2017年7月10日 公開

ママに人気のおむつゴミ箱5選|選び方と適した設置場所とは?

育児では絶対に欠かせない、おむつ替え。特に新生児の頃はおむつ替えが非常に多いですよね。そんな中、おむつをどのように捨てるか悩んだことはありませんか?「普通のゴミ箱だと臭いが気になる」という方におすすめのおむつ専用ゴミ箱を5つご紹介します。

おむつ替えのストレスを軽減させるおむつゴミ箱とは?

 (57801)

szefei/shutterstock
ご家庭によって、おむつの処理の仕方はさまざま。普通のゴミ箱に捨てる方もいれば、おむつ用のゴミ箱を別に用意している方もいるでしょう。

それでもどうしても気になってしまうのが臭いですよね。フタ付きのゴミ箱でも、「フタを開けるとおむつの臭いが漂ってきてしまう」と悩んでいる方も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、いろいろな育児用品メーカーから出ているおむつ専用のゴミ箱です。簡単におむつを捨てられる上に、臭いが漏れない工夫がされています。

おむつ専用ゴミ箱の選び方

袋の種類

おむつ専用のゴミ箱には、専用のカートリッジが必要なタイプと、市販のごみ袋やスーパーの袋が使えるものと2種類あります。

専用カートリッジが必要なものは、ランニングコストがかかることがネック。しかし、臭いを閉じ込める密封性が高いものや、ゴミ捨てが簡単にできるものなど便利な特徴もあります。
専用カートリッジが必要ないタイプは、なんといってもコストがかからない点がメリット。インテリアになじむおしゃれなデザインなど種類も豊富です。しかし防臭効果は専用カートリッジより劣るものが多いでしょう。

大きさ

おむつ換えが頻繁な新生児の時期など、容量の大きなごみ箱を選びがちですが、購入前に設置予定のスペースをよく確認してください。特に洗面所やトイレなど狭い場所に置く場合は、注意が必要です。
とはいえ、あまり容量が少ないゴミ箱を選んでもすぐいっぱいになってしまうので、置くスペースや出るゴミの量を照らし合わせて、ご家庭に合った大きさのゴミ箱を選んでみてください。
とにかく消臭したい・インテリアになじむデザインのゴミ箱がほしい・捨て方が簡単なものがいい、など、人によって重視するポイントが違います。

ECサイトのランキングやレビュー評価が高いもの・口コミなども参考にしつつ、目的に合ったものを探しましょう。

おむつゴミ箱を置くのに適した場所

 (110182)

Photographee.eu / shutterstock.com

寝室、リビングなど赤ちゃんをお世話する部屋

もっとも使いやすい設置場所は、ベビーベットがある寝室やリビングなど、1日で一番赤ちゃんをお世話する頻度が高い部屋です。
おむつやおしり拭きなどのオムツグッズと一緒に置いておけば、使用済みおむつを持って歩きまわることもなく、おむつの交換から捨てるまでを1箇所で済ませることができます。

洗面所

赤ちゃんのそばにゴミ箱を置きたくない、という方は、洗面所に設置してはいかがでしょうか。
手を洗う場所の近くに置いておけば、おむつを捨てるついでにそのまま手洗いできるので便利です。

トイレ

離乳食~普通食へと進むにつれ、赤ちゃんのうんちは固くなり臭いも強烈になってきますよね。
そうなってくると、うんちはトイレに流してから捨てる方も多いのでは。
その場合、トイレにおむつ用ゴミ箱があると便利です。

ただし、おむつ用ゴミ箱は結構大きく、場所を取るものも多いです。トイレに置くスペースがあるかどうか、また購入前にごみ箱のサイズをよく確認するようにしましょう。
おむつ用のごみ箱はにおいが漏れないよう対策されているものがほとんどですが、それでも気になる方は、洗面所やトイレに設置するのがおすすめです。
赤ちゃんの成長にしたがっておむつ替えの頻度や臭いも変わってくるので、状況に応じて、場所を変えるのがいいでしょう。
複数用意して、寝室とトイレに分ける方法もありますよ。

らくらくおむつポットン

 (52311)

商品名:カセット不要のらくらくおむつポットン
メーカー:ピジョン
専用のカセットが不要で、経済的なことから人気を集めている「おむつポットン」。

本体内部の袋ホルダーに市販のゴミ袋をセットし、回転ドラムのポケットに使用済みおむつを入れます。そして、ハンドルを手前に引いて元の位置まで戻すと、おむつが本体の内部に落ちていくという仕組みです。

この回転ドラムとパッキンの効果で、おむつの臭いを閉じ込めてくれます。簡単な操作なので、お子さまを抱っこしながらでも片手でおむつを捨てることが可能です。

さらに、回転ドラムは取り外してお手入れできます。おむつ処理ポットをいつでも清潔に保つことができる点も魅力の一つです。

プーポット(おむつペール)

 (52315)

商品名:プーポット ブラウン
メーカー:like-it
ラバーキャップと一体になっているパッキンがしっかりと密閉。さらに蓋の裏についている2種類の専用消臭剤の効果で、臭いにくい作りになっています。

専用のカートリッジも不要で市販のゴミ袋をセットできるので、経済的にも優しいです。また、インナーキャップがついているのでゴミ箱を開けたときに中が見えにくく、臭い漏れも防いでくれます。

スタイリッシュなデザインがインテリアになじむので、リビングなどに置くことができます。プーポットは、経済的、かつおしゃれなおむつ専用ゴミ箱として人気です。

強力防臭抗菌おむつポット ポイテック

 (57798)

 (52307)

商品名:強力防臭抗菌おむつポット ポイテック
メーカー:コンビ

とにかく匂い対策をしたい家庭におすすめの商品です。

使用済みの紙おむつ1つ1つを強力密封し、臭いを外に漏らしません。さらに、密封フィルムは抗菌力99%なので、菌の繁殖を抑制することもできます。

使い方もおむつを入れたら回転レバーを回すだけなので操作も簡単です。またポットがいっぱいになったときも、付属のカッターでフィルムをカットするだけ。

ゴミ捨てが簡単にできることからママたちの人気を集めています。

におわなくてポイ 消臭タイプ

 (52319)

 (57804)

商品名:におわなくてポイ 消臭タイプ
メーカー:Aprica
専用カセットをセットして使うおむつ専用ゴミ箱です。

フィルムに配合されている消臭・抗菌効果のある「ケスクリーン」という成分が、うんちやおしっこの臭いのもとを分解します。そして、3層構造の防臭フィルムが臭いをシャットアウト。さらに本体の立体シャッター機能によってビニールを挟み込むので、衛生的におむつを処理できます。

使い方は、ふたを開けて使用済みおむつを押し込むだけ。とても簡単なので、家事育児で忙しいパパママにも優しいおむつ専用ゴミ箱です。

ウッビィ インテリアおむつペール

 (52323)

商品名:インテリアおむつペール
メーカー:日本育児
シンプルでおしゃれなデザインが人気のインテリアおむつペール。おむつ専用ゴミ箱としては珍しく、カラーのバリエーションが豊富な点もポイントです。

専用カセットは不要で、市販のゴミ袋を使うことができます。スライド式のフタが空気漏れを最小限に抑え、ダブルパッキンで臭い漏れを防ぎます。またゴミ箱本体がパウダー加工されたスチール製なので、おむつの臭いが移ることもありません。

チャイルドロック付きなので、安心してリビングなどに置くことができる点も人気の理由です。

デザインがおしゃれで機能的なので、おむつを卒業した後もゴミ箱として利用できます。

それでも臭いが気になる場合の消臭対策は?

専用のゴミ箱を使っても、「蓋を開け閉めするとき気になる」「溜まってくると臭ってくる」という方へ、おむつの消臭対策に効果的な方法をご紹介します。

専用の消臭袋を使う

Amazon | 驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋 赤ちゃん用 おむつ 処理袋 【袋カラー:ピンク】 (Sサイズ 200枚入) | おむつ処理袋・スペアカセット | ベビー&マタニティ 通販 (111447)

商品名:おむつが臭わない袋
販売元:BOS(ボス)

おむつを捨てるとき専用の袋、その名も「おむつが臭わない袋」。使用済みオムツをこの袋に入れて結ぶだけで、かなりの防臭効果があり、まったく臭わなくなった、と感じる方も多いようです。
毎回使うには費用がちょっと…という方は、ウンチのときに使うだけでもかなり効果が期待できます。

新聞紙にくるんで捨てる

新聞紙には消臭効果があるため、新聞紙でしっかり包んでから捨てると、かなり臭いが気にならなくなりますよ。新聞紙の繊維と繊維の間には隙間が多く、この隙間に湿気や臭いが吸収されます。使用済みオムツの熱のこもったムッとした臭いに効果的です。

コーヒーの出がらし

乾燥させたコーヒーかすなど、消臭効果があるものをゴミ箱に直接入れる方法もあります。おむつを捨てた後、ゴミ箱の中に振りかけるだけでOK。
重曹やクエン酸も同様に効果があるようなのでぜひ試してみてください。

ライフスタイルに合ったおむつ専用ゴミ箱を選ぼう

おむつ専用ゴミ箱といっても、専用カセットが必要なものや、市販のゴミ袋で対応できるもの、またデザイン性の高さや操作の簡単さなど、いろいろな種類のものがあります。それぞれのご家庭でのニーズに合わせて選ぶことがポイントです。

おむつの臭いで悩んでいる方はもちろん、これから出産を控えている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

おむつ収納はどうしてる? おむつ替えが楽になる5つのポイント

おむつ収納はどうしてる? おむつ替えが楽になる5つのポイント

赤ちゃんが産まれると、おむつの収納をどこにしようかと悩むパパママは多いですよね。おむつの収納は邪魔にならずに、使い勝手の良い場所を選ぶことが大切。パパママ...
オムツのおすすめ12選|選ぶポイントから使用後の処理法まで

オムツのおすすめ12選|選ぶポイントから使用後の処理法まで

赤ちゃんの肌は大人よりもずっとデリケートです。いつも身に着けるオムツは、特に気を配ってあげたいでしょう。肌トラブルを避けるには、赤ちゃんの成長・用途に合わ...
おむつかぶれの対処法は?赤ちゃんのおしりを守ろう

おむつかぶれの対処法は?赤ちゃんのおしりを守ろう

赤ちゃんのおしりはとってもデリケート。すぐにおむつかぶれを起こしてしまいます。でもちょっとの工夫で予防をすることも可能。ここでは、おむつかぶれの原因と予防...
目的別に選ぶおすすめおしりふき10選 新生児にも使える!

目的別に選ぶおすすめおしりふき10選 新生児にも使える!

赤ちゃんのおしりケアグッズとしてかかせないのがおしりふき。商品によって厚みや成分、触れた感じなどが異なります。この記事では、おしりふき選びのポイントや目的...
おむつなし育児とは?赤ちゃんとの絆を深める育児法

おむつなし育児とは?赤ちゃんとの絆を深める育児法

「おむつなし育児」という言葉を聞いたことがありますか?言葉だけ聞くと、おむつをまったく使わない育児法のように思われがちです。しかし、本来の意味は、おむつの...

WRITER

takahashi takahashi  20代前半のママです。 みなさんのお役に立つ情報を発信できればと思います。