2019年02月21日 公開

折り紙1枚でかっこいい「ドラゴン」を作ろう!簡単な折り方

アニメ・映画・小説などに主要キャラクターとして登場することも多い、伝説の生き物「ドラゴン」。子ども人気の高いドラゴンを折り紙で作ってみませんか。たった1枚の折り紙から、立体的でかっこいいドラゴンが完成します。子どもと一緒に作れる簡単な折り方を見てみましょう。

アニメ・映画・小説などに主要キャラクターとして登場することも多い、伝説の生き物「ドラゴン」。子ども人気の高いドラゴンを折り紙で作ってみませんか。たった1枚の折り紙から、立体的でかっこいいドラゴンが完成します。子どもと一緒に作れる簡単な折り方を見てみましょう。

ドラゴンを折って手先を鍛えよう

Photo by author (131024)

via Photo by author
折り紙で作るドラゴンには難易度の高いものも多く、折り紙を複数枚使うもの・大きいサイズの折り紙を必要とする作り方もあります。しかし折り方が複雑だと時間も長くかかり、子どもは途中で飽きてしまうでしょう。こちらでご紹介するのは「楽しく折れて」「最後まで完成できる」ドラゴンです。1枚の折り紙で、比較的簡単に作れます。

鶴・花・やっこさんなどよりは難しく工程も多いですが、手順を追って正確に折れば大丈夫。年長児~小学校低学年くらいだと、時間をかけて折れば1人でも完成させられそうです。幼児が折る場合はパパママが一緒に折る、または途中分からないところをアドバイスしてあげてください。適度な複雑さが、集中力・巧緻性・空間認識力のトレーニングになります。

立体的なドラゴンの折り方

 Photo by author (132277)

via Photo by author
必要な材料は、通常サイズの折り紙1枚だけ。お好みのカラー・柄で構いません。

折り手順

Photo by author (131076)

via Photo by author
1.折り紙の角と角を合わせて、写真のように三角形に折ります。

2.折り目をつけたら元に戻しましょう。

3.さきほどの折り目と交差するように、別の角同士を合わせて三角に折ります。

4.写真のように2本の対角線がつくはずです。

Photo by author (131027)

via Photo by author
5.長方形になるように半分に折って、折り目をつけます。

6.向きを変え、もう一度長方形に折って折り目をつけてください。

7.写真のような折り目がついていたらOKです。

8.三角形に折ります。

Photo by author (131028)

via Photo by author
9.折り目を利用して、右側へ内側に折り込みます。

10.小さな正方形と、三角形をくっつけたような形に。同様に左側も折り込みます。

11.写真のような四角形になります。

12.左右の角を中心の折り目に合わせて折りましょう。

Photo by author (131036)

via Photo by author
13.写真のような形になります。

14.裏側も12と同じように折ってください。

15.写真と同じ形になったら、しっかり折り目をつけます。

16.上に飛び出ている三角部分を内側に折りましょう。

Photo by author (131031)

via Photo by author
17.折り目をつけたら、一度元に戻します。

18.小さな正方形の状態に開いたら、下の角を写真のように開いてください。

19.折り目を利用して、中心に合うように左右を折ります。

20.両方折ると、写真のような細長いダイヤ形になるはず。

Photo by author (131032)

via Photo by author
21.そのまま裏返します。

22.同様に折り目を利用して、中心向かって左右を折りましょう。

23.ダイヤ形の上半分を、パタンと下に折り曲げます。

24.裏側も同様に、上半分を下に折り曲げてください。

Photo by author (131033)

via Photo by author
25.上の角を十字の中心に合わせて折ります。

26.折り目がしっかりついていることを確認。

27.写真のように持ったら、持っていない残りの2つの角を左右に引っ張り、中心部分が膨らむようにします。

28.写真のように立体的になるでしょう。

Photo by author (131034)

via Photo by author
29.折り目を活かして、写真のように内側へへこませていきます。

30.少し折りにくいですが、丁寧に折り込んで写真のような形にします。

31.横から見たときに、このような形に折れていればOKです。

32.中心線と十字の横線に合わせて、写真のように折ります。

Photo by author (131035)

via Photo by author
33.左右同じように折ります。

34.裏側も同様に。

35.写真のように下の角をめくります。

36.折り上げると、写真のような形になっているでしょう。

Photo by author (131037)

via Photo by author
37.裏返しして同様に折ってください。

38.折り上げた上側の部分を、写真のように十字に合わせて右に折り曲げます。

39.しっかり折り目をつけましょう。

40.同じパーツを、今度は左側に折り曲げます。

Photo by author (131038)

via Photo by author
41.写真のように、ななめにクロスする折り目がつきます。

42.ななめの折り目に沿って押さえます。折る方向はどちらでも構いません。

43.そのまま袋をつぶして折ります。

44.裏側も同様に38~44のように折りましょう。

Photo by author (131039)

via Photo by author
45.下側を左右ともに外側へ折り上げます。

46.しっかり折り目をつけてください。

47.まずは右側から、折り目を活かしして中割り折り(鶴のくちばしの折り方)します。

48.写真のような形になります。

Photo by author (131040)

via Photo by author
49.左側もズレないように中割り折りにしましょう。

50.しっかり折り目をつけて。

51.両方折れるとこの形になります。

52.右側に飛び出ている三角形をゆっくり開いてください。

Photo by author (131041)

via Photo by author
53.写真のように折ります。

54.しっかり折り目をつけて、下半分を後ろに折りましょう。

55.このような形になります。

56.左側も52~54の工程の繰り返しです。

Photo by author (131042)

via Photo by author
57.しっかり折り目をつけます。3つの山が連なっているような形になるはず。

58.角を拡大するとこのような形です。

59.小さな山の、上に飛び出ている部分を前面に被せるように折ります。

60.このような形になります。

Photo by author (131043)

via Photo by author
61.59~61の工程を残り3カ所(59で折った箇所の裏側・反対側の表裏)にも行いましょう。

62.折り被せた部分を一度戻し、手前の三角の部分に折り目を活かして折り込みます。

63.62の工程を他の3カ所にも行い、写真のような形にします。

64.前足となる部分を、写真のように後ろに折ります。

Photo by author (131044)

via Photo by author
65.首と顔を作ります。先ほど作った前足に近い位置で1回、中割り折りをして首を立ち上げましょう。

66.これで首ができあがり。

67.次は顔部分です。鶴のくちばしのように一度、中割り折りをします。その後、適度な角度をつけてもう一度中割り折り。くちばしを中割り折りをして、逆方向に突き出すイメージです。

68.上から見るとこのような形になります。

Photo by author (131045)

via Photo by author
69.翼部分を写真のように前側に折り曲げます。

70.後ろ足を後ろ側に折り曲げると、ドラゴンっぽくなってきました。

71.尻尾部分に指を入れて膨らまします。

72.写真のように根元を角ばらせましょう。

Photo by author (131046)

via Photo by author
73.角部分を前側に押しつぶして、写真のような段をつけてください。

74.同様に2カ所、上方に向かって段をつけます。小さなお子さまだと難しいかもしれません。パパママが手伝ってあげましょう。

75.ピンと上にあがったかっこいい尻尾ができたら、完成です。

76.上から見るとこんな形になります。

Photo by author (131047)

via Photo by author
7歳の手のひらに乗せたら、このくらいのサイズ感です。ブラック・シルバー・ネイビー・レッドなどで作るとかっこいいドラゴンに。パステル・ポップカラーで作ってもかわいくておすすめです。
Photo by author (131048)

via Photo by author
お手持ちのおもちゃと組み合わせて、ごっこ遊びも楽しそうです。安定感もあるのでハウスの中に立たせたり、屋根の上に置いたりすることもできます。

かんたんおりがみドラゴン編 パート1

ドラゴンの折り方を動画で確認できます。

難しいぶん折ったあとの達成感が大きい

今回ご紹介したドラゴンの作り方は、工程こそ多いものの比較的シンプルな折り方で、再現度の高いものが作れます。ドラゴンのイメージを、折り紙一枚で表現した立体作品とも言えるでしょう。

時間をかければ幼児から作れるため、「達成感」を得るのにはうってつけです。難しい手順は、パパママが手助けをしても問題ありません。工程通り丁寧に折ることが大きな達成感を生み出します。たった1枚の紙も、立体的なドラゴンになると愛着が湧くもの。ぜひ親子でチャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

AOTANAOAO AOTANAOAO 2015年よりライターと鞄・アパレル雑貨メーカーのWEBモデルの仕事をしています。Chiik!!では幼稚園入試、英語学童、インターナショナルスクール、親子で作れる知育玩具などの記事を執筆。 教育・健康・レジャー・ファッションなど、「日常生活がより豊かに楽しく送れる」ような情報記事を書いております。