2018年1月8日 公開

フランスで0歳から子どもを一人寝させる理由

「日本では親子が川の字で一緒に寝る」とフランス人に話すと驚かれます。こちらでは、親子別室で寝るのが普通なので、親と一緒に寝る子は珍しがられたり、「よくないわよ」と非難されたりすることもあります。今回は【フランスで新生児から別室で寝る習慣】についてご紹介します。

赤ちゃんの一人寝は何カ月目からはじめる?

 (78070)

FamVeld / Shutterstock.com
フランスでは、何カ月から一人寝させる家庭が多いのでしょうか?

いろいろなパパママたちに事情を聞くと、【生後数週間から6カ月】の間に一人寝をはじめさせる家庭が多いようでした。

特に産後3カ月以降は、産休を終え、職場復帰するママが多いという事情があるのと、赤ちゃんが昼夜の区別ができるようになり、睡眠時間がある程度まとまってできるようになるので、自分の部屋で一人で寝かせはじめるのによい時期だといわれたりもします。

早い場合だと、産院から帰ってきてすぐ(生後4日〜1週間⁉)に一人寝させるというケースも聞きます。

ちなみに、筆者が出産したフランスの産院の小児科医の先生は、赤ちゃんの変化にすぐ気付けるよう、生後6カ月間は一緒の部屋で寝かせることをオススメしていました。

日本で生まれ育った筆者としては、「小さい新生児を部屋に一人で寝かせるなんて信じられない!」と思ってしまったのですが、私のような考えの人はフランスでは少数派。親自身が小さいときから一人寝してきたので、子どもを一人寝させることに抵抗を感じず、むしろ当たり前という感覚です。

何かあった時の対策は?

 (78071)

Andrii Orlov / Shutterstock.com
別の寝室に赤ちゃんを寝かせて、「万が一何かあったときはどうするの?」と不安に思いますよね?

別々の寝室といえども、子どもが寝る寝室は親の寝室の隣などすぐ近くに用意し、赤ちゃんが泣いたらある程度わかるような状態を確保します。寝室のドアを完全に閉め切らず、少し開けておくこともします。

それでも心配な場合は、子どもの安全をいつでも確認できるベビーモニターを活用している家庭もあります。

一人寝のメリット

 (78072)

javi_indy / Shutterstock.com

自立心を養う

一人寝をさせる理由として一番に挙げられるのが、【自立心を育む】からというものです。

フランスでは、子どもは未熟な存在というよりも、自分の意思を持った【小さい大人】として扱われ、早い時期から自立心を育むことが大事とされています。これは生後間もない赤ちゃんも同じです。【一人で寝れること】イコール【自立する第一歩】といえるのかもしれません。

産後の夫婦生活を妨げないため

子どもが生まれても、【パパ・ママ】としてだけでなく【男・女】としての関係を大切にするフランス人。
産後の夫婦生活は大切にされ、そのために子どもと寝室を分けることは自然なこととされています。

ちなみに、筆者が産後2カ月頃から通った助産師さんとのペリネ(骨盤底筋)トレーニングでは、【産後の夫婦生活について順調かどうか】ということまでチェックされました。

さすがアムール(愛)の国と呼ばれるだけあって、フランスでは夫婦で過ごす時間がいかに大切にされているかということを実感したのでした。

お互いのよりよい睡眠のため

産後の疲れがたまっている親にとって、また赤ちゃんにとっても、【別々の寝室で寝た方がよりよい睡眠が取れる】というのも、理由のひとつのようです。

同じ部屋にいると、親はちょっとした赤ちゃんの動作や泣き声に反応してしまい、なかなか寝付けず、心身ともに疲れてしまいます。

また赤ちゃんも、生活リズムを整えにくく、大人がちょっと物音を立ててしまった際に赤ちゃんを起こしてしまうこともあります。

別々の部屋にするのは、親にとっても赤ちゃんにとっても、ある意味理にかなっていること、といえるかもしれませんね。

一人寝のデメリットは?

 (78073)

Joana Lopes / Shutterstock.com
一人寝のデメリットは何でしょうか?

先ほどの【万が一何かあったとき】というリスクはありますが、フランスにおいては、一人寝のデメリットとして重視する向きはほとんどありません。

しいて挙げるとすれば、子ども用の寝室が必要、ということくらいでしょうか。家が小さく、部屋が余分にない場合は、フランスでも一人寝させることができないケースもあります。

最後に

国・文化が違うと、一人寝に対する印象もガラッと変わります。少し見方を変えてみると、自立を重視し、赤ちゃんを一人寝させる習慣は、子どもにも親にもメリットがたくさんあることに気付かされました。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

日本とフランスの子育ての違いというと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?フランス在住3年目、2人の子どもを育児中の筆者が、実際に現地で乳幼児の子育て...
現地で話題!【フランス式】最新の赤ちゃん寝かしつけ事情

現地で話題!【フランス式】最新の赤ちゃん寝かしつけ事情

フランスではこれまで産後すぐに赤ちゃんの独立した部屋でひとり寝させるのが一般的でした。パパママと一緒に寝るのはよくない!とまで言われてきました。最近ではそ...
オランダの学校連絡とママ友はSNSやアプリをフル活用!

オランダの学校連絡とママ友はSNSやアプリをフル活用!

遊ぶ約束、園や学校のこと、地域やイベントのこと、習い事のことなど、ママ友と連絡を取る機会は案外多いもの。筆者の住むオランダのママ友とのやりとりの仕方と、学...
ペットボトルランタンを子どもと一緒に作って遊ぼう!

ペットボトルランタンを子どもと一緒に作って遊ぼう!

ペットボトルを使って、子どもと一緒にランタンを作ってみませんか。小さな子どもでも簡単に作れて、窓辺に飾ったり、夏祭りに持っていったりと、多彩な楽しみ方がで...

WRITER

早野沙織 早野沙織  在仏3年目、フランス人旦那と二児(2歳と0歳男児)とアルプス地方グルノーブル市在住のママライター。慶応義塾大学法学部卒業。現地から日本ではあまり知られていないフランスの地方・育児事情をお届けします!