2018年4月23日 公開

人気教育番組「デザインあ」を実際に体験!富山、東京で展覧会開催

NHK Eテレの人気番組「デザインあ」の展覧会が現在富山県で開催中、7月からは東京で開催されます。色や形、動きやつながり、音、映像、グラフィック――デザインそのものを楽しみながら、学びのプロセスを身につけ、創造力を育むデザイン教育。話題の展覧会で体験してみませんか。

トップクリエーターのデザインを体感せよ!

「観察のへや」より《たまごの変身》(パーフェクトロン)

©SATOSHI ASAKAWA

「体感のへや」より《ガマンぎりぎりライン》(柴田大平)

©SATOSHI ASAKAWA
NHK Eテレで放送されている番組「デザインあ」。その映像の面白さ、斬新さに思わず目を奪われてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

この番組は、デザインの楽しさを直感的に伝え、子どもたちのデザイン的思考を育てる番組として平成23年にスタートし、人とモノ、人と人をより良くつなげるというデザインの本質的な役割を映像で表現してきました。
また、総合ディレクターを務めるグラフィックデザイナー・佐藤卓氏をはじめ、中村勇吾氏、小山田圭吾氏など、各分野のトップクリエーターが制作に参加していることから、親子視聴者のみならず、クリエイティブに関心の高い層などにも支持されています。

そんな人気番組が伝えるデザインの役割や魅力を実際に体験できる展覧会「デザインあ展」が、現在富山・富山県美術館にて開催中(3月21日〜5月20日)。そして7月19日~10月18日には、東京・日本科学未来館にて開催されます。

“デザイン”は子どもたちの思考力を育み感性を磨く!

「観察のへや」展示風景

©SATOSHI ASAKAWA

「概念のへや」より《みんなの「あ」》(投稿作品)

©SATOSHI ASAKAWA
本展では、平成25年に開催され22万人を動員した前回展から作品を新たにして、身の回りにあるモノ・コトから概念までテーマを拡大。体験型作品やオリジナル音楽と映像を用いた体験型インスタレーション、来場者が創造することで出来上がっていく参加型作品などが展示されています。

作品には、観察、分類・分解、再構築といった思考プロセスが導き出される仕掛けが施されているそうです。
子どもたちは作品と向き合うとき、心惹かれる斬新なデザインワークを介して、「自分で見て」「自分で考える」というプロセスをわくわくするもの、楽しいものとして体験できるのではないでしょうか。

ワークショップに参加してデザインをもっと身近に

「観察のへや」より《名は顔をあらわす》(大日本タイポ組合+奥田透也)

©SATOSHI ASAKAWA
現在開催中の富山展では、佐藤卓氏のトークショー、“なまえ”の文字を使ってデザインするワークショップ、テレビ番組の人気コーナー「解散!」を制作するデザイナー・岡崎智弘氏による特別授業などが行われ、また今後も会期中、さまざまなイベントが開催予定です。

東京展でのイベント、ワークショップなどの情報は、これから随時発表されていくそう。事前応募・受付が必要なイベントもありますので、夏休みにお子さまを参加させたいとお考えの方は、展覧会の公式HPなどをチェックしてみてください。

「デザインあ展」公式サイト
http://www.design-ah-exhibition.jp/

クリエーターたちの作品に実際に触れることで、デザインの楽しさや観察することの面白さを知り、そして、子どもたちの創造力を刺激し、心を豊かにする展覧会「デザインあ展」。
最先端のデザイン教育をお子さまと一緒に体験してみませんか。

「デザインあ展」開催概要

<富山展>
デザインあ展 in TOYAMA
【会期】
平成30年3月21日(水・祝)〜5月20日(日)
【会場】
富山県美術館(富山県富山市木場町3-20)
【開館時間】
9:30 〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】
4月25日(水)、5月16日(水)
【観覧料】
一般1,300円(1,000円)、大学生950円(750円)
※()内は20名以上の団体料金
【主催】
富山県美術館、NHK富山放送局、 NHKエデュケーショナル、NHKプラネット中部、北日本新聞社
【制作協力】
NHKプロモーション

<東京展>
デザインあ展 in TOKYO
【会期】
平成30年7月19日(木)~10月18日(木)
【会場】
日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
【開館時間】
10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】
9月4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)、10月2日(火)、9日(火)、16日(火)
【観覧料】
大人(19歳以上)1,600円(1,400円)、中人(小学生~18歳以下)1,000円(800 円)、小人(3歳〜小学生未満)500円(400円)
※ ()内は前売り、8名以上の団体料金
【主催】
日本科学未来館、NHK、NHKエデュケーショナル、NHKプロモーション
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【2020年版】東京都内の人気インターナショナルスクール10選

【2020年版】東京都内の人気インターナショナルスクール10選

東京都内で人気のインターナショナルスクールを老舗名門校から新設校まで10校紹介します。都内でインターナショナルスクールに子どもを通わせたいと考えているご家...
【取材】国際バカロレア認定の探究型学習「東京インターナショナルスクール」

【取材】国際バカロレア認定の探究型学習「東京インターナショナルスクール」

東京・港区にある「東京インターナショナルスクール」をご紹介。都心の学校で国際バカロレアの探究型学習を受けられるインターナショナルスクールとして注目を集めて...
親子で現代アートに親しむ!東京都現代美術館がリニューアル開館

親子で現代アートに親しむ!東京都現代美術館がリニューアル開館

東京都現代美術館(略称MOT:モット)は、現代アートを中心に展開する美術館です。設備の改修と利便性向上のための改修工事で休館していましたが、2019年3月...
知育イベント「学研キッズフェス2018」8/2開催。幼児期からのプログラミングも

知育イベント「学研キッズフェス2018」8/2開催。幼児期からのプログラミングも

幼児~小学生までを対象とした「学研キッズフェス2018」が8月2日に学研東京本社内で開催されます。プログラミングやアート、クイズやお絵かきなどのワークショ...
超大型!新室内遊具施設「京王あそびの森 HUGHUG」オープン

超大型!新室内遊具施設「京王あそびの森 HUGHUG」オープン

2018年3月13日に東京・多摩動物公園前にオープンした新スポット「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」。知育・体育・木育が同時に育める屋内メインの...

WRITER

Clem Clem  エディター/ライター。東京都在住。出版社にて女性実用系の雑誌、書籍の編集に従事。現在はフリーの編集者/ライターとして紙媒体、WEB媒体にて活動中。