2018年3月7日 公開

子どもが夢中になる仕掛けがいっぱい「はっけんずかん」

子どもの知りたいことに答えてくれる「図鑑」。はじめて購入する際、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。そんなときは学研の「はっけんずかん」がおすすめです。はっけんずかんには子どもが夢中になる仕掛けがいっぱい!きっとお子さまの好奇心を満たしてくれるでしょう。

はっけんずかんの魅力って?

小さなうちから図鑑を用意して、子どもの知的好奇心を育てたい!と考えるパパやママは多いのでは?でも小さな子どもにとって図鑑は、興味がある分野でない限り、退屈に感じるかもしれませんね。

学研の「はっけんずかん」は、単に写真や文章が載っているだけの図鑑ではありません。楽しい仕掛けやクイズがちりばめられ、お子さまが飽きずに楽しめるよう工夫が凝らされています。あまり興味がない分野のものでも、「見てみようかな」という気持ちになってくれるでしょう。

はじめて図鑑を手にするお子さまにも親しみやすそうですね。この図鑑の魅力をもっと知りたい方は、こちらの動画もご覧ください。

小学生になった仲良し兄弟brother4★いくま先生と「はっけんずかん」を使って楽しい授業をしよう!

子どもの食育にもぴったり

 (75622)

タイトル:はっけんずかん たべもの
著者  :さこももみ(絵)、渋川祥子(監修)
出版社 :学研
子どもにとって身近な「食べ物」。でも、食べ物がどのように作られるのかを目にする機会はそれほど多くないのではないでしょうか。

この本では、子どもがよく目にする食べ物がどのように作られているのかを、写真や楽しい仕掛けで確認できます。お菓子や料理が作られる工程を知ることで、さらにおいしく食べられそうですね。

好き嫌いが多いお子さまも、この本がきっかけで食べられるようになるものが増えるかもしれません。この本を見た後に親子でクッキングを楽しむと、より食育効果が高まるのではないでしょうか。

動物ともっと仲良くなりたいときに

 (75631)

タイトル:はっけんずかん どうぶつ 改訂版
著者  :今泉忠明(監修) 山口まさよし(絵)
出版社 :学研
この本は、身近な動物のことから珍しい動物のことまで、さまざまな動物の名前や生態を知ることができます。動物園に行った後などに、その日見た動物のことをこの図鑑で調べると、より印象に残ることでしょう。また、家で飼っているペットのことをより深く知ることで、さらに仲良くなれるかもしれません。

動物の生き生きとした生態がわかるので、動物が好きなお子さまはもちろん、動物が苦手なお子さまも動物に興味がわくきっかけになりそうです。

不思議な海の中の世界に興味津々

 (75670)

タイトル:はっけんずかん うみ 改訂版
著者  :西片拓史(絵)、武田正倫(監修)、河戸勝(監修)、今泉忠明(監修)
出版社 :学研
夏、子どもたちが楽しみにしていることといえば海水浴ですよね。でも海の中にはたくさんの生き物がいることや、それぞれどんな暮らしをしているのか、知らないお子さまもいるのではないでしょうか。

この本では、そんな不思議に満ちた海の中の生き物の生態をのぞくことができます。仕掛けをめくると魚が出てきたり、魚のえさが出てきたり。まるで自分が海の中にいて、さまざまなものを発見している気分になります。

ぜひ海に行く前にこの本を見せてあげてください。水遊びだけではなく、海の中の世界にもきっと興味を持ってくれますよ。

子どもと探検気分で虫探し

 (75674)

タイトル:はっけんずかん むし 新版
著者  :小堀文彦(絵)、海野和男(監修)
出版社 :学研
子ども、特に男の子は虫が大好き。虫あみを持って虫捕りに出かけたことがあるお子さまも多いのではないでしょうか。この本には、子どもにとって身近な虫や、人気の虫がたくさん載っています。

虫を捕まえた後にその虫のことを調べたら、もっと虫に興味がわくかもしれません。この本の中に載っている虫を、外で探してみるのも楽しそうですね。ぜひお子さまと一緒にこの本を見て、虫探しの旅に出かけてみてください。

外に出かけるきっかけに

 (75678)

タイトル:はっけんずかん しょくぶつ
著者  :澤田知恵子(絵)
出版社 :学研
家で遊ぶことが好きな、インドア派のお子さまにおすすめなのがこちら。お部屋にも楽しいことはたくさんありますが、「やっぱり子どもには元気に外で遊んでほしい!」というパパママは、お子さまとこの本を開いてみてください。

この本の中には、身近な植物の特徴や成長の仕方が載っています。本を見ながら「この植物を探しに行こう!」と誘ってみたら、外に出かけるきっかけになるかもしれません。

もちろん外に行くのが好きなお子さまにもぴったり。外出先で見た花や木などをこの本で調べると、植物に興味を持つきっかけになります。

はっけんずかんで好奇心を促して

子どもにとって、毎日の何気ない出来事も発見や疑問の連続です。はっけんずかんは、そんな子どもの好奇心を引き出し「もっと知りたい!」という気持ちにさせてくれます。窓あきの仕掛けをめくるのも楽しく、下に何が隠れていたか、目を輝かせてパパママに教えてくれるはず。パパやママも、意外と知らないことがあるかもしれませんね。ぜひお子さまと一緒に楽しんでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

本を読んでオリンピックの興味づけ!スポーツに関する絵本5選

本を読んでオリンピックの興味づけ!スポーツに関する絵本5選

2020年、東京でオリンピックが開催されます。自国開催はオリンピックを身近に感じられる貴重な機会であり、家族みんなで思いっきり楽しみたいもの。開催までに、...
脳医学者が16万人の脳画像から見た「賢い子」に育てる究極のコツとは?

脳医学者が16万人の脳画像から見た「賢い子」に育てる究極のコツとは?

『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ』は2016年4月発売以来、たちまちAmazonでもベストセラーに。売上は10万...
昆虫図鑑で子どもの好奇心を引きだそう!おすすめ5選

昆虫図鑑で子どもの好奇心を引きだそう!おすすめ5選

見なれない昆虫を見つけて、お子さまに「これは何?」と訊かれた経験はありませんか。「知らない」ですませてしまっては、子どもの好奇心はそこで終わってしまいます...
身の回りのことが楽しく学べる「せいかつ図鑑」おすすめ5選

身の回りのことが楽しく学べる「せいかつ図鑑」おすすめ5選

入園前や入学前に、お子さまに身の回りのことができるようになってほしいと願うパパやママは多いのではないでしょうか。そんなときに役立つのが「せいかつ図鑑」です...
深海の世界をもっと知りたい!を応援する本・図鑑5選

深海の世界をもっと知りたい!を応援する本・図鑑5選

ダイオウイカやダイオウグソクムシなど深海の生き物は子どもたちに大人気。一般的な海の生物と違い、直接生態を観察するのが難しい深海生物たちですが、本や図鑑を見...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。