2017年10月3日 公開

子どもへの影響大!親の言葉遣いで気を付けるべきことは?

子どもが、自分とそっくりな言葉遣いをして驚いた経験はありませんか?子どもは親が話す言葉に大きな影響を受けながら、言語習得を進めていきます。将来子どもが言葉遣いで困ることのないよう、親が気を付けるべきポイントをまとめました。

言葉の使い分けを教える

 (65774)

GOLFX / Shutterstock.com
幼稚園くらいの年齢の子どもは、「うんこ」や「おしり」といった下品な言葉が大好きです。おもしろがって使っているだけなら、子どもにとってはただの遊びの延長ですから、それほど目くじらを立てる必要はありません。

また、「マジで」や「ヤバイ」といった俗語(スラング)も、お友達同士で使う分にはさほど気にしなくても良いでしょう。子ども同士のコミュニケーションの潤滑油として、子どもたちの間だけで通じる言葉や、ノリの良い言葉を使いたがるのは、ごく自然なことです。

ただし、言葉は「時・ところ・場所・相手」などによって、使い分けが必要だということをよく教えておく必要があります。

「レストランでは下品な言葉を使わない」「先生には敬語で話す」など、その場に応じて子どもに声かけをしていきましょう。年齢が低いうちは理解が難しいかもしれませんが、繰り返し教えることが大切です。

子どもへの声かけを意識する

ポジティブな言葉を使う

 (65775)

ucchie79 / Shutterstock.com
長女(小学校1年生)がお友達と一緒に遊んでいるのを遠くからながめていると、ポジティブな発言が多い子と、そうでない子がハッキリしているなと感じることがあります。

「きっとできるよ、がんばれ!」「これ楽しいね」という前向きな言葉が多い子もいれば、「どうせできないもん」「つまんない」という発言が多い子もいます。もちろん、もともとの性格も大きく関係していると思いますが、家庭での日々の声かけも影響しているのではないでしょうか。

「なんでこんなこともできないの」「あなたにできるわけがない」といったマイナスの言葉は、お友達に対する言葉遣いを悪くするだけでなく、子どもたち自身の前向きな気持ちや勇気をくじいてしまいます。

「きっとできる」「すてきだね」「がんばったね」といった声かけをなるべく増やして、子どものポジティブな語彙を増やしてあげたいですね。

正論を言う前に共感の一言を

 (65776)

ANURAK PONGPATIMET / Shutterstock.com
日々の生活の中で、親が「正論を言う前に共感の一言」を心がけるのも大切なことだと感じています。

子どもが水をこぼしたとき、「だから両手で持ちなさいって言ったじゃない!」と言うのは正論ですが、正論は時に相手を傷つけるものです。

「大丈夫?びっくりしたね」という共感を最初に一言入れ、そのあとに「今度からは両手で持つようにしようね」という正論を続けることで、当たりがやわらかくなります。

親が正論ばかりをぶつけていると、子どもはお友達に対しても「ほら、だから言っただろ」と厳しい物言いになりがちです。優しい言葉を選べる人になれるよう、親も子どもへ声かけをするときに気を付けてみると良いかもしれません。

子どもの語彙を増やすためにできること

「別の言い回し」や「追加表現」を使ってみる

 (65777)

kai keisuke / Shutterstock.com
語彙が少なく自分の感情をうまく表現できないと、「バカ」のような単純で乱暴な言葉を選んでしまいがちです。

子どもの語彙を増やすには、「子どもが言った言葉を別の言い方に換えて応じる」、もしくは「言葉を足して応じる」という方法があります。

子どもが「嫌い」と言ったら、「あまり好きじゃないのね」と言い換えてみたり、「今日は暑いね」と言ったら、「そうだね、ムシムシする暑さだね」と言葉を足してみたりしてみましょう。

「お茶!」と言われたら「お茶をください、だね」と文章で会話できるよう促すのも大切なことです。

普段の会話の中で、子どもの語彙力を自然と高めることができますよ。

子どもの話を掘り下げてみる

 (65778)

liza54500 / Shutterstock.com
子どもの語彙を増やしたいのなら、「幼稚園どうだった?」「楽しかった!」「そう、楽しかったの」という会話で終わらせず、ここから子どもの話を掘り下げてみましょう。

「何が楽しかった?」「どう楽しかった?」「なぜそう感じたの?」など、「何を」「どのように」「なぜ」という疑問詞を使いこなすのがポイントです。

身の回りに起こったこと、そしてそのときの気持ちを言葉で説明することで、豊かな表現力や相手にわかりやすく伝える力が身につきます。

あまり話をしたがらない子どもには、「インタビューごっこ」がおすすめです。ペンなどをマイクに見立てて、「今日は幼稚園で何をしましたか?」と親がインタビュアーになりきると、おもしろがって話してくれることもありますよ。

読み聞かせをする

 (65779)

PR Image Factory / Shutterstock.com
語彙力を高めるのに、読書はとても効果的です。

無理に難しい本を読む必要はありません。子どもの発達に応じた、楽しく読み進められる本を読み聞かせてあげましょう。

「〇〇ってどういう意味?」と聞かれたら、子どもの語彙を増やすチャンスです。ひとつずつ、ていねいに答えてあげたいですね。

子どもの言葉遣いは親自身の言葉を見直すところから

 (65780)

Tom Wang / Shutterstock.com
筆者も子どもの言葉遣いにハッとさせられることがよくあります。先日も、長女が次女に「〇〇しなさい!」「じゃあもう好きにしなさい!」と言っていて、確かに自分もそういう言い方をしていると反省したばかりです。

子どもは親の言葉遣いを映す鏡です。常に上品な言葉だけを使って生活する必要はありませんが、場所や相手をわきまえ、適切な言葉を選べる力を身に着けられるよう、親子で一緒に成長していきたいと考えています。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

七田式教育/親の言葉かけ1つで子どもは変わる

七田式教育/親の言葉かけ1つで子どもは変わる

「最近、子どもが言うことを聞かなくなって困る」というパパやママはいませんか? もしかしたらその原因は、普段なにげなく親が子どもにかけている言葉にあるのかも...
家事育児に参加したいパパは6割以上!理想と現実、今後の課題

家事育児に参加したいパパは6割以上!理想と現実、今後の課題

東京都が、都内に住む子育て世帯の実態を明らかにするための調査を行いました。その結果、家事と育児の分担に不満を持つママが多い一方で、6割以上のパパがもっと家...
「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

幼稚園や保育園などで描いてきた絵は、なかなか捨てられず溜まる一方で、保管や整理も大変!そんな悩みを抱えるパパママが多いようです。箱に詰めて送るだけでフォト...
トイレトレーニングが失敗ばかりでイライラ。どう対応する?

トイレトレーニングが失敗ばかりでイライラ。どう対応する?

「トイレトレーニングがうまくいかない!」と、悩んでいるパパママはとても多いのではないでしょうか?筆者も子どもたちのトイレトレーニングは失敗してばかりでした...
Chiik!の記事も読める!子育てメディア「コノビー」の魅力とは

Chiik!の記事も読める!子育てメディア「コノビー」の魅力とは

「子育てに、笑いと発見を」をコンセプトに、記事が育児の癒しや活力になり、それぞれの家族らしい幸せをつくるきっかけ作りを目指す、人気の子育てメディア、コノビ...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!