2019年3月31日 公開

3ステップで教えるバタ足練習のコツ!子どもへの効果やメリットは?

水泳の基本ともいえるバタ足は、クロールや背泳ぎの泳法を習得するために必須。今回は、バタ足をマスターするコツを3ステップでご紹介。足に適度な筋肉を付けたり、腹筋や背筋を鍛えたり、柔軟性を高めたりと、うれしい効果がたくさんあるので、ぜひ親子で取り組んでくださいね。

バタ足練習の効果やメリットとは?

khathar ranglak / Shutterstock.com

4泳法(クロール・平泳ぎ・バタフライ・背泳ぎ)のうち、バタ足が必要なのは、クロールと背泳ぎです。バタ足がしっかりできると、足で水を捉えて前に進むことができるため、クロールと背泳ぎを習得するベース作りにつながります。

大人ならバタ足がうまくできなくても、ある程度は腕の力で進むことができますが、力の弱い子どもはそうはいきません。最初は思うようにいかなくても、地道な練習でコツをつかめば、バタ足でスムーズに前へ進めるようになりますよ。

バタ足の練習は泳ぎをマスターする以外にも、足に適度な筋肉を付けたり、腹筋や背筋を鍛えたり、柔軟性を高めたりなど、メリットがたくさんあります。

バタ足練習はどこで行う?

Monkey Business Images / Shutterstock.com

バタ足が学べる場所といえば、スイミングスクールが定番です。筆者の子どもが通うスイミングスクールでも、バタ足の練習に長い時間を費やしています。定期的にスクールに通わなくても、年に数回ある短期教室に通う方法もあります。

スクールではコーチが効率よく指導してくれますが、マンツーマンではありません。子どものバタ足がなかなか上達しないと感じたら、親がポイントを教えてあげるとスムーズです。

スイミングスクールに通わない場合は、プールに行って、パパママが教えてあげましょう。バタ足の練習には、ビート板を使うと効果的。自分で購入するか、プールによっては貸出しを行っていますよ。

布団の上でバタ足を練習する方法もありますが、浮力が働く水中とは違いがあるので、補助的に行った方がいいでしょう。

バタ足の練習方法

STEP1:プールサイドに腰かけて足を上下に動かす

wavebreakmedia / Shutterstock.com

座ってバタ足をすると、自分で足の動きを確認できるため、まずはプールサイドに腰かけて練習してみましょう。両足を交互に上下に動かすが、バタ足の基本。このとき、親指同士が触れるように、やや内股にするのがポイントです。

STEP2:膝を曲げずに付け根から動かす

Microgen / Shutterstock.com

プールサイドに浅めに腰かけて、できるだけ膝を曲げずに足の付け根から動かしましょう。足の付け根がわかりにくい場合は、お尻からと伝えてもOKです。さらに、足首を曲げずにつま先まで伸ばすことも意識しましょう。

慣れてきたらプールの中に入り、壁を持った状態でバタ足を行ってみましょう。腰かけた状態と同じように、足の付け根から動かし、足全体をまっすぐに伸ばすことが大切です。下半身が浮くという感覚をつかめるまで、練習してください。

STEP3:小さく早く動かす

Happy Together / Shutterstock.com

次は、プールサイドから離れ、ビート板を持った状態でバタ足を行いましょう。スムーズに前へ進むためには、足を小さく早く動かすことがポイントです。水中でバタ足を行うよりも、水面から少し見える程度でバタ足をすることを意識しましょう。

バタ足がなかなか上達しないときは?

Ratchanee Sawasdijira / Shutterstock.com

足が水中に埋まり過ぎていると、足への負担が大きくなり、バタ足が長続きしません。バタ足をはじめたばかりのときや苦手意識のあるうちは、水面をたたくようにしましょう。

ただし、あまりにも足が水面に出ている場合は、バタ足の動きが大きすぎたり、膝が曲がっていたりする可能性があります。足は水面付近でキープすることを心がけましょう。

さらに、膝や足首が硬いと、スムーズなバタ足ができません。仰向けでバタ足を練習すると、膝や足首が柔らかくなり、しなやかな動きができるようになりますよ。

パパママが手を持って補助しながら、仰向けで練習してみましょう。お腹が沈んでしまう場合は、スイムヘルパー(水泳の補助具)を付けるのもおすすめです。

バタ足の意義を教えてあげよう

wavebreakmedia / Shutterstock.com

プールサイドの壁を持った状態で上手にできても、ビート板を持つと上手にいかないことがあります。最初は、親が足を持ったり、お腹を支えたりなどして補助してあげましょう。

子どもへの声かけにも注意が必要です。「膝を曲げたらダメ!」ではなく「足をできるだけまっすぐ伸ばしてみようか」と、子どもでも理解しやすいように声をかけてあげてください。

バタ足を長く練習するのは、子どもにとって辛いと感じる場合があるかもしれません。そんなときは、バタ足ができると、クロールや背泳ぎができること、泳げると溺れにくいことなど、練習の意義を教えてあげられるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
漢字の音読みと訓読みの違いは?教え方のポイント

漢字の音読みと訓読みの違いは?教え方のポイント

小学校に入学すると、たくさんの漢字を習います。そして多くの漢字には複数の読み方があり、つまずいてしまうお子さまも少なくありません。こちらでは漢字の音読みと...
上手にボールを投げるコツ3ステップ!親子でキャッチボールを

上手にボールを投げるコツ3ステップ!親子でキャッチボールを

近年は、環境の変化により子どもの運動能力の低下が指摘され、ボール投げ能力の減少も指摘されています。しかし、子どものボール投げには、たくさんのメリットや効果...
子連れグランピングにおすすめ!千葉県香取市「THE FARM」

子連れグランピングにおすすめ!千葉県香取市「THE FARM」

千葉県香取市の農園リゾート「THE FARM」へ行ってきました!筆者にとってはじめての家族でのグランピング。自然や爬虫類への興味が爆発している4歳の息子と...

WRITER

Kayoko* Kayoko*  千葉県在住。9歳と6歳の男児を持つママライター。得意ジャンルは育児、料理、ディズニー、ときどきお酒。大学では心理学を専攻。ただいま、スムージーダイエットに奮闘中!