2020年2月6日 公開

ケイ・インターナショナルスクールはどんな学校? 授業料や進学実績などを解説!

「世界で活躍できる子どもを育てたい」という親のニーズの高まりを受けて、日本のインターナショナルスクールに注目が集まっています。今回は、東京都江東区にある「ケイ・インターナショナルスクール」について、授業料や大学進学実績などを解説します。

ケイ・インターナショナルスクールとは

spass / Shutterstock.com

ケイ・インターナショナルスクール(K. International School / KIST)は、東京都江東区にあるインターナショナルスクールです。

1997年に設立され、2000年7月に東京都から学校法人として認可を受けました。

特定の宗教を基盤とせず男女共に通える共学校ということもあり、非常に人気が高い学校です。

幼稚部~高等部が設置されており、3歳~18歳の生徒が通っています。

外国籍の子どもだけでなく、国際的な教育を求める日本人家庭の子女も受け入れています。

CIS(Council of International Schools)の完全認可を授与されているため、12年の課程を修了した18歳以上の生徒には、大学入学資格(高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある者)が認められます。

所在地

学校の所在地は東京都江東区白河1-5-15です。

都営地下鉄大江戸線・東京メトロ半蔵門線の清澄白河駅から徒歩約1分、都営新宿線の森下駅から徒歩約6分と、東京だけでなく、千葉や神奈川からもアクセスしやすい場所に位置しています。

対象学年

幼稚園(kindergarten)~高校3年生(Grade 12)までの子どもが対象です。

生徒数

現在はおよそ600人の生徒が通っており、アメリカやイギリス、アフリカやインド、日本など、約50か国の国籍の生徒が在籍しています。

さまざまな国の生徒が在籍可能であるように、クラスバランスが考慮されています。

学校設備

2009年8月に完成した4階建ての校舎内には、教室や多目的室、受付などがあります。

人工芝の敷かれた運動場やコンピューター室、低学年専用のプレイグラウンド、さまざまなアクティビティに活用される屋上など、設備も充実しています。

どんな学校?

Billion Photos / Shutterstock.com

ケイ・インターナショナルスクールの教育理念やカリキュラムをみてみましょう。

教育理念

ケイ・インターナショナルスクールは「Learning for Life」をモットーに、下記のミッションを掲げています。
ケイ・インターナショナルスクール東京は、文化的社会的に多様な背景をもった学習意欲のある子どもたちに、安全で人を支える環境の中で、レベルの高い教育を提供し、国際社会に貢献する学力的にも人格的にも優れた有能な若者を育成することです。
また、次のようなビジョンを持っています。
ケイ・インターナショナルスクール東京は、すべての学習者が学問において優秀さを示し、他を思いやる気持ちを持ち、平和でより良い世界を作ることに貢献することを求めます。
学習意欲が高く、国際的視点を持った子どもに育てること、また特に言語力と数学力の向上を重視している点に特徴があります。

カリキュラム

ケイ・インターナショナルスクールは国際バカロレア(IB)認定校です。

国際バカロレア資格を取得すると、日本だけでなく、世界中の大学で入学資格の1つとして提出できます。

都内の学校としては唯一、3歳~5年生を対象とするプライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)、6~10年生を対象とするミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)、11~12年生を対象とするディプロマ・プログラム(DP)3つのプログラムを提供しています。

2015年度の卒業生は、45点満点のDP試験で約36点という高い平均点をマークし、2019年には平均点を約39点まで押し上げ、5,000校以上ある世界のIB校ランキングでトップ20入りを果たしています。

IBプログラムを通して、言語や数学、論文作成、研究発表など、大学でも十分に通用するだけのしっかりとした学力を養っていきます。

サポート

YAKOBCHUK VIACHESLAV / Shutterstock.com

ケイ・インターナショナルスクールでは、The Learning Enhancement Academic Program(LEAP)という学習向上プログラムを提供しています。

これは、必要に応じて、始業前と放課後に英語と算数の授業を追加で受けることができるというものです。

より高度な問題に取り組む、英語発展コースも用意されています。

また、英語を母国語としない生徒や、カリキュラムの内容についていくのが難しい生徒を対象に、英語サポートも実施されています。

学費

Lina Mo / Shutterstock.com

2020年8月~2021年6月の学費は次のとおりです。
志願(受験)時にかかる費用
入学検定料20,000円
入学時にかかる費用
入学金 300,000円
施設拡張費600,000円
毎年かかる費用
授業料1,950,000円〜
施設維持費100,000円
保護者会費2,000円(家族ごと)
その他各種検定料やキャンプ代、進学考査代などが都度かかります。

出願方法

smolaw / Shutterstock.com

出願手順は次のとおりです。

1. 空席状況の確認

4月入学希望ではない場合は、事前に学校に空席状況の確認が必要です。

2. オンラインで出願

学校のホームページから出願できます。

必要な書類は学年によって異なりますが、願書や家族写真、成績証明書、学校調査票などです。

3. 書類審査

提出された書類を元に書類審査が行われます。

4. インタビューと入学試験

書類審査に通過後、保護者インタビュー(学年によっては生徒のインタビューも)と試験が実施されます。

選考結果が出るまでにおよそ1週間かかります。

5. 学費支払い

合格された場合は、合格通知を受け取ってから1週間以内に決められた学費の支払いを行います。

卒業生の進路

Syda Productions / Shutterstock.com

ケイ・インターナショナルスクールは、次のような一流大学に多くの卒業生を輩出しています。

国内の大学

国際基督教大学、慶應義塾大学、立教大学、早稲田大学、東京大学など

海外の大学

メルボルン大学、スタンフォード大学、ケンブリッジ大学、ボストン大学など

学校説明会やスクールツアーに参加してみよう

Chinnapong / Shutterstock.com
ケイ・インターナショナルスクールでは例年10月に学校説明会が行われています。

参加対象は、翌年エレメンタリーとセカンダリーに入学を希望する子どもと家族です。

また、1年を通して英語、もしくは日本語でスクールツアー(学校見学)が実施されています。

教育理念やカリキュラムについての説明も受けられるため、ツアーを希望する場合は早めに予約をしておくとよいでしょう。

なお、スクールツアーの予約は学校のホームページから行えます。

受験を検討している方は、ぜひ足を運んで学校の空気を実際に感じてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【2020年度版】東京都 台東区のインターナショナルプリスクールまとめ

【2020年度版】東京都 台東区のインターナショナルプリスクールまとめ

早期英語教育への注目が高まっている中、インターナショナルプリスクールへの通学を考えるご家庭が増えています。この記事では、東京・台東区のインターナショナルプ...
【2020年版】東京都 墨田区のインターナショナルスクールまとめ

【2020年版】東京都 墨田区のインターナショナルスクールまとめ

早期英語教育への注目が高まっている中、インターナショナルプリスクールへの通学を考えるご家庭が増えています。この記事では、東京・墨田区のインターナショナルプ...
【2020年度版】東京都 世田谷区のインターナショナルプリスクールまとめ

【2020年度版】東京都 世田谷区のインターナショナルプリスクールまとめ

早期英語教育への注目が高まっている中、インターナショナルプリスクールへの通学を考えるご家庭が増えています。この記事では、東京・世田谷区のインターナショナル...
東京・西町インターナショナルスクールとは?特徴や学費も紹介!

東京・西町インターナショナルスクールとは?特徴や学費も紹介!

元麻布の名門校として知られる西町インターナショナルスクール。少人数制できめ細やかな指導が特徴で、英語力だけでなくさまざまな体験型授業、スポーツ、他校との交...
【取材】国際バカロレア認定の探究型学習「東京インターナショナルスクール」

【取材】国際バカロレア認定の探究型学習「東京インターナショナルスクール」

東京・港区にある「東京インターナショナルスクール」をご紹介。都心の学校で国際バカロレアの探究型学習を受けられるインターナショナルスクールとして注目を集めて...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!