について、現地ライターがレポートします。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールとは?

via Photo by author
ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、2015年11月にオープンした、総敷地面積6万㎡以上にもなる世界最大級の美術館。

東南アジアの文化やアートを中心に幅広い展示を行っており、常設展示のほか、企画展示も開催されています。

もともとは美しいコロニアル建築のシティ・ホールと旧最高裁判所だった建物が美術館として改装され、その外観はとても美しく、歴史を感じることができます。

【Kepple Centre For Art Education】で遊ぼう!

via Photo by author
ナショナル・ギャラリーのシティホールウィング1階、正面入口から入り階段を降りずに左手に進んだところにあるのが、「ケッペル・センター・フォー・アート・エデュケーション」です。

子ども向けに特化した体験型のアート施設で、子どもの想像力や好奇心を刺激する工夫が髄所に散りばめられており、体と頭をバランスよく使って楽しむことができます。

童話の世界で遊べる!?

via Photo by author
一番最初のゾーンは「アート・プレイスケープ」。

森の中をイメージし、床も壁も色鮮やかに彩られた空間で、まるで童話の世界に迷い込んだような気分になれます。小さな魚の冒険を描いたファンタジーとなっており、その冒険の足あとを見つけるのも楽しいかも。
特に女の子は目をキラキラさせること間違いなし!

via Photo by author
中央には2階建てのツリーハウスがあり、坂を上って木の中に入ると、まるで秘密基地!
外を覗いたり、パイプを使って外と会話をしたり、飽きることなく遊べますね。

via Photo by author
壁に描かれた木にはたくさんの動物が隠れていて、子どもたちは競って動物探しをしたり……。

床には池が描かれていて、カエルになった気分で葉っぱの上をジャンプしたり。ちょっとした椅子や絵本もあるので、休みながらゆっくり遊べます。

海の中でリラックス?

via Photo by author
2つ目のゾーンは、海の中をイメージした「プロジェクトギャラリー」

貝のような不思議な物体が吊るされ、天井にゆらゆらと光が揺れ、幻想的な空間。本当に水の中にいるような雰囲気でリラックスできます。子どもたちは、物体に触ろうとジャンプしてみたり、天井を見上げて寝転んだり、思い思いに過ごすことができました。

想像力をかきたてる、創作ゾーン

via Photo by author
身体を使って遊べるゾーンの次には、じっくりとモノを作る創作ゾーンがあります。

こちらは版画の部屋。並んでいる版画を順番に押していくと、徐々に絵が重なって、1枚の絵が完成するという仕組みになっています。仕上げに色鉛筆で自由にカラーリングして、世界に1つだけの自分の作品が完成。持ち帰れるので旅の思い出にもなりますね。

via Photo by author
こちらは、さまざまなワークショップが開催されている部屋。

設定されているテーマに沿った材料が用意されていて、やり方を教えてもらいながら、親子で創作に取り組みます。シンガポールならではの多国籍な子どもたちと触れ合える貴重な経験にもなりますね。

テーマや開催日時はwebサイトに掲載されています。

デジタルで遊ぶゾーン

via Photo by author
こちらは、インタラクティブにデジタル創作ができる「チルドレンズ・ミュージアム」。

操作画面上で回るろくろを指で触って自由に陶器の形を変形させ、選んだ色で好きなように色付けができます。続いてバーチャルな焼き窯に入れられ、焼かれて、完成すると正面の画面に飾られる仕組みです。

子どもたちは、自分の作品がすぐに画面に飾られるのが不思議なようで、その仕組みが知りたいと想像力を働かせるようです。

via Photo by author
同様に、自分が選んだ動物に色や柄を着けることができる「フーズ・イン・ザ・ウッズ」

完成した動物は、すぐに正面の画面に現れて実際に動くので、子どもたちは夢中になって何匹も作りたがります。小さい頃からデジタルに触れている子どもたちは、感覚的に操作方法を理解できますよね。

旅行の合間でも、子どもを思いっきり遊ばせよう

旅行客でもアクセスのしやすいシティエリアにあり、有名なホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」が目の前に見える、絶好の観光スポット「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」。本展示の方ももちろん必見ですが、観光ばかりだと飽きてしまう子どもたちにぜひおすすめの施設です。

本物のアートに触れながら身体と頭を使って遊ぶことができ、創作した作品を持ち帰ることもできます。思い出作りにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ナショナル・ギャラリー・シンガポール

【開館時間】
日曜日~木曜日 午前10:00~午後7:00
金曜日・土曜日 午前10:00~午後10:00

【入場料】
美術館入館料 大人S$20 6歳以下無料

【所在地】
1st Andrew's Rd.

【アクセス】
MRTシティ・ホール駅から徒歩5分
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
「ミッフィー・ミュージアム」現地リポート!体験型遊具がいっぱい

「ミッフィー・ミュージアム」現地リポート!体験型遊具がいっぱい

世界中で人気のキャラクター【ミッフィー】。日本でもアニメやグッズのほか、「うさこちゃん」の名前で知られる絵本が有名です。オランダのユトレヒトには、体験型知...
オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの学校は、それぞれ自由なカリキュラムで運営がなされています。筆者の子どもが通う小学校は、アートを中心とした総合的な学びが魅力のひとつ。テーマを決め...
海外で子どもを病院に連れて行くときの英語フレーズ!渡航前にチェック

海外で子どもを病院に連れて行くときの英語フレーズ!渡航前にチェック

海外に行くと、慣れない環境や食事で体調を崩すことも多いもの。特に子連れで海外旅行に行くときは、突然の発熱やケガにも対応できるように、英語でどう表現すれば良...
【アート・工作部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

【アート・工作部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

おうちで気軽にアートを楽しむ「おうちアート」から、親子で作って遊べる「簡単クラフト」など。2018年にChiik! で公開した記事の中から、人気&おすすめ...

WRITER

nanaoshio nanaoshio  2人姉妹のママ。大学卒業後IT企業に勤務しながら2人姉妹を出産。バタバタのワーママ生活をから一転、夫の海外赴任に帯同するために退職。シンガポールで子育てしながら、皆さんのお役に立てる情報を紹介していきます。