2019年7月6日 公開

全国学力調査でわかった、学力の高い小学校・中学校の特徴は?

公立の小・中学校に学力格差はあるのでしょうか。格差の要因は環境?指導?文部科学省が実施した平成29年度の「全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)」を元に、どんな学校に学力の高い子どもが多いのか、学校間格差を分析したレポートから共通する特徴を紹介します。

学力に学校間格差がある!?

KPG_Payless / Shutterstock.com
文部科学省は、子どもたちの学力状況を全国的に把握する「全国学力・学習状況調査」を平成19年度から毎年実施しています。

平成29年度の調査から、児童生徒(小6、中3)の家庭の世帯年収、保護者の最終学歴のばらつきや地域特性、生徒の学力に関する状況をまとめた報告書の内容をご紹介します。

まず、調査の指標として世帯収入・保護者の最終学歴を「社会経済的背景」として得点化しています。そのうえで、学校間の生徒の社会的経済背景のばらつきを調べています。

その結果、大都市では、社会経済的背景の高い生徒が多い学校は学力が高く、低い生徒が多い学校の学力が低いという傾向がはっきりと出ました。

学力の学校間格差と都市規模の関係

特に、小6では、児童生徒の社会経済的背景格差による学力の学校間格差は大都市で最も大きく、その他の市や町村では比較的小さいことが分かりました。

中3では、小6と同様の傾向がありながらも、都市規模による差は小さいという結果が出ました。

都市規模による学力の学校間格差の違いの要因

大都市で社会経済的背景格差による学校間格差が特に大きい要因として、社会経済的背景が高い家庭ほど学習塾や習い事にかける費用が高く、学校外での学習時間が長い傾向があるためと考えられています。

「教育効果の高い学校」の特徴の地域差

AVAVA / Shutterstock.com
「教育効果の高い学校」とは、学校レベルで、生徒の社会経済的背景から予想される学力を大きく上回っている学校のことです。

ただし、教育効果の高い学校の特徴は都市規模による差がある、という結果が出ました。ある地域で効果があった方法でも、地域が変われば必ずしも有効ではないことを示しています。

例えば、大都市の「教育効果の高い学校」の特徴として「将来就きたい仕事や夢について考えさせる指導をした」がありましたが、中核市やその他の市・町村ではそのような特徴は見られませんでした。

どの地域でも共通する「教育効果の高い学校」の特徴は以下の3つです。

・さまざまな考えを引き出したり、思考を深めたりするような発問や指導をしている
・自分で調べたことや考えたことを分かりやすく文章に書かせる指導をしている
・児童生徒の態度が良い(私語が少なく落ち着いている、礼儀正しいなど)

学力の高い学校の風土とは?

imtmphoto / Shutterstock.com
「学校風土得点」とは、調査対象の児童生徒に次の5つの特徴があるかどうか得点化し、分析しているものです。

1.熱意をもって勉強している
2.授業中の私語が少なく落ち着いている
3.礼儀正しい
4.学級やグループでの話合いなどの活動で、自分の考えを相手にしっかりと伝えることができている
5.学級やグループでの話合いなどの活動で、相手の考えを最後まで聞くことができている

その結果、学校風土得点が高い学校ほど学力が高いということが分かりました。また、児童生徒の社会経済的背景の高さと学校風土得点の高さには、ある程度関連性が見られました。

高い成果を上げている学校に共通すること

Tom Wang / Shutterstock.com
学校内の児童生徒の社会経済的背景から予測されるよりも高い学力を5年間安定的に示している学校を「成果が高い学校」としています。

そして、この高い成果を上げている小学校5校、中学校5校の学校の特徴や取り組みについて、学校への訪問調査と管轄市教育委員会のインタビュー調査をもとに掘り下げて分析しています。

結果、導き出された、「高い成果を上げている学校」の共通特徴は次の8点です。

1.家庭学習指導

自主学習を課すだけでなく、家庭学習の手引きなどを配布するほか、アドバイスの仕方など保護者を対象とした啓蒙活動も行っていました。お手本となる学習ノートを展示して子ども同士が見合う機会や、参観日に合わせて保護者も見る機会を作っていました。

2.管理職のリーダーシップと実践的な教員研修

学力向上のために最も大事なのは授業であり、教師の授業力を伸ばすには授業研究が欠かせません。

年に1、2回は市や県の教育委員会から指導主事を招き全校で研究授業をするほか、日常的に教師がお互いの授業を見せ合い、学び合うシステムができている学校が多く見られました。中学校では教科を超えて授業を見合うことが定着していました。

また、質の高い授業をするベテランが、若い教師に授業を直接指導するOJT 研修も行われていました。

3.小中連携教育

中学校5校全てが、小学校の授業の充実と生徒の学習規律(落ち着き、家庭学習習慣、学習意欲など)の定着を学力が高い理由として挙げていました。

また、保育園や幼稚園との連携も特徴的に見られました。目指す生徒像を共有することも多く、「次世代を担う」「ふるさとの未来を支えよう」など生涯学習的な視点を目標にしている学校も多く見られました。

4.言語に関する学習規律の徹底

質の高い学習には校内の学習規律や言語活動も関わっており、多くの学校が児童生徒による主体的な「学び合い」「話し合い」を重視した授業を挙げていました。また、教師からの提案型ではなく、問いかけ型にするという工夫も見られました。

5.学力調査の活用

各学校で調査結果の分析や課題を明確にし、授業改善の重点項目としたり、学校だよりやWEBサイトで公表して、地域や保護者に説明したりする取り組みが多く見られました。

また、一人一人の子どもの学習状況に着目したり、前年の課題を教師で共有し授業改善に生かしたりする姿勢がありました。

さらに、分析や対策の時代は終わったとして、未来の市民として小中学生が地域社会で活躍できる素地こそを学力ととらえる校長やリーダー教師も多くいました。

6.基礎基本の定着の重視と少人数指導

高い成果を出している学校は、学級や学校が落ち着いている状態を当たり前と捉えています。

「言われたことはきちんとやる」といった家庭や地域の文化、「地域の期待も高く、悪くなれない」学校の雰囲気が定着し、継続している傾向があります。

その上で「成就感を持たせる、褒めて伸ばす」「学ぶ意味や意欲を教え、生徒の主体性を大事にする」など子どものやる気や主体性を育む教師の関わりが顕著です。また「居心地の良い学校」「学校に居場所がある」というような子どもが安心して学べる学級経営が行われています。

7.補充学習

担任が気になる児童生徒に対して、「こまめに」「徹底的に」「ずっと付いて最後まで」といった姿勢で、放課後や昼休みなどを利用して手厚くきめ細やかに指導する取り組みが多く見られました。特に学力や家庭の協力の弱い子どもの教育は、学校で担うという意識が強く見られました。

8.地域と学校の結びつき

報告書では、今回訪問した高い成果を出している学校のほとんどが、地域や保護者について、非常に協力的であると述べてい ます。伝統的に地域の結びつきが強く、伝統行事も盛んで、地域ぐるみで子どもを育てていく風土があると言えます。

荒れた学校が改善!その改革方法は……

milatas / Shutterstock.com
過去に、児童生徒の社会経済的背景から予測される学力を相当程度下回ったのに、その状況から脱却して一定の成果を上げた学校を絞り出し、どうやって学力を上げていったかを調査しています。

選出されたA中学校は、以前は市の校長会や多くの住民も認める「荒れた学校」で、地域や保護者と教師の信頼関係が欠如し、学級崩壊が見られていました。

低迷期から改善期

改善の外的要因は大きく3つあります。

●教室にエアコンを配置したことで、生徒が授業中に教室内にいるようになったこと。
●教師の加配により最終的には5人以上教師が増えたこと。
●NPOなどによる学校支援活動や、スクールカウンセラーの派遣があったこと。

また、前校長が最初に叱り方の指針を明確にしました。学習指導以前に、子どもが学校と教員に持っている不信感を払しょくすることが先決だと考えたからです。

その指針は、生徒には一人の人格として共感的に接する、生徒の名前は「さん・君」を付けて呼ぶ、叱る以上に褒める、けれども不正を見逃さず、悪いことは許さない、安易な妥協をしないでしっかり叱る、悪い行為を叱るのであって人格は否定しない、というものです。

改善期における主な改革

学校に落ち着きが戻ったところで、次のような授業改善に着手しています。

1.特別支援教育の視点を普通学級に応用した授業のユニバーサルデザイン化
2.目の前の子どもの実態に応じた授業づくり、数学・英語における少人数学習の実施
3.生徒自ら計画し実行する家庭学習の支援
4.教科を越えた校内研修
5.小中連携の取り組み
報告書では、学習指導以前に学校として当たり前のことをできるような状況を作り出すことが大切である、学ぶ・教える行為がコミュニケーションによって成立する以上、教師と児童生徒間の、あるいは保護者と子ども間の信頼関係が成り立っていなければ、そもそも学習指導は成立しない、と結んでいます。

入学前に小・中学校の学校環境や風土を知ろう

最近は、選択制、越境などで校区の違う小・中学校を選択することができる地域も増えています。また、より良い教育環境のために、引越して、学力の高い公立の小学校に入学する「公立小移民」も話題になっています。もし、学校を選べる環境にあるなら、今回ご紹介した内容もぜひ参考にしてください。

幼稚園教育要領や小学校の学習指導要領も改訂され、幼稚園・保育園から小学校の連携もより強化されています。

学校風土をよく知るには、学校設備の他にも、在校生や教師の方々、学校がある地域の様子などにも目を向けることが大事ですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

中学受験しない選択!公立中学進学までに身に付けておきたいこと

中学受験しない選択!公立中学進学までに身に付けておきたいこと

小学校高学年にもなると、中学受験をするかどうか悩むことも……。中学受験をしないと決めた場合、学習面でどのような取り組みをすればいいのでしょうか?家庭学習や...
ペットボトルで雲を作る簡単実験!お天気を身近に感じてみよう

ペットボトルで雲を作る簡単実験!お天気を身近に感じてみよう

雲って何でできるのかな?お天気ってどうなってるの?と親子で考えながら、お家で簡単実験をしてみませんか?ペットボトルを使えば、空に浮かぶ雲と同じものを自分で...
【取材】インターナショナルスクールは日本の小学校と何が違うの? 

【取材】インターナショナルスクールは日本の小学校と何が違うの? 

インターナショナルスクールの人気や興味関心が高まっていますが、日本の小中学校(義務教育)とは具体的にどう違うのでしょうか?注目される背景や教育内容の違い、...
【かけ算九九】は英語でなんて言う?九九の覚え方は?

【かけ算九九】は英語でなんて言う?九九の覚え方は?

英語の場合、どんなふうに九九を覚えるのか、ご存知ですか?日本では、小学校2年生で習う「かけ算九九」。暗唱できるように、親子で練習しているご家庭もあることで...
子どもの学力は保護者の経済力や学歴と関係ある?重要なのは……

子どもの学力は保護者の経済力や学歴と関係ある?重要なのは……

学力の高い子どもにはどんな共通点があるのでしょうか。文部科学省が実施した平成29年度の「全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)」を元に、小学生の学力...

WRITER

えとうみほ えとうみほ  国際結婚で台湾在住、3歳と1歳の男の子2人の母。マザーズコーチングスクール認定ティーチャー、トラストコーチングスクール(TCS)認定コーチとして活動中。 緩いナチュラルライフを送っています。