2017年10月8日 公開

子どもの早起きのコツは? 生活リズムの作り方を知ろう

子どもには小さいうちから、きちんとした生活リズムを身につけさせたいもの。しかし、なかなか早寝早起きの習慣がつかず、お困りのパパママも多いのではないでしょうか。この記事では、子どもの早起きのコツについてご紹介します。生活リズムの作り方を知るヒントにしてください。

早寝早起きの重要性

朝日|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (62370)

そもそも、なぜ早寝早起きが重要だと言われているのでしょうか。

人間の体内時計は太陽と連動したリズムになっています。太陽が出ているときには身体が活動的になり、沈んだ夜には身体を休ませるようにできているのです。そのため、早寝早起きをして、昼間に思いっきり活動することが重要になってきます。

夜間の睡眠が足りないと、昼間でもぼんやりしてしまい、効率よく動くことができません。夜にはしっかり眠って、太陽とともに目覚めるのが理想的です。

朝日を浴びる・朝ごはんを食べる

 (66982)

KPG Payless2/shutterstock
目が覚めたらしっかり朝日を浴びるようにしましょう。
朝日には体内時計をリセットさせ、生活リズムを整える効果があると言われているため、すっきり目覚めることができます。

朝食は貴重なエネルギー源です。朝食をしっかりとることで、午前中から元気に活動することができます。身体にとって特に重要なのは炭水化物。おにぎりだけでもいいので、きちんと食べるようにしましょう。

昼間たくさん活動する

元気に飛び回る子供たち|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (62372)

昼間は思いっきり体を動かすことが重要です。
昼寝をする場合は、15時より前にしましょう。30分くらいで起こすのがベストです。

午後9時には部屋を暗くして一緒に寝る

親子で昼寝|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (62373)

寝る前に絵本を読んだり、歯をみがいたりという入眠儀式を決めておきましょう。入眠儀式が済んだら、部屋を暗くして眠る態勢を作ります。

このとき、パパママも一緒に寝たふりをするのがおすすめ。最初はなかなか寝ないかもしれませんが、パパママが寝ているとわかると、子どもも諦めて寝てくれます。

休みの日でも同じ時間に起きる

 (66984)

Ronnachai Palas/shutterstock.com
幼稚園や保育園がお休みの日は、ついつい朝寝坊させてしまいがち。しかし、体内時計は平日も休日も変わりなく動いています。休みの日も普段の日と同じ時間に起きましょう。

逆に、休みの日に朝寝坊したいのは、パパママのほうかもしれません。子どものほうが先に起きて、「もっと寝ていたいのに」と思うこともあるでしょう。
しかし、早寝早起きは大人にとっても大切なことですから、少なくとも子どもの生活リズムが身につくまでの間は、一緒にがんばってみましょう。

あまり思いつめないで

早起きのコツや生活リズムの作り方をすべて試してみても早寝早起きができず、不安に思っているパパママもいるかもしれません。そのようなときは、焦らないことが大事です。

パパママが子どもを早く寝かそうとイライラしていると、子どもも落ち着かず、かえって眠れなくなってしまいます。

成長とともに、子どもの生活リズムは少しずつ整っていくものです。パパママはあまり思いつめず、どっしりと構えていましょう。

子どもがぐっすり眠れるために取り入れたいコツと工夫 - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

子どもがぐっすり眠れるために取り入れたいコツと工夫 - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
子どもには、昼は元気に遊んで夜はぐっすり眠ってもらいたいもの。でもうまくいかないこともありますよね。夜ぐっすり眠れるよう、昼の遊び方、夜の過ごし方など見直してみませんか。子どもの寝つきをよくするためのコツをご紹介します。

夜寝ない子どもに悩むママやパパへ。夜寝るようになる4つのポイント - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

夜寝ない子どもに悩むママやパパへ。夜寝るようになる4つのポイント - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
毎日何かと悩みが尽きない育児。中でも「子どもが夜寝ない」と悩んでいるパパママは多いのではないでしょうか。特に2歳~3歳頃になると体力がついてくるため、夜寝ない子が増えてきます。今回は、お子さまが夜寝るようになる4つのポイントをご紹介します。

子どもが朝起きない!気持ちよく起きるようになる工夫は? - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

子どもが朝起きない!気持ちよく起きるようになる工夫は? - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
幼稚園などに通いはじめる幼児期になると、子どもが朝起きないことに頭を悩ませるパパママが増えてきます。無理やり起こすのは、起こす方も起こされる方も、あまり気持ちのいいことではありません。今回は、朝起きない子どもが自然に起きられるようになる工夫をご紹介します。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

管理栄養士が解説!知ってる?「毎日くだもの200グラム運動」

管理栄養士が解説!知ってる?「毎日くだもの200グラム運動」

「毎日くだもの200グラム運動」をご存知ですか?1人1日200g以上の果物の摂取を推進する運動です。近年の研究により、果物にはがんや生活習慣病に対して予防...
食育は難しくない!管理栄養士オススメの「りんごで食育」

食育は難しくない!管理栄養士オススメの「りんごで食育」

果物は食卓で皮をむきやすいですよね。子どもの目の前で切るだけでも食育になるんですよ。切ったときの断面や種、皮の厚さなどを確認することは、果物をより深く理解...
一度は見たい流鏑馬!子連れで見学できる神社3選

一度は見たい流鏑馬!子連れで見学できる神社3選

日本の伝統儀式・流鏑馬(やぶさめ)は、人馬が一体となり矢で的を射るというものです。馬が大きな足音とともに駆け抜けるさまは迫力満点、知育スポットとしても楽し...
【離乳食・デザート作りにも使える】おすすめのミキサーとレシピを紹介!

【離乳食・デザート作りにも使える】おすすめのミキサーとレシピを紹介!

ミキサーは食材を砕く、野菜ジュースを作るなど様々な使い方ができるおすすめキッチンアイテム。なにかと忙しい子育て世代を家事の時短でサポートしてくれる優れもの...
ワクワク楽しみながら宇宙や星座について学べる図鑑5選

ワクワク楽しみながら宇宙や星座について学べる図鑑5選

子どもにとって広大な宇宙は好奇心を刺激する場所。でも、いろいろと質問されてもパパママが全部答えるのはちょっと難しいですよね。そんなときには宇宙や星座の図鑑...

KEYWORDS

WRITER

宮島ムー 宮島ムー  滋賀県大津市に住んでいます。同い年の夫と、2013年生まれの娘と3人暮らし。「ムーメモ」というブログを運営しているので、ぜひ検索してみてください。Twitterアカウントは@muumemoです。