2017年6月28日 公開

小さな弟や妹と一緒に楽しめるクレヨン「ベビーコロール」の魅力

ファーストクレヨンとして人気の「ベビーコロール」は、赤ちゃんでも持ちやすい、口に入れても安心などメリットがたくさん。そして、実は「はじめての兄弟・姉妹同時遊び」をアシストしてくれるというメリットも。筆者が子育ての中で感じたベビーコロールの魅力を紹介します!

コロコロ感が可愛らしいクレヨン「ベビーコロール」

ベビーコロールは、赤ちゃんや幼い年齢の子ども向けのクレヨンです。小さな子が自由に遊んでも危険性の少ないように工夫されており、その功績は第5回キッズデザイン賞キッズセーフティ部門 最優秀賞を受賞して認められています。

コロコロとした見た目が可愛らしく、大人でも気になるデザイン性も魅力です。

【長所1】赤ちゃんが舐めても安心

ベビーコロールはAPマークつき。APマークは、ACMI(米国画材・工芸材料協会)の評価基準に適合した製品にのみ付与されるマークで、人体に害のないことが保証されています。

【長所2】床にはみ出しても水で落ちる

油性のクレパスやマジックは発色が良くて子どもが描きやすい反面、床などにはみ出して描いてしまうと後始末が大変です……。でも、ベビーコロールなら、もし床についてしまっても水拭きできれいに落とせます。まだルールが理解できない幼い年齢の子には、このようにすぐに落とせる画材が安心です。

【長所3】しっかり握っても汚れない

普通のクレヨンは、握ると手が汚れたり、爪の間にクレヨンが食い込んでしまいます。その手を口に入れたり舐めたり……親としてはヒヤヒヤですよね。ベビーコロールはしっかり握っても手が汚れにくく、いちいち拭き取らなくてもOK。手の汚れが気になって拭き取っていては、子どもの創作活動を邪魔することにもなりますが、ベビーコロールならのびのび遊ばせてあげられます。

弟・妹の「同じことやってみたい!」を叶えるクレヨン

カラフルに積み上げたベビーコロール

via photo by author
年の近い兄弟は、遊びへの興味も近いものがあります。「お兄ちゃん・お姉ちゃんのやっていることをマネしたい!」と、同じものを持って同じ遊びをしたがる弟や妹はきっと多いことでしょう。

そのため、お絵描きシーンは、ママがジレンマを抱える遊びのひとつではないでしょうか。上の子にはどんどんお絵描きをさせたい。けれど下の子にはクレヨンやペンはまだ危ない……。

そんな時に、一緒に楽しく遊べるのが、このベビーコロールなのです!

ベビーコロールは0〜3歳が"一緒に"楽しめる!

筆者も、上の子のお絵描き遊びの仕方に困っていた時期がありました。遊びはじめると、下の子がやってきて、一緒に遊びたがる、クレヨンやペンを持ちたがる、目を離すと口に入れようとしていたり描いちゃいけないところに描こうとしてたり……。

そんな時に出会ったのが、ベビーコロールでした。

発達段階が異なる兄弟が仲良く同じ遊びを楽しむには、次のような要素が必要です。

・年齢関係なく遊べる仕組み
・それぞれの発達段階をカバーしてくれるおもちゃ

ベビーコロールは、後者の性質を持っています。単なる「お絵描きの道具」ではなく、年齢の違う兄弟がそれぞれに、あるいは一緒に楽しめるポイントが隠れていました。

【弟・妹】積んだり・指にはめたり

0〜1歳の子どもたちは、同じ形のものを集めて触ったり、並べたりするのを好みます。ベビーコロールは小さな手に馴染む大きさで扱いやすい点が、赤ちゃんのこうした繰り返し遊びにぴったり。

1個1個上に積み重ねたり、外したり、指にたくさんはめて遊んだり。小さな子なりに遊び方はいろいろです。

via photo by author

【兄・姉】色の学習にも使える

2歳以上になると、色の概念が身につきはじめます。ベビーコロールはお絵かきするだけではなく、つみきやブロックのように重ねて遊べるので、色遊びにも最適です。「あか!」「あお!」「おれんじ!」「むらさき!」「みどり!」と、遊びながら色の概念を習得するのにも役立ちます。

【兄弟一緒に】子どもたち同士でのびのびとお絵描き

クレヨンや色えんぴつ、クレパスは赤ちゃんには扱い辛くても、ベビーコロールなら小さな子も握りやすいです。舐めても安心な素材で、折れる心配もないので赤ちゃんが食べてしまうこともありません。お兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒にのびのびとお絵描きを楽しめます。

via photo by author
幼少期にカラフルなものと触れ合うと、色彩感覚はどんどん育ちます。

ベビーコロールには、飾るにも美しいデザイン性の良さがあります。日常的に目にする場所に、カラフルなものを置いておけるのも利点といえそうです。

同じことをすると、楽しいね!喜びを共有する経験を

via photo by author
筆者宅では、たった一つのクレヨンセットで、幼い兄弟が仲良く同じ遊びをすることができるようになりました。年齢の違う兄弟は、それぞれが異なる発達段階にあります。同じおもちゃで同じ遊びができる場合もあれば、難易度からして難しいことも。

お絵描きは、年齢の違う子ども同士でも同じフィールドで遊べる方法です。でも、使う道具によっては同じように遊べないこともありますが、その悩みを解決してくれたのがベビーコロールでした。

ぜひベビーコロールを使って、兄弟一緒に遊べる環境を作ってあげてみてはいかがでしょうか? ともに遊ぶことで、兄弟それぞれの心に大きな満足感を与えてくれるはずです。

Amazon.co.jp: ベビーコロール 6color: おもちゃ

Amazon.co.jp: ベビーコロール 6color: おもちゃ
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

表現の世界が広がるキットパスで楽しいお絵かきタイムを♪

表現の世界が広がるキットパスで楽しいお絵かきタイムを♪

体にも環境にもやさしい「キットパス」ってご存知ですか?小さいお子さんから大人まで、さまざまな楽しみ方ができる、新しいタイプの画材です。アイデア次第で表現の...
[Chiik読プレ★夏の特別企画]編集部厳選!知育玩具3選

[Chiik読プレ★夏の特別企画]編集部厳選!知育玩具3選

6月に開催された「東京おもちゃショー」で紹介されたおもちゃの中から、Chiik編集部おすすめの、夏に遊びたい知育玩具3選をご紹介します!今回はなんとこの3...
おもちゃの対象年齢が気になる!発達の目安と安全基準

おもちゃの対象年齢が気になる!発達の目安と安全基準

おもちゃの箱に書いてある対象年齢をちゃんと守ってますか?対象年齢は発達の目安で決められるのか、安全基準で定められているのか、日本と海外ではどう違うのかなど...
クレヨン・クレパス・パステルの違いは?それぞれの使い方や特徴を紹介

クレヨン・クレパス・パステルの違いは?それぞれの使い方や特徴を紹介

似たように感じるクレヨンとクレパス、パステルですが、明確な違いがあることをご存知でしょうか。線画向き、色塗り向きなど、それぞれの特徴によって適した使い方に...
男の子におすすめ!電車のおもちゃの選び方と人気商品

男の子におすすめ!電車のおもちゃの選び方と人気商品

多くの子どもから愛されている、電車のおもちゃ。種類も豊富にあり、どれを買おうか迷ってしまうことも多いでしょう。デフォルメされたものは愛らしく、精巧に作られ...

WRITER

山葵菜コウ 山葵菜コウ  関西在住の1男1女年子の母。教育や学び、子育てにアンテナがぴーん!大学は初等教育・教育学を専攻。身につけた知識や思想を子育てに活かせるように日々奮闘しています。