2018年4月1日 公開

簡単あやとり!「はしご」2段の作り方

今でも人気の、あやとり。たった一本のひもで、多彩なものを表現できるのはすばらしいですね。古くから親しまれているのは、それだけ魅力がある証拠。もちろん指先を使えば知能や集中力も高まります。

 (85327)

あやとりのひも

毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4倍くらいを目安にしましょう。太すぎたり細すぎたりしますと、小さなお子さまには扱いづらいので、適度な太さをお選びください。

「はしご」(二段)の作り方

図のように、親指と小指にひもをかけます(基本の形)。
右・人差し指を、左のひもに下から通します。
 (85303)

同じように、左・人差し指を、右・中指のひもに下から通します。
 (85304)

左右・親指のひもをはずします。
 (85305)

右・親指を、右・小指の外側のひもに、下から通します。
同じように、左・親指を、左・小指の外側のひもに、下から通します。
 (85306)

右・親指を、右・中指の内側のひもに、下から通します。
同じように、左・親指を、左・中指の内側のひもに、下から通します
 (85307)

左右・親指の下のひもだけをはずします。
 (85308)

左右・中指を、手前の三角の穴に差しこみます。
 (85309)

三角の穴に中指を通したら、図のように、小指のひもをはずします。
手首をくるっと返しながら、手を左右に開きます。
 (85322)

できあがり

 (85311)

 (85326)

作り方のポイント

最後のところがむずかしいですよね。中指を三角に差しこんだら、ひもをしっかり押さえながら、小指のひもをはずしましょう。他のひもがはずれないように、片方ずつゆっくりでもかまいません。
うまく作れるようになったら、今度は両手を同時に、最後のくるっと前に向けるところなども速くできるようにがんばってみましょう。

まとめ

動きがいいと、かっこよく見えます。あやとりも一つのパフォーマンスなのですね。お子さまができたらたくさん誉めてあげましょう。人に見てもらう喜びを感じられれば、熱心に取り組んでくれるはずです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

幼稚園や保育園などで描いてきた絵は、なかなか捨てられず溜まる一方で、保管や整理も大変!そんな悩みを抱えるパパママが多いようです。箱に詰めて送るだけでフォト...
折り紙ラッキースターの作り方!知育遊びやおもちゃにも

折り紙ラッキースターの作り方!知育遊びやおもちゃにも

「ラッキースター」をご存知ですか?折り紙やマスキングテープなどで簡単に作ることができ、飾っても、遊びに取り入れてもかわいいアイテムです。ハサミやテープを使...
二人あやとりの遊び方をイラストで解説

二人あやとりの遊び方をイラストで解説

古くから日本で親しまれている、あやとり。今回は2人で楽しくできるあやとりをご紹介します。たくさんの型があるので、ひとつずつ覚えていきましょう。
子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

「子どもとスキンシップが大切ってわかっていても、いつもばたばたしていて……」。そんなパパママにお伝えしたい!安心してください、毎日自然にやってますよ、スキ...

KEYWORDS

WRITER

mawa mawa  文具メーカーに勤務、その後フリーランスに。現在はグラフィックデザイナーとして活動中。長年にわたり子ども向け商品の企画開発、雑誌・単行本の編集デザイン、付録の制作に携わって参りました。イラスト、商品カタログデザイン、フライヤー、3DCG制作、ゲームのオリジナルキャラクター制作なども手がけています。