2016年6月23日 公開

現地書店で大人気!イギリスの最新絵本ランキングTOP5

数々の名作文学を 生み出しているイギリス。子ども向けでもピーター・ラビットからハリー・ポッターまで、日本でも有名な作品が目白押しです。そんなイギリスのプレスクール(5歳未満)向け最新絵本ランキングを、有名書店ウォーターストーンズからお届けします。

ウォーターストーンズって?

ウォーターストーンズはイギリス唯一の大手書店チェーン。ロンドンだけでも50店舗近くあり、アイルランドやベルギー、オランダにも支店があります。また、絵本賞「ウォーターストーンズ・チルドレンズブック・プライズ」の開催や、難病と闘う子供たちを支援する 「レインボー・トラスト」への参加など、子どもへの関心が高いことでも知られています。

大型店舗では子ども向けにワンフロアが割かれているほか、カフェも併設されているので、一日中過ごせてしまいます。そんなウォーターストーンズの、2016年6月12日現在の最新絵本ランキングです。

第5位 The Dragon and the Nibblesome Knight

タイトル:The Dragon and the Nibblesome Knight
著者  :Elli Woollard, Benji Davies
出版社 :マクミラン

ドラゴンと男の子の友情物語

ドラゴンたちは人間のナイトをぱくりと食べちゃうのが大好き。4歳になったばかりのドラムは初めてのナイト狩りに出かけますが、途中で湖に落ちてしまいます。ドラムを助けてくれたのは 優しい男の子。しかし実は、その男の子はナイトになる訓練をしていたのです。 1匹と1人の友情は、そして2人の運命は、一体どうなってしまうのでしょうか。

友情の大切さを教えてくれるこの本は、新しいお友達ができる時期のお子様にぴったり! カラフルなドラゴンたちが目を引きます。

第4位 The Tiger Who Came to Tea

タイトル:The Tiger Who Came to Tea
著者  :Judith Kerr
出版社 :ハーパーコリンズ

おうちにトラがやってきた!

ソフィーとお母さんがお茶の準備をはじめると、お客様がやってきます。玄関へ出てみるとそこには大きなトラが!ごちそうしてくださいと言うトラと、ソフィーは一緒にお茶を楽しみますが、トラは次々に家にあるものを食べてしまいます。そこにお父さんが帰ってきて…。

今から30年以上前に発売されたロングセラー。 日本では「おちゃのじかんにきたとら」という名前で、読み聞かせや英語教材としても定番です。絵の具の優しいタッチやユーモラスなラストが一押しです。

第3位 STICK MAN

タイトル:Stick Man
著者  :Judith Kerr
出版社 :スカラスティック

おうちに帰りたいスティックマンのお話

木の枝でできたスティックマンは、奥さんと3人の子どもと、木のおうちで幸せに暮らしています。しかし外には危険がいっぱい。犬にくわえられてしまったり 、子どもに振り回されたり……ある日、スティックマンは川に流されて、とても遠いところに来てしまいます。果たしてスティックマンは無事におうちに帰れるのでしょうか。

普段何気なく目にする木の枝が動き出したら……?日常をファンタジーに変えてくれるこの本は、昨年、映画化もされた人気作。四季の移り変わりの描写も美しく、大人も楽しめる絵本です。

第2位 The Day the Crayons Quit

タイトル:The Day the Crayons Quit
著者  :Drew Daywalt, Oliver Jeffers
出版社 :ハーパーコリンズ

クレヨンたちのお悩み相談

お絵描きの大好きなダンカンがクレヨンの箱を開けると、そこにはクレヨンたちからの手紙が。クレヨンたちはみんな、色を塗るのをやめたいと言い出したのです。ベージュはいつも茶色ばかり使われるのが悔しくて、青色は水ばかり塗るのに疲れたと言います。ピンクは、ダンカンにもっと使って欲しいと訴えます。ダンカンはクレヨンたちと仲直りするために奮闘します。

2013年に米ニューヨーク・タイムズでベストセラー1位に輝いた本作。子どものタッチで描かれた手紙と絵が魅力的で、クレヨンとお絵描きがもっと好きになる1冊です。

第1位 Oi Frog!

タイトル:Oi Frog!
著者  :Kes Gray, Jim Field
出版社 :ハシェット

リズミカルに動物の英語名を覚えよう!

動物たちがいろいろなところに座っています。ライオン(Lion)はアイロン(Iron)の上に、オウム(Parrot)はニンジン(Carrot)の上に、モグラ(Mole)はポール(Pole)の上に……では、カエル(Frog)はどこに座るのでしょうか?英語の韻を使った面白おかしな物語。

第1位に輝いたのは、14万部を売り上げた大ヒット作。 リズミカルな文章とさまざまな動物たちは、英語に慣れ親しむ第1歩にぴったりです。 続編の”Oi Dog”も、2016年10月の発売が決定しています。

イギリスで親しまれている絵本を日本で

イギリスの子どもたちが楽しんでいるこれらの絵本。実は日本でも簡単に手に入れることができます。電子書籍版が販売されているものもありますので、タブレット端末で気軽に楽しむのもいいかもしれません。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
絵本の読み聞かせを習慣に!メリットと長く続けるコツ

絵本の読み聞かせを習慣に!メリットと長く続けるコツ

カナダ在住の筆者は、息子の日本語の発達を考え、0歳の頃から絵本の読み聞かせをスタート。おかげで、息子は現在3カ国語を操るマルチリンガルに。その経験から、絵...
LOA

WRITER

Sakiko Sakiko  在英5年目の経済・教育ライター。東京都港区育ち。幼稚園より雙葉学園に通い、慶應義塾大学法学部に進学。大学卒業後は出版関連企業に3年従事した後、渡英。ロンドンの大学院にて出版ビジネスを学び、現在もロンドンで暮らしています。紅茶とバラの国から、お子さんの明日につながる記事をお届けします!