2018年2月5日 公開

アメリカの体育【PE】はどんなことをしているの?

子どもの頃は特に、身体を動かすことが心身の健全な発達に不可欠とされていますよね。アメリカでも日本と同様、【PE】(physical education)と呼ばれる体育の授業が小学校のカリキュラムに含まれています。では、実際にどんなことをするのでしょうか?主に日本との違いをご紹介していきたいと思います。

アメリカの体育【PE】は週に何回あるの?

アメリカは学校や学区によって、授業の内容はもちろん、学校の終了時刻まで、さまざま。こちらでは、娘がハワイで通っている学校での経験や、周りのお友だちが通っている公立の小学校について、ご紹介しますが、必ずしもアメリカ全土で共通していることではないことを、最初にご承知おきください。

娘の通う小学校でのPEの回数は、6日に2回です。日本の時間割のように、月から金までの5日間で構成されているわけではなく、6日でスケジュールが組まれているのですが、周りの友人の話を聞いても、週に1~2回程度のことが多いようです。

そしてPEがある日は、家からPE用のTシャツを着て、スニーカーを履いて学校に行きます。着替える時間は特にありませんので、そのままの格好で帰宅します。これも、日本との大きな違いでしょうか。

【PE】では何をするの?

 (80024)

Robert Kneschke / Shutterstock.com
娘の話を聞いていると、日本の体育とはだいぶ違うイメージです。娘が一時帰国した際に、日本の小学校で体験した体育の授業では、スポーツテストをしたり、水泳をしたりすることが多かったようでした。

しかし、「アメリカの体育では何をしているの?」と娘に聞いても、「こういうゲームをしたよ」とか、「こういう乗り物に乗ったよ」とかそういうことばかりで、身体を動かして楽しく遊ぶ時間というイメージです。

先生が考えたゲームを子どもたちに教え、ルールに従って遊ぶ、ということが多いのですが、そのゲームのバリエーションも多くて、とても楽しい時間なようです。

日本にはない授業……!?

 (80025)

altanaka / Shutterstock.com
娘の学校ではウォールクライミングの授業があったり、乗り物みたいなもので遊んだりもしています。

また、娘の学校にはプールがあり、水泳の授業があります。でも、ほかのハワイの公立のほとんどの学校にはプールがなく、水泳はありません。そのため娘のお友だちの多くは、習い事として水泳をやっている子どもが多いです。

日本と同じ遊びも

 (80028)

Iakov Filimonov / Shutterstock.com
娘が「学校で教えてもらったんだよ」と家で練習をはじめた、【チャイニーズジャンプロープ】と呼ばれる遊びを見ていたら、「あれ?これって、日本でも小学生とかが遊ぶ【ゴム段】とか【ゴム跳び】と呼ばれるものじゃないかな」と思いました。

日本では、地域や年代によってさまざまなバージョンがあると思いますが、歌を歌いながら、またリズムに乗りながらジャンプをしたり、ゴムを両足で踏んだり、回転したりしたと思います。娘が習ってきたのは、歌というより、掛け声をかけながら、同じことをしています。

レベルがあるようで、ひとつできると次のレベルに進めるようです。アメリカでも同じようなことをするのだなぁと懐かしく感じました。

最後に

 (80027)

Africa Studio / Shutterstock.com
いかがでしょうか?
楽しく遊ぶだけなんて、すごくうらやましい!と感じますか?

アメリカの小学校の体育の授業は、日本よりも遊びの要素が強く、【競争させる】というよりは、みんなで楽しくチームワークを育むことを重要視しているように感じます。

運動会などはないのでそのための練習はなく、代わりに、ダンスを披露したりする機会が多くあるのですが、「みんなで練習する」といえばダンスくらい。
個人主義のアメリカと、全体主義の日本、というお国柄が体育にも表れている、ということなのでしょうか。

心身の発達を目的としているのはきっと同じでしょうが、一度アメリカの【PE】を体験してみたら、新たな発見があるかもしれませんね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

ハワイの子どもたちは普段どんな遊びをしているの?

ハワイの子どもたちは普段どんな遊びをしているの?

ハワイの小学校に通っている娘が、校庭でアメリカ人の友だちとよく遊んでいる【遊び方】についてご紹介します。筆者は、娘の小学校のお昼休みに見守りボランティアを...
宿題は本当に必要?カナダで議論されている小学校の宿題のあり方

宿題は本当に必要?カナダで議論されている小学校の宿題のあり方

1日学校で勉強してきた子どもが、放課後には好きなことをしたいと思うのは当然。でも、宿題が……。カナダでは長い間、小学生の宿題のあり方についての議論が繰り広...
LOA
オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの学校は、それぞれ自由なカリキュラムで運営がなされています。筆者の子どもが通う小学校は、アートを中心とした総合的な学びが魅力のひとつ。テーマを決め...
学校・家庭の連絡はアプリ・SNSを大活用!【イギリス学校便り】

学校・家庭の連絡はアプリ・SNSを大活用!【イギリス学校便り】

イギリスの学校に子どもを通わせていて、便利だと感じることのひとつが、SNS・アプリなどを活用して保護者と学校で連絡を取り合っていることです。合理的なイギリ...
フランスの防犯教育事情:子どもの誘拐を防ぐ10カ条とは

フランスの防犯教育事情:子どもの誘拐を防ぐ10カ条とは

子どもが自分で自分の身を守れるようになるために、どんな教育をしていますか?「日本ほど治安がよい国はない」といわれることの多い日本でも、幼い子どもが犯罪に巻...

WRITER

えまり えまり  東京出身、主人の仕事の都合でハワイに住み始めて4年目です。一児の母です。ハワイの子育て事情などをお伝えしたいと思います。よろしくお願い致します。