2018年2月23日 公開

抱っこ紐は新生児から使える!おでかけに便利な使い方やおすすめランキング

新生児がいるパパママの必需品である抱っこ紐。お出かけに、寝かしつけにとさまざまなシーンで大活躍します。そこでここでは、新生児におすすめの抱っこ紐や上手な使い方をご紹介します。ライフスタイルに応じて、使い勝手の良い商品が選べるよう参考にしてみてくださいね。

抱っこ紐がおすすめなポイント

スリングの中の赤ちゃん|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (80340)

赤ちゃんがいる家庭に必需品の抱っこ紐。抱っこ紐は「おでかけのときに使うもの」というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。でも抱っこ紐にはそれだけではなく、さまざまなおすすめポイントがあります。

・おすすめポイント1 いつでもどこでも使える
ベビーカーと違い、いつでもどこでも使える気軽さは魅力です。

・おすすめポイント2 抱っこがラク
赤ちゃんは抱っこが大好き。でもずっと抱っこをしているのは大変です。そんなとき抱っこ紐があるとラクに抱っこすることができます。

・おすすめポイント3 両手が空く
抱っこ紐で抱っこをしていると、両手が空きます。抱っこをしながら他の作業ができるのは、忙しいパパママにとってうれしいポイントです。

・おすすめポイント4 持ち運びがラク
おでかけの際も、カバンにポンと入れて持ち運べるのでらくちんです。

おでかけのときはベビーカーとどちらが便利?

抱っこで外出|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (80342)

おでかけのときにベビーカーを使用する方は多いでしょう。ではベビーカーと抱っこ紐ではどちらがおでかけに便利なのでしょうか?

ベビーカーのおでかけ時のメリット・デメリット

ベビーカーのおでかけ時のメリットは、パパママの身体に負担がかからないこと。またお買い物のときには、荷物をベビーカーの荷物入れに入れられるところもポイントです。

しかしベビーカーは、階段の上り下りや交通機関利用時に折りたたまなければならず、大変なことも。またベビーカーに赤ちゃんを乗せていると、赤ちゃんの機嫌が悪くなることもあります。

抱っこ紐のおでかけ時のメリット・デメリット

抱っこ紐のおでかけ時のメリットは、なんといっても持ち運びがラクなこと。また階段や乗り物の中でも使えること。

しかし一方で、長時間の抱っこはパパママの身体に負担がかかります。買い物などで荷物が増えたときはさらに大変です。赤ちゃんにとっても、ずっと抱っこ紐の中に入っている姿勢は窮屈に感じることも。
このように、ベビーカーにも抱っこ紐にもそれぞれメリット・デメリットがあります。併用してそれぞれのデメリットを補うのがおすすめです。

抱っこ紐の使い方

抱っこ紐で寝た赤ちゃんをおろしたところ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (80343)

抱っこ紐をはじめて購入する方にとって、抱っこ紐の使い方はわからないことも多いのではないでしょうか。ここでは、抱っこ紐の使い方に関する疑問にお答えします。

抱っこ紐を使うのはいつから?

抱っこ紐にはさまざまなタイプがあり、それによって使える時期は異なります。新生児期から使えるタイプは、出産後すぐから使うことができます。

連続使用しても大丈夫?

抱っこ紐は、赤ちゃんやパパママの身体に負担がかからないよう考慮して作られています。しかし、多少の負担は避けられません。赤ちゃんの身体のためにも、パパママの身体のためにも、1~2時間おきに休憩を挟むようにしましょう。

抱っこ紐の選び方

赤ちゃんとお出かけ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (80345)

抱っこ紐には、「スリング」「横抱き」「縦抱き」のおもに3つのタイプがあります。それぞれのメリット・デメリットや使える時期などを確認し、ライフスタイルや好みに応じて選びましょう。

どのタイプを購入する場合でも、以下のポイントはチェックをするようにしましょう。

・赤ちゃんの安全が守られるもの
・パパやママが疲れにくいもの
・装着しやすいもの

これらを見極め、一番使いやすいものを選択しましょう。

ブランド別人気の抱っこ紐

まずは人気のブランドの中から、ブランド別におすすめ抱っこ紐をご紹介します。

パパやママから多くの支持を集める「エルゴベビー」

 (80254)

商品名:オムニ360
販売元:エルゴベビー
先輩パパやママから多くの支持を集めるブランド「エルゴベビー」。その人気の秘密は、使い勝手の良さにあります。パパママの身体になるべく負担をかけない作りや装着のしやすさなど、工夫されている点がたくさん。抱っこ紐は初心者パパやママにとって、装着が大変に感じることも。でもエルゴベビーの抱っこ紐なら、気軽に快適に使うことができそうです。

この商品は、新生児期からインサート(赤ちゃんの体を支える新生児用のパット)なしで使える優れもの。「対面抱き」「前向き抱き」「おんぶ」「腰抱き」ができます。

また赤ちゃんを自然な姿勢でフィットさせてくれるので、赤ちゃんの身体への負担が少ないところも魅力。赤ちゃんにとってもパパママにとっても快適な抱っこ紐です。

スタイリッシュなデザインが人気「ベビージョルン」

 (80260)

商品名:ベビーキャリア ONE⁺ Air
販売元:ベビージョルン
ベビージョルンの人気の秘密は、なんといってもそのスタイリッシュなデザインにあります。最近はパパが抱っこ紐を使うケースも多いと思います。ベビージョルンなら、パパが使ってもカッコよくきまるデザインのものがたくさん。

また、付属品を使わなくても新生児期から使え、さまざまな使い方ができる点も魅力。買い替えることなく長い期間使うことができそうです。

この商品は、日本人の一般的な体型に合うように作られているので、小柄なママでも使いやすく安心。胸の高い位置でぴったりと抱きしめることができるので、赤ちゃんも安心して身を任せられます。

なお、赤ちゃんの首が据わる前から使うことが可能です。前向き抱っこやおんぶなどもでき、赤ちゃんが大きくなってからも重宝しそうな抱っこ紐です。

すべてを満たす機能性「コンビ」

 (80266)

商品名:ジョインEL-E
販売元:コンビ
コンビの抱っこ紐の魅力は、日本製品ならではの精巧な作りと、かゆいところに手が届く機能性の高さにあります。長く使える、装着しやすい、たたみやすい、そしてコンパクトと、抱っこ紐に求める機能をほとんど備えています。とにかく機能性に優れたものが欲しいという方におすすめのブランドです。

この商品は、赤ちゃんを安全に抱っこできるよう落下防止機能がついています。またパパやママがラクに抱っこできるよう、肩ベルトがごわつかず、肩にフィット。別売りのインファントシートを使うと、1か月から使用することができます。装着も簡単なので、初心者パパやママも安心です。

【横抱き・縦抱き別】おすすめの抱っこ紐

横抱き・縦抱きどちらがおすすめ?

横抱き・縦抱きの抱っこ紐にはそれぞれメリット・デメリットがあり、また赤ちゃんによって好みもあります。

横抱きの抱っこ紐のメリットは、赤ちゃんが疲れにくいという点にあります。しかし赤ちゃんが小さなうちしか使えず、抱っこ紐によっては使う期間が短くなるというデメリットも。横抱き・縦抱き両方使えるタイプのものは長く使えますが、装着が面倒な場合もあります。

一方縦抱きの抱っこ紐は、ママと向き合えるので安心感があるというメリットがあります。また前向き抱っこやおんぶなどもでき、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるところも魅力。ただし新生児期からは使えないものもあるため、購入時には注意が必要です。

【横抱き】長く使える5WAY

 (80278)

商品名:コラン ハグ AB
販売元:アップリカ
付属の新生児シートを使うと、首が据わるまで横抱っこをすることができます。横抱きだけではなくさまざまな抱っこの仕方ができ、長く使えるところが魅力。

国産ブランドなので、日本人の体形に合わせて設計されています。自然な形で赤ちゃんを抱っこすることができ、赤ちゃんもママも快適に使用することができそうです。

たたむとコンパクトになり持ち運びもらくちん。装着方法も簡単です。

【縦抱き】赤ちゃんをラクラク下ろせるところが魅力

 (80273)

商品名:おんぶ抱っこひも
販売元:キューズベリー
職人の手で一つ一つ丁寧に手作りされている抱っこ紐です。コンパクトな作りなのに、体重分散率が優れており、パパママの身体に負担をかけません。

この抱っこ紐の一番の魅力は、ファスナーを開けることで抱っこ紐をつけたまま赤ちゃんを下ろせるところ。抱っこ紐の中で赤ちゃんが寝てしまっても、赤ちゃんを起こさずそっと下ろすことができます。寝かしつけや病院の診察などに重宝しそうです。

前にポケットがついているので、ハンカチやティッシュなどの小物がしまえます。夏にはアイスパッドを入れておくとひんやり快適。

暑い夏でも使えるおすすめの抱っこ紐

暑い夏に赤ちゃんと密着する抱っこ紐を使うと、ママも赤ちゃんも汗だくに。そこで、暑い夏でも快適に使える抱っこ紐をご紹介します。

メッシュタイプで通気性抜群

 (80286)

商品名:アダプト
販売元:エルゴベビー
人気のエルゴベビーの抱っこ紐。このアダプトシリーズは、他のシリーズとは違いメッシュタイプがあるのがポイントです。

前向き抱っこには対応していませんが、付属品なしで新生児期から使うことができます。メッシュタイプは通気性抜群で、暑い夏でも蒸れにくく快適に使用できます。カラーバリエーションが豊富なところも魅力。

保冷剤が入れられる

 (80291)

商品名:アーバンファン
販売元:ラッキー
新生児期の横抱き~縦抱きまで、5WAYで長く使える抱っこ紐です。腰ベルトつきなので、体重が分散され、負担が少なくラクに使うことができます。

この商品のポイントは、保冷剤を収納できるポケットがついているところ。これなら暑い夏も安心して使えそうです。

抱っこ紐を上手に使って快適育児

パパに抱っこされる赤ちゃん 5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (80348)

使い勝手の良い抱っこ紐を選ぶためには、ライフスタイルや使うシーンなどを考慮して選ぶことが大切です。抱っこ紐は、上手に使うと育児をもっとラクにしてくれます。使い勝手の良い抱っこ紐を選んで、お子さまとの毎日をさらに快適に楽しく過ごしてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

抱っこ紐に合わせる夏コーデのポイント6選!もたつきにサヨナラ

抱っこ紐に合わせる夏コーデのポイント6選!もたつきにサヨナラ

抱っこ紐は身につけるだけで、全体がボリュームアップしてしまうので、コーデがもたつきがちに。赤ちゃんとのおでかけには欠かせないアイテムだから、抱っこ紐に合う...
赤ちゃんの抱き癖とは?抱っこがつらいときの対策方法

赤ちゃんの抱き癖とは?抱っこがつらいときの対策方法

赤ちゃんが泣いたときに抱っこしてあやしていると「抱き癖がつくよ」と注意されたことがあるパパママもいるでしょう。そもそも抱き癖とは何でしょうか。抱っこをする...
抱っこ紐の種類はさまざま!あなたと子どもに合った抱っこ紐を見つけよう

抱っこ紐の種類はさまざま!あなたと子どもに合った抱っこ紐を見つけよう

種類が豊富な赤ちゃん用の抱っこ紐。人気の抱っこ紐には、どのようなメリット・特徴があるのでしょうか?種類の違いや人気商品、抱っこ紐の選び方をご紹介します。自...
パパも安心!初めての沐浴にチャレンジ~やり方まとめ~

パパも安心!初めての沐浴にチャレンジ~やり方まとめ~

待望の赤ちゃんが生まれて幸せいっぱい!でも思った以上に新生児は小さく抱っこもビクビク……沐浴なんて恐くてできない!なんて感じる新米パパママは多いもの。そこ...
「ねんね期」の赤ちゃんへ贈りたい「メリー」5選

「ねんね期」の赤ちゃんへ贈りたい「メリー」5選

産まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいとねんねの繰り返し。そんな「ねんね期」赤ちゃんにぴったりのおもちゃがメリーです。心地よいメロディーを奏でながら、ゆっく...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。