2018年5月22日 公開

夏生まれの赤ちゃん♪ 気をつけたいことや準備するものなどまとめ

産まれたばかりの赤ちゃんは、たとえ暑くても自分で調整をすることができないため、パパママが気を配りたいものです。夏生まれの赤ちゃんの生活で気をつけたい、あせもや暑さ対策等をまとめました。夏生まれのお子さまにぴったりな名前、お宮参りの服装も記載しています。

夏生まれの赤ちゃんの準備品と選び方

女の子 夏服 ベビー服 コーディネート|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (92723)

夏場は汗をかきやすいので、赤ちゃんの服はこまめに着替えさせてあげましょう。夏の服は、次のものを用意しておくと安心です。

・短肌着 4~5枚
・長肌着 3~4枚
・コンビ肌着 3~4枚
・ボディスーツ、ショートオール、ベビードレスなど 3~4枚

赤ちゃんの肌は、とてもデリケート。素材にもこだわりましょう。汗をよくかくので、吸水性や通気性がいいものを選んであげてください。綿100%で天然素材のものが、おすすめ。糸の太さや編み方で、スムースやフライスなど生地の触り心地・厚みにも違いが出てきます。

あせもや暑さ対策はどうしたらいいの?

汗だく 体調不良 赤ちゃん|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (92721)

赤ちゃんは身体の機能が発達しきっていない分、汗をかいて体温を調節します。また汗腺の数が大人より多く密集しているので、どうしてもかぶれ・あせもができやすくなるのです。家にいるときや、おでかけのときに気をつけたい、あせも・暑さ対策をまとめてみました。

あせも対策

・エアコンの温度は26~27度に設定
エアコンの風が、直接赤ちゃんにかからないように気をつけましょう。寝ているときの赤ちゃんは体温が上がりがちなので、ときどき背中に手を入れて、汗を大量にかいていないか確認してください。

・こまめにシャワーをあびるか、濡れタオルで拭く
汗が肌に付着したままだと、かぶれが起こりやすくなります。なるべく清潔な状態を保てるよう、シャワーや濡れタオルで拭ってあげましょう。濡れタオルで拭くときは、こするのではなくポンポンとおさえるようにすると、肌への負担が少なくなります。

お出かけのときに気をつけること

夏のおでかけは、パパママが思う以上に赤ちゃんの負担となりかねません。しっかりと暑さ対策をしたうえで、おでかけを楽しみましょう。

・赤ちゃんの頭に直射日光があたらないように気をつける
ベビーカーで防ぐか、帽子をかぶるようにしましょう。

・水分補給をこまめにおこなう
時間をあけてたくさん飲ませるよりも、少量ずつこまめにあげるよう心がけましょう。母乳のママは、授乳できる場所をあらかじめ確認しておきましょう。

・おでかけの時間帯を考慮
一番気温が高く上がりやすいのは、午前10時~午後2時といわれています。できる限りその時間は避けて、外出しましょう。また、移動するときはなるべく日陰を歩くようにしてみてください。

夏生まれの赤ちゃんにおすすめの名前

素材 命名書 ブルー(男の子向け) ピンク(女の子向け) ナナメ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (92724)

夏生まれの赤ちゃんには、キラキラと明るいイメージの名前が人気です。人気のある漢字と、それを使った名前をご紹介します。

「夏」を入れた名前

ひと目で夏生まれだと分かる名前は、活発な印象に。読み方は「なつ」や「か」「げ」などがあります。

・男の子
海夏人(かなと)
夏樹(なつき)
夏斗(なつと)

・女の子
絢夏(あやか)
悠夏理(ゆかり)
夏菜(かな)

「海」を入れた名前

「夏と言えば海」と考える方は多いでしょう。海という字には「大きい・広大な」という意味もあります。読み方は「かい」「うみ」「み」「あま」「うな」などです。

・男の子
海人・海斗(かいと、うみと)
拓海(たくみ)
広海(ひろみ)

・女の子
七海(ななみ)
海音(かな)
瑠海(るみ)

お宮参りの服装

お宮参り|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (92725)

生後1カ月に、氏神様へ赤ちゃんの健康を祈祷に行くことをお宮参りといいます。本来なら赤ちゃんは祝い着、ママは着物を着ることが多いのですが、夏場は暑さもあり大変です。赤ちゃんとママの体調を一番に考えて、以下のようなものでも構いません。

・赤ちゃん
セレモニードレスやカバーオール、ツーウェイオールを着せましょう。お宮参りということを考えて、普段使いのものよりも少し華やかにしてみてください。肌着には、吸水性のいい素材を選びます。

・ママ
フォーマルなワンピースか薄手のスーツです。ヒールのある靴を選ぶときは、赤ちゃんを抱っこして転ばないよう太いヒールや、低いものにしておきましょう。

夏生まれの赤ちゃんへのプレゼント

ベビー用品|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (92727)

夏生まれの赤ちゃんに、あるとうれしい、便利なものをピックアップしました。「夏に赤ちゃんが生まれた家族へプレゼントを贈りたいけれど、何を選んだらいいのかわからない」という方は、参考にしてみてください。

・チャイルドシートやベビーカーの冷触感パッド
赤ちゃんを夏の暑さから守るためのアイテムです。プレゼントするときは、必要かどうか一度聞いてみてもいいでしょう。

・新生児でも使える虫除け&日焼け止めオイル
新生児でも使うことができる、優しい成分のものがおすすめです。せっけんで簡単に落とせるかどうかも確認します。

・夏用のベビー服
ガーゼや綿などを使った吸水性、通気性の良いベビー服にしましょう。夏っぽい柄のものを選んでもいいですね。

夏生まれの赤ちゃんが元気に育ちますように

赤ちゃんの暑さ対策|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (92722)

ぴかぴかと太陽が輝く季節に生まれてきた赤ちゃん。健やかで元気いっぱいに育つよう、パパママが気をつけてあげられることをご紹介しました。準備品や注意点をおさえて、赤ちゃんとの夏を快適に過ごしましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

子どもの健やかな成長にはバランスの良い食事がとても大切ですが、そこに「頭の良くなる」要素が加えられれば。忙しいパパママでもできる「つくりおき」料理で、毎日...
お宮参りの意味と服装:いつまでにする?何を着る?

お宮参りの意味と服装:いつまでにする?何を着る?

赤ちゃんが生まれたらお宮参りをすることは知っていても、なぜお宮参りをするのかはわからない、という方も多いかもしれません。正式なお宮参りの意味やしきたりを知...
赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?便利な持ち物を解説

赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?便利な持ち物を解説

赤ちゃんが生まれたら、いつから一緒に旅行へ行けるのか気になりますよね。月齢が低いとあまりに長期の旅行は難しいかもしれませんが、兄妹がいると赤ちゃんに合わせ...
スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

乳幼児期に子どもの素質を見極め、適した指導で才能・能力を伸ばす才能教育「スズキ・メソード」は、音楽を通して、子どもの能力を総合的に育てる才能教育のひとつで...
「赤ちゃん研究員」募集中の大学とは?わが子が社会の役に立つ!

「赤ちゃん研究員」募集中の大学とは?わが子が社会の役に立つ!

「赤ちゃん研究員」をご存知でしょうか?「赤ちゃん研究員」とは、成長著しい赤ちゃんの発達過程などを調査している大学の研究室に協力するというもの。生後間もない...

WRITER

satimomoka satimomoka  はじめまして。3歳の娘を育てている主婦です。 お菓子作りや料理が趣味です♪ よろしくお願いします。