2018年4月2日 公開

映画のPGとは?過激な作品から子どもを守るしくみと基準

「子ども向けの映画だと思ったら、実はPG12指定だった。子どもに見せてよいのだろうか……」と迷った経験はありますか?映像作品の中には、幼い子どもには衝撃的なシーンが含まれるものがあります。作品ごとに鑑賞できる年齢制限を表した「レイティング」の基準について説明します。

映画のレイティングシステムとは?

 (87693)

Serhii Bobyk / Shutterstock.com
映画やDVDなどで「G」「PG12」などの表示を見たことがありますか?「何を表しているの?」「子どもに見せてよいもの?」と、戸惑った経験があるパパママも多いのではないでしょうか。

これは、子どもへの影響を考慮し、作品を鑑賞できる年齢制限を表したもので、映画の「レイティングシステム」などといわれます。以前は「R指定」と呼ばれていたもので、日本国内で上映される映画作品については、『映倫』という団体が審査しています。

現在の日本のレイティングシステムは、以下のようになっています。

G:すべての年齢層が鑑賞可能(小さい子どもが見てもOK)。

PG12:12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が必要。

R15+:15歳未満の入場・鑑賞を禁止。

R18+:18歳未満の入場・鑑賞を禁止。

性描写や暴力、残酷なシーン、たばこや麻薬、反社会的な行動など、子どもが衝撃を受けるような過激なシーンが含まれる度合いに応じて、各作品が区分されます。

このレイティングは、主に日本の映画館で上映される映画に対して行われ、15歳未満の子がR15+の映画に入場することはできません。

PG12とは?ペアレンタルガイダンスとは?

 (87692)

photo_oles / Shutterstock.com
上記の区分の中でも、特にわかりづらいのが「PG12」ではないでしょうか。PGとは、ペアレンタル・ガイダンス(Parental Guidance)の略です。

PG12の「保護者の助言や指導が必要」とは、どういう意味でしょうか?

助言や指導の内容について、ハッキリとしたことはレイティングの中では触れられていません。

が、この区分に含まれる作品は、ある程度の、性や麻薬の描写、暴力や残酷なシーンを含んでいるものが該当します。

そのため、もし子どもが見る場合、ショックを受けないよう保護者が見守ったり、「マネをしてはいけない」と指導するなどのサポートが必要な作品、と考えるとよいでしょう。

ホラー映画や、明らかに殺人やバイオレンスをテーマにしている作品でも、直接的な殺傷シーンがなければPG12指定になり、子どもでも見ることが可能。

でも、小さい子どもにとっては、強い恐怖感を感じたり、傷つくような場面が含まれる可能性があるので、注意が必要ということです。

海外にはレイティングシステムってあるの?

Photo by author (87056)

オーストラリアのDVDでは、必ず目立つ形でレイティングを表示。
via Photo by author
このようなレイティングは日本以外にも、アメリカ・イギリス・シンガポール・カナダ・マレーシアなど、さまざまな国で行われています。しかし、その基準は国によってまちまちです。

筆者が住むオーストラリアにも、専門の委員会が定めるレイティングがあり、以下のようになっています。

G:General
内容は衝撃的でなく、全年代の鑑賞に適している。ただし、子どもが見て楽しめるものとは限らない。

PG:Parental Guidance
過激ではないが、子どもが混乱・動揺する可能性のある内容を含むため、15歳未満の子どもには、保護者が指導・説明することが推奨される。

M:Mature
やや衝撃的な内容が含まれるため、15歳以上の視聴が推奨される(ただし15歳未満が見ても違法ではない)。

MA 15+:Mature Accompanied
刺激の強い内容を含むため、15歳未満は保護者同伴でなければ視聴や購入ができない。

R 18+:Restricted
非常に刺激の強い内容のため、未成年の視聴や購入は禁じられている。


G、PG、Mは、子どもの鑑賞を制限するものではありませんが、作品を選ぶ際に、「これは子どもが見るのに適しているか?」と保護者が判断するための目安として定められています。一方、MA15+、 R18+は、条件を満たさない未成年の視聴を禁じるものです。

このレイティングは、映画のほか、販売されるDVDやゲーム作品にも表示されます。また、テレビ番組にも目安として表示されます。

「暴力」の解釈が国によって違う

Photo by author (87059)

日本の小学生に人気の「ナルト疾風伝」のDVDは、オーストラリアでは「M」の指定。
via Photo by author
海外のレイティングを見てみると、「子どもにとって刺激が強い映像」というものに対する感覚の違いがよくわかります。

たとえば、オーストラリアでも日本のアニメDVDが流通していますが、日本の子どもたちに人気の「ドラゴンボール」や「NARUTO」、「ONE PIECE」のDVDは、こちらではPGやMの指定になっており、「アニメで描かれた暴力」などの注意喚起を促す記述がパッケージに貼られています。

筆者が見た限り「暴力シーン」に対する基準は、オーストラリアでは日本より厳しくなっています。

日本のアニメの中では、パンチやキックのシーンが多く登場します。しかしこちらでは「暴力」の一種としてとらえられ、「子どもには適さない」「保護者のガイダンスを必要とする」作品と判定されます。

その理由のひとつとして、現実世界では「暴力はいけない」というルールがありながら、「暴力で
人を傷つける場面を見て楽しむ」ことに子どもが動揺したり困惑する可能性があり、それを大人は配慮すべきだという考え方があるのでは?と筆者は解釈しています。

最後に

 (87691)

Morrowind / Shutterstock.com
こうした「過激な情報から子どもを守る」ためのしくみは、日本においてはまだ課題も残されているのではないでしょうか。

ゲームについては、コンピューターエンターテイメントレーティング機構(CERO)が独自にレイティングを定めて審査しています。

が、テレビ番組やマンガについては、このようなレイティング制度はなく、放送局や出版社の配慮と良識に委ねられています。子どもに身近なメディアなので、親もよく考慮せずに受け入れてしまいがちですが、内容に気を配る必要があることを忘れてはいけません。

また最近では、動画や漫画などインターネット上のコンテンツの質も問題になっています。まだきちんとしたレイティングシステムが確立されていないため、大人の配慮が不可欠ではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

テレビなし子育てのコツとは?コミュニケーション力を育てよう

テレビなし子育てのコツとは?コミュニケーション力を育てよう

みなさんのお子さんは、テレビを観ていますか?1日にどのくらいの時間、視聴しているでしょうか。テレビをはじめとする、メディアと子どもの関わりに悩んでいるパパ...
日本&アメリカ、子どものなりたい職業ランキング!

日本&アメリカ、子どものなりたい職業ランキング!

日本でも今と昔ではなりたい職業にずいぶん違いが出てきているようです。では、アメリカの子どもたちと比べたらどうでしょうか。将来の夢に大きな違いはあるのでしょ...
引っ越し頻度の高い国オーストラリア。子どもの転校をどうフォローしている?

引っ越し頻度の高い国オーストラリア。子どもの転校をどうフォローしている?

子育て中の家族にとって、引っ越しの際の大きな関心事は、お子さまの転園や転校ではないでしょうか?筆者の住むオーストラリアでは、日本以上に転校は珍しくなく、筆...
「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

幼稚園や保育園などで描いてきた絵は、なかなか捨てられず溜まる一方で、保管や整理も大変!そんな悩みを抱えるパパママが多いようです。箱に詰めて送るだけでフォト...
メキシコ版ガーランド、パペルピカドを手作り!パーティーにも!

メキシコ版ガーランド、パペルピカドを手作り!パーティーにも!

『リメンバーミー』は2018年3月発表の第60回アカデミー賞長編アニメ賞と主題歌賞を受賞したディズニー/ピクサー映画。その舞台はカラフルでキュートな国・メ...

WRITER

Chieko Chieko  15歳の女の子、7歳の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。