2018年12月17日 公開

本場アメリカ式バーベキューは社交の場!ハワイのBBQ事情も

日本でも流行っているバーベキューですが、やはりバーベキューの本場といえば、アメリカではないでしょうか。アメリカのバーベキューは、イベントであり、パーティーでもあります。男性の役割から子ども達が大好きなデザートまでアメリカのバーベキュー事情をお伝えします。

アメリカにおけるバーベキューの位置付けとは

OtiKo / Shutterstock.com
アメリカでは、バーベキューがとても盛ん……というより、一つのカルチャーになっています。ただ肉を食べる目的で行うのではなく、集まった人たちと会話を楽しみ、新たな人間関係を構築する場にもなっています。

肉を焼いて食べるという行為は同じですが、本場アメリカのバーベキューと日本の焼肉の違いは、どこにあるのでしょうか?日本バーベキュー協会では、以下のように定義しています。
日本の焼肉は、その象徴的な食文化スタイルとも呼べる鍋料理の影響からか、調理と食事が同時進行している・・・つまり「焼きながら食べる」というのが一般的です。しかし欧米・特にアメリカのバーベキュースタイルは、肉や野菜を全て焼いてしまい、お皿に綺麗に盛り付けてから、みんなで一斉に食べるというのが基本です。

つまり一言でいうと、焼きながら食べる焼肉、焼き終えてから食べるバーベキュー、と分類できます。
確かに、アメリカでは、基本的に分厚いステーキ肉のような塊を何時間もかけて焼きあげるため、日本のように薄い肉を焼いたらすぐ食べるということはありません。

一方で、日本の焼肉は薄くスライスしてあるので、いろいろな部位がたくさん食べられるといったメリットもありますね。

バーベキューのピークは独立記念日の7月4日!

Oleg and Polly / Shutterstock.com
ちなみに、筆者が住むハワイでは、年間を通じて気候が温暖で天気がいいため、年中バーベキューができます。とはいえ、バーベキューをする季節は、だいたい決まっています。

毎年5月1日の「メイデー」を皮切りに、バーベキューが盛んになり、7月4日の「インディペンデンスデー(独立記念日)」は一年の中で最大の盛り上がりを見せます。そして、夏の終わりとされる、9月第1月曜「レイバーデー(労働者の日)」の三連休までがバーベキューシーズン。ハワイは12~4月にかけてが雨季なので、バーベキューをすることは少ないです。

特にハワイは、ビーチや公園など広い場所でバーベキューをすることが多く、とてもたくさんの人数でにぎやかに行われていますよ。

バーベキューの食材は「ポットラック」で持ち寄り

CaseyFotos / Shutterstock.com
日本では最近、「手ぶらでバーベキュー」が流行っていると聞きました。お店に行って、食材セットを購入し、その場で焼いて食べられるというのは、とても気軽でいいですね。何よりおしゃれなスポットも多いようで、とてもいいアイディアだなと思いました。残念ながら、筆者が住むハワイには、そのようなところはありません。

ハワイでは、事前に持ち寄るものをみんなで打ち合わせし、前菜、お肉、デザートを分担して持ち寄ります。持ち寄りは「ポットラック」と呼ばれます。

お肉は、シーズニングやタレに少なくとも半日くらい漬け込み、また野菜もあらかじめ味付けして、ホイル包などにして持ってきます。

一方、日本の焼肉は、肉や野菜を焼きながらシーズニングしたり、焼きあがった食材にタレをつけたりしながら味わうのが基本ですね。味付けという側面でも、アメリカと日本では大きな違いがあるようです。

子どもたちが大好きなデザート「スモア」

Samuel Scranton / Shutterstock.com
ご飯を食べた後は、お待ちかね、デザートの時間です。ここで、アメリカの子どもたちが大好きなデザートをご紹介します。

子どもが多いバーベキューだと、誰かしらが用意してくれるデザートに「スモア」と呼ばれるものがあります。

スモアは、グラハムクラッカーに焼いたマシュマロと、板のチョコレートを挟んだデザートです。まず、みんなでマシュマロを焼くために、火を囲むのがすごく楽しいので、子どもたちは大好きなんです。

マシュマロの焼き加減もみんなそれぞれ好みがあり、自分の好きなタイミングで仕上げます。とてもとても甘いデザートですが、大人も大好きなデザートですよ。ぜひ試してみてくださいね。

グリルをするのは男性の仕事

FreeProd33 / Shutterstock.com
ここで一つ大事なことなのですが、アメリカのバーベキューにおいては、お肉を焼くのは男性の仕事なのです。

あまり日本人男性になじみのないことなので、筆者の夫は、日本から引っ越してきたばかりの日本人男性とバーベキューをするときに必ず、「肉は男性が焼くんだよ」と伝えています。またアメリカ人男性は長年の経験があるため、筆者の夫は、バーベキューのたびにいつも伝授してもらっています。

ただ焼けばいいというものでもなく、シーズニングから焼き方までさまざまなコツがあります。アメリカ人男性はステーキ肉のようなぶ厚いお肉をふっくらとジューシーに焼くのが上手!味に違いが出るので、参加者のなかでも上手な人がいたら、その方にお願いしてしまいます。

一方、日本の焼肉は、お肉が薄いので「技術」というよりは、火から離すタイミングや、焼いたらすぐに食べるといった食べる側のさじ加減や、つけるタレでおいしさが決まることが多いのではないでしょうか。同じお肉を焼く行為でも、アメリカと日本、いろいろと違うものですね。

語らいの場としてのバーベキュー、ぜひ体験を!

DisobeyArt / Shutterstock.com
アメリカのバーベキューは、とてもたくさんの人がくるので、そこでお友だちができます。みんなが持ち寄った料理をいただくのも楽しいです。レストランではないので、子どもたちものびのび遊べます。

大人たちも時間を忘れてゆっくり食事とお酒、会話を楽しむことができるのも何より至福の時間です。アメリカスタイルのバーベキュースタイルも参考にしてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
話題のブラックフライデー!本場アメリカの熱狂ぶりがすごい

話題のブラックフライデー!本場アメリカの熱狂ぶりがすごい

最近日本でもきかれるようになった「ブラックフライデー」。本場アメリカでのブラックフライデーの様子は?予想を上回る当日の様子を現地からお伝えします。

WRITER

えまり えまり  東京出身、主人の仕事の都合でハワイに住み始めて4年目です。一児の母です。ハワイの子育て事情などをお伝えしたいと思います。よろしくお願い致します。