2016年10月26日 公開

赤ちゃんにおすすめ!見て触って感覚を刺激する布絵本4選

「布絵本」ってご存知ですか?お店で布絵本を見たことはあっても、どんな特徴があるのかよくわからないパパママもいらっしゃるかもしれません。ここでは布絵本の特徴や布絵本が子どもに与える効果、おすすめ&人気の布絵本をご紹介します。

「布絵本」って一体どういうものなの?

 (101797)

StockLite / Shutterstock.com
布絵本はフェルトやコットン、サテンなどさまざまな種類の布素材でできています。一番の魅力は、赤ちゃんの五感を刺激しながら楽しめること。音が出たり、感触の違う布でできていたり、仕掛けがあったりなど、赤ちゃんの興味をひきながら触って遊ぶことを意識して作られているベビー用品です。

また、ほとんどの布絵本は絵が中心で字(物語)が少ないので、パパママが赤ちゃんの興味に合わせてストーリーを考え、絵本に出てくる動物の名前などを語りかけながら読んであげるといいでしょう。

紙の絵本と違う点は、次の通りです。

・汚れたら洗うことができる
・やわらかくケガの心配がない
・破れたり壊れたりしにくい
・軽いので持ち運びに便利
・字とページ数が少ない

繰り返し洗えて衛生的で、やわらかく安全な布絵本は、赤ちゃんが遊ぶ最初のおもちゃにぴったりです。破ける心配もないため、長く使えるのもパパママにとってはうれしいですね。

布絵本はいつごろから読める?

 (101803)

Daniel_Dash / Shutterstock.com
布絵本は、紙の絵本に比べて早い時期から楽しめ、対象年齢が低いものが多くなっています。生まれたばかりの赤ちゃん自ら、手を伸ばして触ろうとすることはありませんが、パパママが読み聞かせをしてあげることは可能です。たとえ内容を理解できなくても、興味をひいたり刺激を与えたりして楽しむことができますよ。

新生児期から生後2カ月ころまでは読み聞かせ、3~4カ月以降は、手で触ろうとする赤ちゃんもいるため、布絵本本来の魅力を感じながら楽しむことができるでしょう。

布絵本の選び方

布絵本には、デザインや仕掛けなど、さまざまな種類があります。ここでは、布絵本を選ぶ時のポイントについてご紹介します。
 (101808)

Andrienko Anastasiya / Shutterstock.com

デザイン・色彩豊かな本

たくさんの色が使われている絵本に触れていると、成長するにつれて知らないうちに色の理解を深めることが期待できます。布絵本はカラフルなものが多く、赤ちゃんだけでなくパパママもきっと笑顔になるでしょう。ただし、月齢が低いころの赤ちゃんは視覚が未熟のため、コントラストのはっきりしている方が認識しやすいといわれています。

また、布絵本は四角だけでなく、動物をかたどった形など、さまざまなデザインがあります。あひるやキリン、キャラクターなどの小さいマスコットが付いているタイプもあるので、赤ちゃんの興味に合わせて選んであげてくださいね。

仕掛けがたくさんある本

布絵本は、歯固めやミラーなど赤ちゃんの成長過程において必要なものだけでなく、さまざまな仕掛けがほどこされています。たとえば、触るとシャカシャカ音がしたり、リングを引っ張ると音が出たりなど。赤ちゃんの五感を刺激し、興味をひく仕掛けがたくさんあるものを選びましょう。

ベビーカーに取り付けられるタイプなら、お買い物やお出かけに赤ちゃんが飽きずに遊ぶことができ、使い勝手抜群ですよ。

布絵本を読み聞かせるポイント

 (101814)

Olesia Bilkei / Shutterstock.com
布絵本には字が書いていないものが多いため、パパママが想像力を働かせて読んであげる必要があります。読む人によってストーリーが変わり、赤ちゃんや子どもの成長に応じてストーリーを自由に変えていくこともできます。

単に読み聞かせるのではなく、仕掛けで遊びながら親子のコミュニケーションをはかるツールとして、布絵本を活用するのがおすすめです。

また、布絵本にある、たくさんの仕掛けを赤ちゃんに発見させるように促すのもポイント。布絵本のなかには、ボタンをはめたり、ひもを結んだりする仕掛けがあり、最初はうまくできなくてもパパママが手助けすることで成功し、知らないうちに手先や指の発達にもつながります。

『はらぺこあおむし どこでもソフトブック』

Amazon | エリック・カール はらぺこあおむし どこでもソフトブック 4955303703003 | 布のおもちゃ 通販 (26872)

タイトル:エリック・カール はらぺこあおむし どこでもソフトブック
メーカー:Kids Preferred
販売  :日本育児

子どもたちに大人気『はらぺこあおむし』の布でできた仕掛け絵本。つまんだりめくったり引っ張ったり……布がカサカサ・ツルツルしたりと楽しく触れる絵本には、指先の運動能力向上効果も期待できます。かわいいイチゴ型の歯固めや、ソフトミラーなどもついていますよ。
通常の『はらぺこあおむし』のお話とは違い、英語の単語ブックのようになっています。

『めくってモー!おでかけ布えほん』

Amazon | フィッシャープライス めくってモー!おでかけ布えほん (M4060) | おねんね:0カ月- 通販 (25008)

タイトル:めくってモー!おでかけ布えほん
メーカー:フィッシャープライス

世界No.1のベビートイブランド「フィッシャープライス」の布絵本。小さなウシさんを持って、絵本の中をおさんぽさせて遊びます。ウシさんは振ると音が鳴るようになっています。鮮やかな色合いで、たくさんの動物が出てきますよ。動物の名前を教えてあげるのにもぴったりです。
ミニサイズながら10ページもあり、着脱リングを使うとベビーカーに取り付けることもできます。

『Lamaze  恐竜の大ぼうけん』

 (25012)

タイトル:Lamaze 布の絵本 恐竜の大ぼうけん
メーカー:タカラトミー

表紙の卵の中にいる恐竜のマスコットと一緒に冒険ができる絵本です。絵本には穴が空いていて、そこから恐竜の顔が出せるようになっています。恐竜は握ると笛の音がしたり、布絵本の部分はパリパリ音がしたり手触りが違ったりと、さまざまな感覚を楽しめます。

『くいしんぼうルールー 仕掛けいっぱい絵本』

 (25016)

タイトル:くいしんぼうルールー 仕掛けいっぱい絵本
メーカー:エブロボ

フランスの絵本『くいしんぼうルールーのおはなし』がそのまま布絵本になりました。ふわふわのルールーのぬいぐるみのように見えますが、体の中が絵本に!お洋服を着たり鏡を見ながら歯磨きしたり、ルールーのお腹の中から何か出てきたりと、さまざまな仕掛けが楽しめます。表紙のふわふわの体は、触るとカサカサ音がしますよ。

パパママも布絵本の感覚を感じてみましょう

小さな子ども、特に月齢の低い赤ちゃんにおすすめの布絵本、いかがでしたか?大人が受ける印象よりも、赤ちゃんへの布絵本の効果はかなり大きいようです。指先の刺激や感覚がアップすると、子どものさまざまな成長に良い効果がありそうですね。触ったり音を出したりはもちろん、舐めたり投げてしまっても安心の布絵本、まずは一冊体験してみましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

1歳児向けおすすめ絵本|子どもに読んで聞かせたい名作10選

1歳児向けおすすめ絵本|子どもに読んで聞かせたい名作10選

1歳頃になると、周囲のことに興味が湧いてきます。いろいろな世界を見せて、聞かせてあげたいなら「絵本の読み聞かせ」がおすすめ。親子のコミュニケーションになる...
0歳の赤ちゃんに読み聞かせたい絵本10選

0歳の赤ちゃんに読み聞かせたい絵本10選

絵本は、未知の世界へ冒険する第一歩を踏み出すようなワクワク感を与えてくれます。0歳の赤ちゃんには、どのような内容の絵本を選んであげれば良いのでしょうか?絵...
0歳児の能力を引き出す!知育に効果的な絵本の選び方

0歳児の能力を引き出す!知育に効果的な絵本の選び方

「0歳の赤ちゃんは何もできない」と思っている方はいませんか?しかし赤ちゃんには生まれながらにして「学ぶ力」が備わっています。この力を引き出すツールの一つが...
ファーストブックにぴったり「ももんちゃんシリーズ」

ファーストブックにぴったり「ももんちゃんシリーズ」

ファーストブックにおすすめしたい絵本のひとつが、この「ももんちゃんシリーズ」です。繰り返しの言葉が多く、リズムの良い擬音語がたくさん出てくるので、赤ちゃん...
ねんね~おすわり時期の読み聞かせのコツとオススメ絵本

ねんね~おすわり時期の読み聞かせのコツとオススメ絵本

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせは、脳の発達にとってもよいといわれています。でもいつどのようにすればよいか、悩んでいる方も多いのでないでしょうか。実際に女の子...

KEYWORDS

WRITER

くまこ くまこ  絵本が好きで、絵本と音楽のコラボもやっています。