2016年7月25日 公開

子連れに最適!関東の駐車場のある花火大会4選

この夏に、ご家族で花火大会へのお出かけを計画されている方もいることでしょう。そこで今回は小さなお子さまと行きやすい、「駐車場のある花火大会」を4カ所、選りすぐってご紹介したいと思います。オススメポイントなども記載しますので、ぜひ参考にしてください。

8,000発の花火!「第45回相模原納涼花火大会」

 (13160)

相模原納涼花火大会のはじまりは昭和26年。水郷田名の復興を願ってはじめられたこの花火大会は、現在では夏の季節の風物詩として、人々から愛されています。
会場の相模川高田橋上流付近では多くの屋台が立ち並び、およそ8,000発もの花火が打ち上げられ、夜空を鮮やかに彩ります。
荒天のときや相模川の増水の際には翌日の28日に順延となりますが、28日も開催できない場合は残念ながら中止になりますので、公式サイトなどで事前の確認を取ってくださいね。
当日の午前8時から利用可能な特設駐車場の駐車台数は2,500台程度。満空情報については、当日エフエムで放送するほかに、会場までの道路上に看板を設置してあるので、まめに確認を取りながら行くと良いですね。

【開催地】
神奈川県相模原市中央区 / 水郷田名、相模川高田橋上流
【開催日・時間】
2016年8月27日(土)・午後7:00~午後8:15
【アクセス情報】
・JR横浜線「相模原駅(南口)」より路線バス
「水郷田名」行きバス(相17系統 田名バスターミナル経由)(1時間に2本程度)
終点「水郷田名」下車、徒歩5分
・自家用車をご利用の場合
「さがみ縦貫道(圏央道)相模原愛川IC」から国道129号線経由
【駐車場】
2,500台

江の島をバックに映える!「ふじさわ江の島花火大会」

 (13164)

 (13165)

神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催される、花火大会です。
打ち上げ数は3,000発。2015年の人出は6万人という、人気のこの花火大会。
見どころは、美しい江の島の景色をバックに打ちあがる花火を観賞できる点です。また、空中で直径約480mまで開く迫力満点の2尺玉は、湘南海岸で唯一打ち上げられる必見の花火。ぜひ見ておきたいところです。
昼間は、ご家族でのんびり江の島の観光を楽しんで、夜にはじっくりと夏の夜の花火を満喫する……そんなプランも素敵ですね。

【開催地】
神奈川県藤沢市 / 片瀬海岸西浜
【開催日・時間】
2015年10月17日(土)・午後6:00~午後6:45
【アクセス情報】
・交通 小田急片瀬江ノ島駅から徒歩2分
・江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩5分
・湘南モノレール湘南江の島駅から徒歩7分
・東名厚木ICから車で50分
【駐車場】
1,636台

大迫力!「第33回宮ヶ瀬ふるさとまつり花火大会 」

 (13169)

開催会場は神奈川県愛甲郡清川村。
豊かな自然の中で華々しく打ち上げられるスターマイン花火が、至近距離で観賞できるのが目玉の花火大会です。
2015年の人出は1万5,000人、打ち上げ数2,000発と人気が高い花火大会のひとつです。
屋台もたくさん立ち並び、ムード満点な商店街を巡ってお祭り気分が盛り上がってから、花火観賞することができます。迫力満点の打ち上げ花火を、じっくり堪能してください。

【開催地】
神奈川県愛甲郡清川村 / 宮ヶ瀬湖畔園地
【開催日・時間】
2016年8月15日(月)・午後7:30~午後8:00
【アクセス情報】
・交通 小田急本厚木駅から宮ヶ瀬行バスに乗り50分宮ヶ瀬下車すぐ
・圏央道相模原ICから車で20分
【駐車場】
2,000台
午前9:00~午後10:00(水の郷地区・宮の平地区)

大自然の中で!「第67回さがみ湖湖上祭花火大会」

 (13173)

2016年に第67回を迎える「さがみ湖湖上祭花火大会」。はじまりは昭和23年、湖で亡くなった方の慰霊と湖の安全を願うためにはじめらました。打上げ数は5,000発。見どころは、相模湖上に繰り広げられる名物の「ナイアガラの滝」です。
豊かな大自然の中で楽しむスターマインは、関東随一の大迫力で、見どころがいっぱい!
周囲の山々が天然の音響設備を整えてくれ、湖面が美しい光を反射する光景はまさに圧巻ですよ。
お腹に響く重低音と光の織りなすコラボレーションは、この花火大会でしか味わえない醍醐味。
もちろん、夏祭りならではの屋台もたくさん出るので、小さなお子さま連れでも楽しめる要素が満載です。

【開催地】
神奈川県相模原市緑区与瀬県立相模湖公園
【開催日・時間】
2016年8月1日(月)午・午後7:30~午後9:00
【アクセス情報】
・JR中央本線相模湖駅から徒歩10分
・中央自動車道相模湖東出口から車ですぐ。
【駐車場】
1,000台、既存駐車場2カ所、臨時駐車場6カ所。

お子さま連れの花火大会観覧の心得

自然の中での花火の観覧では、突然の天候不良の際の雨具の用意や、蚊などの虫よけ対策もしておきたいものです。
また、会場までの道路はもちろん、会場内も大変な混雑が予想されます。
交通情報や会場の情報などを事前に充分チェックして、楽しく有意義な一日にしてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

関西の子連れ花火大会はここ!駐車場がある花火大会4選

関西の子連れ花火大会はここ!駐車場がある花火大会4選

夏本番に突入しました。夏の風物詩といえば花火ですが、行き帰りの電車がとても混み合い、お子さま連れだとハードルが上がってしまいがち。車で会場まで行くことがで...
東海地方のおすすめ夏祭り4選|子どもも満足間違いなし!

東海地方のおすすめ夏祭り4選|子どもも満足間違いなし!

ちょうちんや七夕、太鼓や花火などが楽しい夏祭りは、お子さまにとっても楽しみなイベント。今回は数ある夏祭りの中から、東海地方で開催される夏祭りを4つ紹介しま...
花火を子どもと楽しむ際の注意点|使用期限・保管方法は?

花火を子どもと楽しむ際の注意点|使用期限・保管方法は?

家族で楽しめるおもちゃ花火。子どもと一緒に花火で遊ぶ際は、細心の注意が必要です。よくある「湿気による花火の変質」は、正しく保管することで防げます。「何歳か...
冬の花火も見られる!昭和記念公園のイルミネーション

冬の花火も見られる!昭和記念公園のイルミネーション

東京都立川市の国営昭和記念公園では、12月にイルミネーションイベントが行われます。イルミネーションとあわせて楽しみたいのが冬の花火。クリスマスの思い出を彩...
親子で楽しもう!関東でぶどう狩りができるスポット5選

親子で楽しもう!関東でぶどう狩りができるスポット5選

味覚狩りの体験施設は知育スポットとしてもおすすめ。普段食べているものがどのように栽培されているのかを知ることは、お子さまの食育に役立ちます。そこで今回は、...

WRITER

たまこ たまこ  オンラインで小説や育児4コマ漫画を描いています。年の離れた末っ子長男は、4コマネタの宝庫です♪