2018年8月31日 公開

BBQに食パン!? 子どもに大ウケの台湾流BBQって?

キャンプに行ったときはもちろん、自宅のお庭でも気軽に楽しめるBBQ。実は台湾でもBBQが大人気なんですよ!しかも、台湾流BBQには子どもでもアウトドアで食事がしやすいヒントが!わが家のオススメ食材と合わせて、便利で楽しい台湾流BBQをご紹介します。

台湾では秋の十五夜にBBQ!?

photo by author (112501)

via photo by author
日本ではBBQといえば「夏!」というイメージですが、台湾ではなんと中秋節、日本でいう秋の十五夜の日にBBQを楽しむのが定番。中華圏の伝統的な風習としては、月餅を贈ったり文旦を食べたりするのが一般的ですが、台湾ではなぜか家族や親しい人たちとBBQをするのが習慣になっているのです。

一説によれば、20年以上前にとある焼肉のタレのメーカーがこの時期にCMを流したのがきっかけだとか。今ではすっかり定着し、中秋節には公園や道端(!)など、至るところで肉を焼く姿が見られます。

BBQに必須の材料は……大量の食パン!

photo by author (108908)

via photo by author
筆者が台湾に住んでいた頃、主人の会社のBBQイベントに参加したことがありました。肉や野菜、魚介類などの食材をみんなで準備して川へ出かけたのですが、その中に大量の食パンを発見! 

「え?BBQでトーストも焼いちゃうの???」と思っていたら、みんな当たり前のように自分のお皿に食パンを一枚取って、その上に海苔を置き、そこに焼きあがったばかりの肉をのせていくのです。そして、その食パンを二つ折りにし、サンドウィッチのようにしてパクリ!

最初はビックリしましたが、やってみるとこれが食べやすくて、おいしくて、すっかりやみつきになりました。

BBQって、片手でお皿を持って箸を使い、さらにビール(あ、子どもはジュースですね!)も飲もうとすると、結構面倒だったりしませんか?でも、食パンに焼いたお肉を挟む台湾流BBQなら、片手にドリンク、片手に肉入りサンドウィッチで、パクパクと食べられちゃうんです。

食べやすいので、子連れBBQにもオススメ!

photo by author (108911)

via photo by author
当時まだ幼稚園児だった筆者の娘も、これには大喜び!肉入りサンドウィッチを持たせておけば、お皿を引っくり返すんじゃないか、タレをこぼすんじゃないか……なんて心配もしなくてすむので、親も楽チンです。おにぎりなどの主食を別に用意する手間もかかりません。

しかも、パンと海苔と肉という組み合わせが絶妙で、すっごくおいしいのです!海苔の香ばしさが肉のおいしさを引き立ててくれて、食パンとタレもよく合います。日本人的にはレタスなんかも挟みたくなりますが、ぜひ一度はこの「食パン+海苔+肉」というのを試してみてください。

デザートには、マシュマロを焼いて挟むのもオススメ!トロ~リと溶けたマシュマロとふんわりとした食パンの食感がたまらないおいしさです。一緒にチョコチップや果物を挟むなんていう楽しみ方もできそうですね。

ちなみに、食パンはできるだけ薄めのものを選んでください。10~12枚切りがベストでしょう。せっかくのBBQ、パンでお腹がいっぱいになっちゃうのはもったいないですからね!

わが家のオススメ!BBQに持って行きたい食材

台湾には細長い筍のような「マコモダケ」という野菜があるのですが、それを皮ごと網の上で焼くのも定番でした。黒く焦げた皮をむくと、中にはジューシーなマコモダケが……。いい具合に蒸し焼きになっていて、ふわっと漂う甘い香りがたまりません。

残念ながら、日本ではマコモダケはあまり見かけませんが、BBQで定番のとうもろこしを皮ごと焼くのもオススメですよ!中までしっかりと火が通って、皮が水分の蒸発を防いでくれるので、甘くてジューシーな仕上がりになります。下湯での必要はありません。
photo by author (112506)

via photo by author
もうひとつ、焼きバナナにもチャレンジしてみましょう。同じ要領で、皮が真っ黒になるまで焼いてくださいね。皮をむくと、とろりとした甘い果肉が!焼くだけ簡単BBQスイーツです。

ただし、若いバナナだと酸味が残ってしまうので、しっかり熟した甘みの強いものを選んでください。シナモンやはちみつをかけるのもオススメですよ。こちらも食パンに挟んで食べてもいいですね!

BBQに食パンを新定番に!

photo by author (108920)

台北101のカウントダウン花火は、観光客にも大人気!
via photo by author
BBQに食パンは、意外かもしれませんが便利でおいしくて食べやすい!ということが伝わりましたでしょうか?

とうもろこしやバナナもオススメです!ぜひお試しください。

最後に台湾のBBQ情報をもうひとつ。台湾のお正月は1月下旬から2月にかけての旧正月がメインですが、12月31日の年越しも、あちこちで花火が上がったりして盛り上がります。あるとき、この花火を見るために川べりを歩いていたら、珍しい光景が……。なんと、あちこちで若者がBBQをしているんです!

真冬の戸外でBBQ!?とビックリしますが、台湾は冬でも日本ほど寒くなく、日によっては18度ぐらいになることもあるので、BBQしながら年を越すなんてこともできちゃうんですね。

日本で真冬にBBQはなかなか難しいかもしれませんが、春夏秋とアウトドアで食事を楽しめる季節は結構長いので、ぜひBBQに行かれる際は食パンをご用意くださいね!Chiik!から日本でも「BBQに食パン」が流行ってくれると嬉しいです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子連れも◎WILD MAGICでグランピング体験を満喫!

子連れも◎WILD MAGICでグランピング体験を満喫!

青空の下、家族や友だちと盛り上がれるBBQ。子連れで色々と食材や備品を準備・携帯するのは大変ですが、都心でほぼ手ぶらで気軽に楽しめる場所なら嬉しいですよね...
家族で行く冬キャンプ!夏にはない冬キャンプの魅力とは?

家族で行く冬キャンプ!夏にはない冬キャンプの魅力とは?

キャンプは夏にするものだと思っている方も多いのではないでしょうか?実際には、冬だからこそ楽しめるキャンプの魅力もあるものです。冬キャンプのおすすめポイント...
都内でバーベキュー!子ども連れでも楽しめるスポット12選

都内でバーベキュー!子ども連れでも楽しめるスポット12選

都内には雨でも利用できたり、手ぶらでも楽しめたりする個性豊かなバーベキュースポットがたくさんあります。もちろん、小さな子ども連れでも気軽にBBQが楽しめる...
簡単に最後まで楽しめるBBQ料理とグッズの紹介

簡単に最後まで楽しめるBBQ料理とグッズの紹介

お外で食べる食事はとっても楽しいですよね。火を見ながらジュージュー焼いて食べるBBQなら、そのおいしさは格別なものになります!準備や調理は大変ですが、簡単...
防災対策にもなるキャップグッズの選び方!万一のときのためグッズも知恵も備えよう

防災対策にもなるキャップグッズの選び方!万一のときのためグッズも知恵も備えよう

キャンプに使うアウトドアグッズが防災用品としても優秀だとして、世間の注目を集めています。災害対策としても使えるおすすめのキャンプグッズと、グッズの選び方の...

WRITER

YUZU YUZU  フリーライター。東京都在住。出版社で書籍編集の仕事をしていましたが、夫の仕事の都合で2009年より台湾・台北へ。6年間の駐在生活中は娘二人を日本人学校に通わせながら、台湾師範大学の語学センターで中国語を勉強。帰国後はライターとして、主に台湾や子育てに関する記事を書いています。