2019年2月6日 公開

観覧車は何歳から乗れる?東京&東京近郊の家族で楽しめる観覧車12選

全国にたくさんある観覧車。特に東京や東京近郊には、遊園地だけでなくショッピングモール、動物園などさまざまな場所に観覧車が設置されています。親子で一緒に乗りたいとき、観覧車は何歳からOKなのでしょうか?おすすめの東京&東京近郊の観覧車とともにご紹介します。

東京には観覧車スポットがいっぱい!


都内や東京近郊には、遊園地をはじめ大型ショッピングモール、動物園などのおでかけスポットに観覧車が乗れる場所がたくさんあります。観覧車から眺める景色は、普段見ているものとはまったく異なり、子どもだけでなく大人も感動を覚えるものです。

たくさんある観覧車スポットを、休日に家族で巡るのも楽しいでしょう。東京や東京近郊にあるおすすめ観覧車の詳細をご紹介します。子連れでのお出かけ先に悩んだら、ぜひご活用ください。

東京の観覧車

東京都内にある、観覧車に乗れるスポットをご紹介します。大型のものから小型のものまで、同じ観覧車でもタイプはさまざまです。

・パレットタウン大観覧車


東京タワーにスカイツリー、さらにはレインボーブリッジなど、東京観光で観ておきたいランドマークをすべて一望できるのが、お台場にあるこの観覧車の魅力です。午後10:00まで観覧車に乗ることができるため、昼間だけでなく夜のデートで夜景を楽しむカップルもたくさん利用しています。

年中無休で、いつ行っても観覧車に乗れるところも嬉しいポイント。「大観覧車」とあるように、観覧車の直径100m、高さは115mもあり、眺める景色に圧倒されること間違いなしです。1周するには約16分間かかります。
【所在地】
お台場パレットタウン
東京都江東区青海1丁目3-10

【営業時間】
午前10:00〜午後10:00(月曜~木曜、日曜)
午前10:00〜午後11:00(金・土・祝前日)

【休園日】
年中無休

【料金】
大人1,000円 子ども(4歳~小学生)500円 3歳以下は無料

【アクセス】
・りんかい線東京テレポート駅より徒歩3分
・ゆりかもめ線青海駅直結

・駐車場(普通車470台)
平日 :500円/時間 以降30分毎250円(平日1日最大1,500円)
土休日:600円/時間 以降30分毎300円

・葛西臨海公園「ダイヤと花の大観覧車」


直径111m、高さは117mと日本最大級の大きさを誇るのが「ダイヤと花の大観覧車」です。スカイツリーや都庁など東京のシンボルが一望できるだけでなく、富士山や房総半島まで見渡すことができます。空中散歩が楽しめる時間は約17分間です。

夜はライトアップされ、観覧車がまるで大きなお花のようにロマンチックに輝きます。ゴンドラは6人乗りですが、相席はおこなっていません。家族だけでゴンドラが独占でき、楽しさが倍増します。
【所在地】
葛西臨海公園
東京都江戸川区臨海町6-2

【営業時間】
午前10:00〜午後8:00(平日)
午前10:00〜午後9:00(土、日、祝、GW、春・夏休み)

【休園日】
1月の第4・5の水曜日、2月の全水曜日

【料金】
3歳以上 700円

【アクセス】
・JR京葉線葛西臨海公園駅すぐ
・地下鉄東西線 葛西駅よりバス 葛西臨海公園駅下車

・駐車場 181台(うち身障者用18台)
1時間200円

・ラクーア「ビッグオー」

Osugi / Shutterstock.com

東京ドームシティアトラクションズ内にある「ビッグオー」。名前の由来にもなっているように、観覧車の中心が輪のように空いたセンターレスの観覧車です。観覧車のセンターはジェットコースター「サンダードルフィン」が駆け抜けていきます。迫力満点の観覧車を楽しみたいという方におすすめです。

ビッグオーのゴンドラのうち8台は、世界初「カラオケ搭載」というところにも注目。空中散歩しながら熱唱すれば、気分最高でストレス発散になるかもしれませんね。
【所在地】
東京ドームシティ アトラクションズ
東京都文京区後楽1-3-61

【営業時間】
午前11:00〜午後9:00

【休館日】
年中無休 

【料金】
820円

【アクセス】
・丸ノ内線後楽園駅より徒歩1分
・地下鉄春日駅より徒歩2分

・駐車場
有(東京ドーム400台、ラクーア170台、ミーツポート駐車場100台)
30分400円
※営業時間は各駐車場によって異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
https://www.tokyo-dome.co.jp/access/parking.html

・よみうりランド 大観覧車

くろふね / CC BY 3.0

標高103mの多摩丘陵に立つ、よみうりランドの大観覧車。最高部は61.4mまであるため、実質約160mの高さから景色を楽しむことができます。都心の高層ビル群や富士山まで見えることもあるため、ぜひ天気の良い日に出かけてみましょう。

ゴンドラは4人乗りの少し小さめタイプです。赤や青、黄色などカラフルなゴンドラが回る見た目にもかわいい大観覧車は、インスタ映えするとして写真好きからも人気があります。規模の大きな観覧車ですが、料金は控えめなところがファミリーに嬉しいポイントです。
【所在地】
よみうりランド
東京都稲城市矢野口4015-1

【営業時間】
午前10:00~午後9:00(季節によって変動あり)

【休園日】
不定休

【料金】
600円

【アクセス】
・京王よみうりランド駅より小田急バスで5分 ゴンドラで5~10分
・小田急小田原線よみうりランド駅からバスで5分
・東名高速 川崎I.C.より約8km
・中央高速 稲城I.C.直結 稲城大橋より約2km

・駐車場
1日1,500円(午前7:30~午後10:00)

・かまたえん「幸せの観覧車」

東京都内で唯一、屋上遊園地タイプの小型観覧車です。過去には存続の危機にさらされていましたが、2014年10月「東急プラザ蒲田」リニューアルの際、カラーリングも新たに無事に引き継がれたという歴史があります。

屋上遊園地の観覧車はどこか懐かしい雰囲気で、気軽に楽しめるとして親しまれています。1周300円という格安料金も人気の秘密。未就学児1人に対して、16歳以上の保護者1名分の料金が無料になります。テーマパークなどにある大型観覧車にはない魅力が詰まったおすすめの観覧車です。
【所在地】
東急プラザ蒲田
東京都大田区西蒲田7-69-1

【営業時間】
午前10:00〜午後6:00
午前10:00〜午後5:00(12月1日~2月末日)

【定休日】
1/1と年2回の不定期休

【料金】
300円(未就学児1人に対して16歳以上の保護者1名無料)

【アクセス】
・JR蒲田駅すぐ

・駐車場
高架下駐車場:30分毎に500円
区営アロマ地下駐車場:15分毎100円

東京近郊の観覧車

東京近郊にある人気の観覧車をご紹介します。遊園地だけではなく、魅力的なお出かけスポットにある観覧車もピックアップしてみました。

・横浜みなとみらい「コスモクロック21」


横浜のシンボルにもなっている「コスモクロック21」は、世界最大の時計機能付き大観覧車。定員はなんと最大480名というから驚きです。カラフルに光るイルミネーションがきれいで、観覧車が横浜の夜景に色を添えています。

最大8人まで乗れる大型ゴンドラの中には、横浜の名所案内や歴史が学べるタッチパネルを設置。約15分間の空中散歩を飽きることなく楽しめます。家族のお出かけはもちろん、デートスポットとしても大変人気があります。
【所在地】
横浜みなとみらい
神奈川県横浜市中区新港2丁目8番1号

【営業時間】
午前11:00〜午後8:00(時期により変動あり)

【定休日】
不定休

【料金】
3歳以上 800円

【アクセス】
・みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩2分
・JR桜木町駅より徒歩10分

・駐車場
なし

・西武園ゆうえんち 観覧車


地上62mの空中散歩が楽しめる観覧車は、西武園ゆうえんちのシンボルになっています。定員4名までの小型タイプのゴンドラで、1周にかかる時間は約20分と長め。回転速度がゆっくりなので、小さな子どもでも怖がらずに楽しむことができるでしょう。

遊園地の営業時間は時期により異なり、準じて観覧車に乗れる時間も変動します。夏の花火の時間帯に合わせて乗車したり、冬のイルミネーションの時期に合わせたりすれば、観覧車からの景色をより一層楽しめそうです。
【所在地】
西武園ゆうえんち
埼玉県所沢市山口2964

【営業時間】
午前10:00〜午後9:00(時期により変動あり)

【休園日】
不定休

【料金】
600円

【アクセス】
・西武線西武遊園地駅すぐ
・関越自動車道所沢I.C.から約12km

・駐車場
1日1,300円(時期によって営業時間・料金は変動あり)

・モザイクモール港北 大観覧車

掬茶 / CC BY-SA 4.0

横浜市営地下鉄「センター北」駅前すぐ、約180のショップが入ってる総合商業施設「モザイクモール港北」。その屋上にある観覧車です。
港北ニュータウンのランドマークともなっているこの観覧車は、地上67m、観覧車の直径45m、1周約12分と遊園地の観覧車の大きさにも引けを取りません。
天気がいい日には、富士山や東京タワー、東京スカイツリーも見られます。

買い物や食事のついでに、ふらっと立ち寄って手軽に乗れるのが嬉しいですね。
【所在地】
モザイクモール港北5F
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1-2

【営業時間】
午前11:00~午後9:00(平日)
午前10:00~午後9:00(最終受付 午後8:45)(土日祝)

【料金】
一人400円
1かご800円
2歳以下のお子様お一人様は無料

【アクセス】
電車:横浜市営地下鉄(ブルーライン・グリーンライン)
センター北駅下車すぐ
車:第三京浜道路 都筑ICより6km・約15分 / 東名高速道路 横浜青葉ICより5km・約10分

【駐車場】
有(約1,100台)
【 駐車料金】
最初の1時間300円・以降30分毎 150円
※ただし入庫後29分以内の出庫は無料
※買い物金額によって無料時間のサービスあり

・BIG HOP ガーデンモール印西「そらっぱ」

室内遊園地や屋内動物園など、子連れで楽しめるアトラクションがたくさんあるのがBIGHOPガーデンモール印西です。観覧車の大きさは全長50.8m、直径42.8m。頂上からは富士山や筑波山など、最高のロケーションが楽しめます。

料金は1人500円、4歳未満は料金無料というファミリー世代に好評の低料金です。毎週木曜日のみ運休するため、お出かけ前には曜日をチェックすることを忘れずに。
【所在地】
BIG HOP ガーデンモール印西
千葉県印西市原1-2

【営業時間】
午前10:00〜午後6:00(平日)
午前10:00〜午後7:00(土日祝/春・夏・冬休み期間)

【定休日】
観覧車は毎週木曜運休

【料金】
4歳以上 500円

【アクセス】
・北総線印西牧の原駅より徒歩1分

・駐車場(普通車2,000台)
(平日)入庫後4時間まで無料、以後30分100円
最大料金:当日午前0:00まで300円
(土日祝)入庫後8時間まで無料、以後30分100円
最大料金:当日午前0:00まで500円

・国営ひたち海浜公園「フラワーリング」

Gunnerchu / shutterstock.com

広大な敷地面積を誇る、国営ひたち海浜公園にある観覧車です。海抜100mから見る筑波山の景色が楽しめます。1周は約15分間で、小学1年生以上であれば付き添い人なしでも乗ることが可能。ゴンドラは最大6名まで乗車できるため、1家族でゆったりと楽しむこともできます。

ゴンドラは40台ありますが、そのうちの4台はシースルーゴンドラ。ハラハラドキドキを楽しみたい方にはピッタリです。通常のゴンドラでもシースルーゴンドラでも利用料金は変わりません。
【所在地】
国営ひたち海浜公園プレジャーガーデン
茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町552-18

【営業時間】
午前9:30〜午後5:00(3月1日〜7月20日、9月1日~10月31日)
午前9:30〜午後6:00(7月21日〜8月31日)
午前9:30〜午後4::30(11月1日〜2月末日)

【休園日】
毎週月曜日、12月31日、1月1日
2月の第1火曜日からその週の金曜日まで

【料金】
3歳以上 600円

【アクセス】
・JR勝田駅からバス海浜公園西口すぐ
・常磐自動車道 日立南太田ICより約15km
・北関東自動車道~常陸那珂有料道路 ひたち海浜公園IC すぐ

・駐車場
1日510円

・富士急ハイランド「シャイニングフラワー」

Vitoony35 / shutterstock.com

絶叫系アトラクションが多いことで有名な富士急ハイランドですが、小さな子どもでも楽しめる観覧車も人気があります。32台のゴンドラのうち4台がシースルーゴンドラ。通常のゴンドラは定員が4名ですが、シースルーゴンドラは2名までになるので、家族で訪れる際は注意が必要です。

観覧車全体の定員は最大120名なので、混み合うときも比較的早く順番が回ってくるのが魅力です。夜はイルミネーションが30パターンあり、乗らずに見ているだけでも楽しめます。日本でも数少ないペット同伴ができる観覧車です。
【所在地】
富士急ハイランド
山梨県富士吉田市新西原5-6-1

【営業時間】
午前9:30~午後5:00(時期により変動あり)

【休園日】
不定休

【料金】
800円

【アクセス】
・富士急行線富士急アイランド駅すぐ
・中央自動車道 河口湖I.Cすぐ

・駐車場
1日1,500円

東武動物公園「エマさんのチーズ風車」

東武動物園のほぼ中央にあるのが「エマさんのチーズ風車」です。「チーズ風車」と名前が付いているだけあり、すべてのゴンドラが黄色に統一されています。観覧車に乗ると遊園地と動物園の両方を一望することができ、遊ぶ順番を決めるときにも役立るでしょう。

最高部は51.766m、1周の所要時間は約12分です。ゴンドラの数は32台あり、一般的なゴンドラ30台のほか2台は車イスに対応しており、多くの人が楽しめるようになっています。
【所在地】
東武動物園
埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110

【営業時間】
午前10:00〜午後4:30(時期により変動あり)

【休園日】
不定休

【料金】
600円

【アクセス】
・東武スカイツリーライン東武動物公園駅より徒歩10分
・東北自動車道 久喜I.Cから約20分

・駐車場(普通車3000台)
1日1,000円

観覧車に乗るのに、年齢制限はあるの?


観覧車には年齢制限が設けられておらず、0歳の赤ちゃんでも利用できるのが一般的です。家族そろって満喫できる、数少ない大型アトラクションだと言えるでしょう。ただし、子どもだけでの乗車はできないというケースがほとんど。多くの場合、小学生未満の子どもには16歳以上の付き添い人が必要になります(年齢制限および付き添い人の年齢は、各施設によって異なる)。

利用料金が発生する年齢や利用料金、1周にかかる時間、ゴンドラの大きさなどは施設によっていろいろです。気になる方はあらかじめチェックしておきましょう。

晴れた日は家族で観覧車巡りはいかが?


ひとくちに観覧車といっても、大きさや回る速度、ゴンドラの大きさや形状はさまざまに異なります。晴れた日には想像以上に遠くまで見えるので、大人でも驚いてしまうはず。次のお休みには、家族で観覧車巡りをしてみてはいかがでしょうか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもの映画デビュー!映画館は何歳から?おすすめの作品は?

子どもの映画デビュー!映画館は何歳から?おすすめの作品は?

子どもの映画館デビューには、パパママもドキドキ。そもそも幼児と映画館へ行く場合、何歳からOKなのでしょうか?子どもと映画を楽しむときのポイントや、注意点を...
職業体験で子どもに夢を!関東のおすすめ職業体験施設5選

職業体験で子どもに夢を!関東のおすすめ職業体験施設5選

お子さまに「将来の夢を持って欲しい」と願うパパママは多くいます。このことからキッザニアやカンドゥーなど、職業体験系の施設は連日大賑わい。この定番の2施設以...
関東で滝と紅葉を楽しむ!子連れで行けるおすすめスポット5選

関東で滝と紅葉を楽しむ!子連れで行けるおすすめスポット5選

赤や黄色に色づく紅葉と滝の共演は、見ていて心が洗われるもの。紅葉だけだと退屈してしまう子どもたちも、水しぶきを上げて流れる滝にはテンションが上がります。そ...
家族でりんご狩り!関東で楽しめるスポット4選

家族でりんご狩り!関東で楽しめるスポット4選

実りの秋には、家族のイベントとしてりんご狩りはいかがでしょうか。りんごの産地は青森をはじめ、東北地方のイメージがありますが、関東にもりんご狩りを楽しめるス...
子連れも◎WILD MAGICでグランピング体験を満喫!

子連れも◎WILD MAGICでグランピング体験を満喫!

青空の下、家族や友だちと盛り上がれるBBQ。子連れで色々と食材や備品を準備・携帯するのは大変ですが、都心でほぼ手ぶらで気軽に楽しめる場所なら嬉しいですよね...

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー