2019年1月26日 公開

マカロニの離乳食メニュー6選|赤ちゃんに適した時期・量とは?

マカロニやパスタを離乳食に活用したいけれど、どんな風に取り入れたら良いか分からないというパパママはたくさんいます。赤ちゃんはいつ頃からマカロニを食べても大丈夫なのでしょうか?取り入れ方や保存方法、マカロニを使ったアレンジレシピをご紹介します。

離乳食のマカロニはいつから食べさせてOK?

スタート時期はいつ頃?


マカロニは乾燥した状態であれば長期の保存がきき、調理が簡単で茹で時間も短いというメリットがあります。長さの調整がしやすいパスタに対し、マカロニは手づかみ食べの時期に活躍してくれる食材です。

ただ「マカロニを離乳食に取り入れたいけれど、いつから食べさせられるのかわからない」というパパママは少なくありません。穀類のなかでもご飯やうどんより弾力があるため、離乳食にまだ慣れていない初期には不向きでしょう。赤ちゃんが離乳食のお米やうどんに慣れてから、徐々に取り入れることをおすすめします。

一般的には、離乳食中期~後期にかけて取り入れ始めるパパママが多いようです。柔らかく茹でて少しすりつぶしたものや、細かく刻んだものからスタートさせます。離乳食の進み具合を見ながら、お子さまに合った時期にスタートしてあげてください。

アレルギーに注意

マカロニはアレルギー源となりやすい小麦粉が原料です。はじめてマカロニを与えるときは、アレルギー反応が出ないか注意して見守りましょう。最初は少量から様子を見るとともに、医療機関の開いている平日午前の食事で取り入れるなど、離乳食の基本を守ることが大切です。

家族に強い小麦アレルギーの人がいるほか、心配な場合は開始時期を医師に相談することをおすすめします

離乳食で食べさせるマカロニの適量とは


マカロニは乾麺のときと、茹でたあとでは分量が大きく異なるため、取り入れるときは注意が必要です。一般的に乾麺と茹で上がったマカロニを比較すると、約2.5倍になることを覚えておきましょう。

離乳食中期は、茹でたマカロニで1回40~70g程度(一般的なマカロニ乾麺で35本~45本程度)を目安に進めてみてください。後期になると茹でたマカロニで1回75~90g程度(一般的なマカロニ乾麺で55本~65本程度)が食べられるようになります。お子さまの様子を見ながら量を調整してあげましょう。

パスタやマカロニのサイズが大きい場合は、時期に合わせてカットしたり、すりつぶしたりして使用します。ジッパー付きの袋に茹でる前の乾麺状態のマカロニを入れ、ジッパーをしめて袋の上からめん棒で力を加えると、簡単に小さく砕くことが可能です。

マカロニの保存方法は?


マカロニやパスタは毎回茹でるのに時間をとられ、それを手間に感じる方もたくさんいます。マカロニは冷凍保存ができる便利な食材。一度に何回かの分量を一気に茹でて、時期に合わせた形状にカットするなどの下ごしらえをし、1回分ずつラップに包んで冷凍しておきましょう。

解凍するときは電子レンジで加熱し、再度火を通してから使用します。

マカロニを使った離乳食メニュー6選


アレンジしやすい便利なマカロニは、離乳食作りの強い味方になってくれます。マカロニを使ったメニューを覚えておけば、離乳食にも変化が出るためおすすめです。中期・後期の離乳食で使える、マカロニを使ったメニューをご紹介します。

離乳食中期におすすめのマカロニレシピ

【きなこマカロニ】 
マカロニ15g(乾麺)を柔らかく茹でて食べやすい大きさにカットします。マカロニがあたたかい状態のときに、きなこ3gを混ぜましょう。

作り方が大変簡単なところが嬉しいポイント。きなこを使うことで栄養価が高くなり、食べやすくなるので、おやつにもおすすめのメニューです。

【マカロニサラダ】
1.マカロニ10g(乾麺)を柔らかく茹でて、食べやすい大きさにカット。
2.皮をむいたきゅうりの柔らかい部分を適量、2~3mm角にカットします。
3.水気を切ったノンオイルのツナ20gと混ぜたら完成です。

【パスタの野菜スープ煮】
1.パスタ10g(乾麺)を柔らかく茹でて、細かく刻んでおきます。
2.玉ねぎ10g、キャベツ10gはみじん切りにしましょう。
3.野菜の煮汁1/2カップにパスタと玉ねぎ、キャベツを入れて、弱火で柔らかくなるまで茹でます。

離乳食後期におすすめのマカロニレシピ

【ブロッコリーと鮭のマカロニグラタン】 
1.ブロッコリー15gとマカロニ10g(乾麺)を柔らかく茹で、3~5mmの粗めのみじん切りにします。
2.鮭15gを耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで30秒加熱。身をほぐしておいてください。
3.耐熱皿にブロッコリーとマカロニ、鮭を入れ、子ども用のホワイトソース15gと少量の粉チーズをかけます。トースターで様子を見ながら2分程度焼いたら完成です。

【ツナ入りナポリタン】 
1.玉ねぎ10g、種を取ったピーマン5gは千切りに。水気を切ったノンオイルのツナ15gは粗くほぐしておきます。
2.柔らかく茹でたマカロニ20g(乾麺)を5mm程度にカットしましょう。
3.フライパンに薄く油を引き、玉ねぎ、ピーマン、ツナを入れて炒めます。しんなりしたらマカロニとトマトジュース20mlを入れてさらに炒め、少量の塩で味を整えたら完成です。

【マカロニのヨーグルトサラダ】 
1.マカロニ15g(乾麺)を柔らかく茹でて、5mm~1cm程度にカット。
2.にんじん5gとブロッコリー10gも同様に柔らかく茹で、みじん切りにしてマカロニに和えます。
3.プレーンヨーグルト大さじ1に少量のマヨネーズを加えて、全体を和えたら完成です。

離乳食に便利なマカロニを使いこなそう


マカロニは調理が楽で冷凍保存ができる、とても便利な食材です。味付けのバリエーションも豊富で、日々の離乳食作りをサポートしてくれるでしょう。赤ちゃんの成長時期に合った硬さや量などをチェックして、上手に取り入れてみてください。
(監修:管理栄養士  佐藤まゆこ )
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

玉ねぎを使った甘みたっぷりの離乳食メニュー|初期から後期まで

玉ねぎを使った甘みたっぷりの離乳食メニュー|初期から後期まで

離乳食期にパパママを助けてくれる食材「玉ねぎ」。簡単に赤ちゃんにピッタリの柔らかさに調理でき、冷凍保存も可能です。離乳食初期から使用できるため、長い離乳食...
離乳食中期の食事の注意点は?食事の分量や作り方

離乳食中期の食事の注意点は?食事の分量や作り方

離乳食の進め方やレシピ、分量などさまざまな悩みを感じているパパママも多いのではないでしょうか?離乳食中期は、メニューもマンネリ化しがちです。中期の離乳食を...
離乳食初期のさまざまなお悩みを解決

離乳食初期のさまざまなお悩みを解決

育児中の悩みとして挙げられることの多い「離乳食」。いつからどのくらいの量をあげれば良いのでしょうか?初期にあげる時間帯や回数、おすすめ離乳食レシピなど、離...
離乳食はいつからいつまで?時期別おすすめと食材注意点まとめ

離乳食はいつからいつまで?時期別おすすめと食材注意点まとめ

赤ちゃんが生後5~6カ月になると、母乳やミルクのみの状態から卒業し、開始する離乳食。筆者も子どもが5カ月になった日にスタートしました。でも、どんな食材をあ...
バナナは離乳食にぴったりの食材!調理方法・冷凍保存のポイント

バナナは離乳食にぴったりの食材!調理方法・冷凍保存のポイント

栄養価が高いことで知られるバナナ。赤ちゃんの離乳食にも活躍してくれます。ここでは、離乳食でバナナを使うときに知っておきたい情報をまとめてご紹介。バナナの離...

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー