2019年2月23日 公開

睡蓮鉢のメダカビオトープの作り方 準備も管理も簡単!

水槽や水連鉢などを利用して作られている「ビオトープ」。かわいらしいメダカが泳ぐ姿は、見ていてとても癒されますよね。実は、ビオトープはお手軽に家庭で作れて、メンテナンスも簡単にできるものなのです。今回は、簡単なビオトープの作り方をご紹介します。

「ビオトープ」ってどんなものなの?

ビオトープという言葉はギリシャ語から来ていて、「bio(命)」 と「 topos(場所)」を掛け合わせた造語です。環境と生息する生物により維持される循環型の生態系を、ビオトープと呼んでいます。
ドイツで生まれた概念ですが、いつどのように日本に入ってきたのかは、はっきりとしていません。日本では1990年代ごろから、環境改善策として公共事業でビオトープが取り上られ、効果をあげています。
現在では、ビオトープの材料もホームセンターや園芸店で安価で手に入るようになり、家庭で気軽に楽しめるものになっています。

ビオトープの教育的意義とはどんなもの?

ビオトープは、2001年に学校教育に導入された「総合的な学習の時間」にもよく取り組みがされています。
自然が循環した環境で維持されていることや、食物連鎖の様子が実際に目の前で観察できるため、教科書から得た知識だけではなく生きた知識を得ることができます。
また、自然に対する理解を深め、自然を大切にする優しい気持ちを育む効果が期待できます。

子どもに説明する際のポイントはコレ!

illustrated by mawa
ビオトープを小さなお子さまに説明するときは、主人公、たとえば「メダカ」を中心にした物語風に、絵本を読み聞かせる感覚で説明すると分かりやすいでしょう。
登場するのは、メダカ、タニシ、水草、雨、水、底土、そして鉢。
メダカがエサ(プランクトンなど)を食べ、フンをして、そのフンが水草やプランクトンの栄養になり、水草やタニシが水をきれいにする。減った水は、雨水が補充してくれます。こうして命は廻り、ひとつの循環した世界「ビオトープ」が作られるのです。
生物図鑑や科学絵本などを利用したり、実際にイラストを描きながら説明しても良いですね。言葉から受ける聴覚の刺激と、イラストなどから受ける視覚の刺激の相乗効果で、より理解をしやすくなり記憶の定着にも役立ちます。

簡単!睡蓮鉢でメダカビオトープを作ろう!材料編

illustrated by mawa
それでは、いちばんポピュラーで管理がしやすい「水連鉢メダカビオトープ」の材料をそろえてみましょう。
材料として必要なのは……
1.器の睡蓮鉢(トロ船や発砲スチロールでも代用可能)
2.底土
3.水草(浮遊・浮葉・抽水植物から好みのものを)
4.メダカ
5.タニシなどの貝類
そのほか、石(ゴロタ石など)や、流木などを入れるとステキな雰囲気になりますよ。

基本的に園芸店やホームセンター、ペットショップなどで入手可能なものばかりです。
通販でビオトープセットなども販売されているので、利用してみても良いですね。

商品名:信楽焼 10号 藍の色 すいれん鉢 深型 メダカ鉢 睡蓮鉢
販売元:まるいち本店

簡単!睡蓮鉢でメダカビオトープを作ろう!作成編

illustrated by mawa
材料が揃ったら、いよいよビオトープを作ってみましょう!

1.睡蓮鉢に底土を5cmほど敷き詰めます。
2.底土の上に水草をレイアウトします。(寄せ植えする感覚で)
3.石をレイアウトします。
4.静かに水を注ぎ入れます。
5.流木などをレイアウトします。
6.浮草を浮かべます。
7.水のカルキ抜きをします。(1日、日光を当てるか、市販のカルキ抜き剤を使用します)
8.メダカのいる容器の水と睡蓮鉢の水の温度を合わせてから、睡蓮鉢にメダカを放します。

注意ポイントは、水のカルキ抜きをしっかりすることと、水の温度を合わせること。
ビオトープの設置場所は、適度に日あたりが良い軒先やベランダなどがオススメです。
ただし、あまり高温にならないような場所を選んでくださいね。

簡単ビオトープでお子さまの「はじめてのメダカ」体験

ビオトープはお子さまの「はじめてのメダカ」体験には絶好の、とてもステキな知育アイテムです。なんといっても、循環型の生態系なので、管理が簡単なことがいちばんのオススメポイントです。お子さまと一緒に、かわいいメダカの世界作りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

金魚すくいのコツとは?子どもとお祭りでたくさんすくう方法

金魚すくいのコツとは?子どもとお祭りでたくさんすくう方法

夏祭りや縁日は、暑い季節の楽しみのひとつ。中でも金魚すくいは、子どもが大好きな出店のひとつでしょう。かわいい金魚たちを上手にすくうにはコツがあります。ここ...
いきものを育て生命を学ぼう!【カブトムシの飼育】

いきものを育て生命を学ぼう!【カブトムシの飼育】

子どもたちも大好きな夏の昆虫「カブトムシ」。でもいざ飼育するとなると、どうすれば良いのか迷ってしまいますよね。今回はじめてカブトムシの飼育にチャレンジする...
生命を身近に学ぶチャンス!金魚の飼育方法

生命を身近に学ぶチャンス!金魚の飼育方法

お祭りの定番「金魚すくい」、挑戦したことがあるお子さまも多いのではないでしょうか。みなさんは、ご家庭に連れてきた金魚はどうやって飼っていますか?水は?酸素...
アゲハチョウの幼虫を育てよう!好奇心を育てて理科デビューにも

アゲハチョウの幼虫を育てよう!好奇心を育てて理科デビューにも

アゲハチョウの幼虫飼育は、実はとっても簡単。変化が多くて楽しい時間です。何より、子どもの理科への興味が増します。約1カ月の間に、卵から幼虫、サナギ、成虫と...
外遊びで得られる5つの効果|年齢別・おすすめ外遊びとおもちゃ

外遊びで得られる5つの効果|年齢別・おすすめ外遊びとおもちゃ

「脳と体」の発育促進に欠かせない幼児期の外遊び。小学校入学前の外遊びは、未来の運動能力・学力の伸びを左右する重要なものであり、精神安定・自己肯定感アップ効...

WRITER

たまこ たまこ  オンラインで小説や育児4コマ漫画を描いています。年の離れた末っ子長男は、4コマネタの宝庫です♪