2017年4月23日 公開

子ども料金は無料!東京の屋外イベントで「こどもの日」を楽しもう!

毎年、子どもが主役になる「こどもの日」。東京でも、子どもが無料で楽しめるイベントが数多く開催されます。過ごしやすい時期ですから、普段は忙しいパパママやお子さまも、外でのんびり過ごす時間にしたいですよね。そこで、家族でのお出かけにもおすすめのイベントをご紹介します。

芝生でのんびり過ごす「ミッドパーク ライブラリー」

File:Midtown Garden View 201306.jpg - Wikimedia Commons (45700)

Wing1990hk/CC BY 3.0)
「ミッドパーク ライブラリー」は、都会の真ん中で初夏の風を感じながら、芝生の上で本との出合いを楽しむイベントです。

東京ミッドタウンの10周年記念イベントのテーマ「JAPAN, THE BEAUTIFUL」に合わせて、50のキーワードで本をセレクト。無料で貸し出されるバスケットには、本が3冊ずつ入っています。
読書に疲れたらうたた寝するもよし、裸足で芝生の感触を楽しむもよし、と気ままな時間が過ごせます。
【開催日時】
「ミッドパーク ライブラリー」
4月29日~5月7日 午前11:00~午後5:00(雨天中止)

【入場料】
無料

【所在地】
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン芝生広場周辺
東京都港区赤坂9-7-1

【アクセス】
・都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅に直結
・駐車場 10分100円

「文京つつじまつり」を親子で楽しもう!

File:AzaleaFestivalNezuJinja.jpg - Wikimedia Commons (45701)

Peachbird/CC BY-SA 3.0
根津神社境内にある2,000坪ものつつじ苑では、約100種、3,000株のツツジが見頃を迎えます。期間中は植木市や骨董市だけでなく、甘酒茶屋や露店なども並びます。

「こどもの日」はちょうどイベントの最終日。お弁当を持参して、親子でのんびりと過ごすのもおすすめです。
【開催日時】
「文京つつじまつり」
4月8日~5月5日 午前9:00~午後5:30

【入苑料】
入苑寄進料 200円
(引率のある小学生以下は無料)

【所在地】
根津神社
東京都文京区根津1-28-9

【アクセス】
・東京メトロ千代田線千駄木駅、根津駅 徒歩5分
・東京メトロ南北線東大前駅 徒歩5分

・駐車場 なし

お台場でメキシコを味わう「シンコ・デ・マヨ」

 (50155)

Nesnad/CC BY-SA 3.0
日本ではこどもの日である「5月5日」のことを、スペイン語では「シンコ・デ・マヨ」といいます。メキシコがフランス軍を撃退したことを記念するもので、メキシコやアメリカでは、古くからこの日を祝うイベントが開かれてきたそうです。2013年に、日本へ初上陸しました。

北米、中米、南米各国の料理やドリンクに舌鼓を打ちながら、サンバやサルサ、ロック、ジャズなどのパフォーマンスを楽しむことができます。飲食代はもちろんかかりますが、入場は無料というのが家族連れに嬉しいポイントです。お子さまと一緒に、国際色豊かなイベントを訪れてみてはいかがでしょうか。
【開催日時】
「シンコ・デ・マヨ2017」
5月4日~6日 午前10:00~午後9:00

【入場料】
無料

【所在地】
お台場 夢の広場
東京都江東区青海1-3-12

【アクセス】
・りんかい線東京テレポート駅 徒歩1分
・ゆりかもめ線青海駅 徒歩2分

・駐車場
近隣駐車場を利用可能

美しい花と芝生を楽しむ国営昭和記念公園

 (50157)

kaz_gf/CC BY 2.1 JP
春の訪れとともに、3月下旬から国営昭和記念公園で開催されている「フラワーフェスティバル」。約1,500本のサクラを皮切りに、ナノハナやチューリップ、ムスカリ、ポピーなど、時期によってさまざまな花を楽しむことができます。

「こどもの日」には、中学生以下の入園料が無料になります。こいのぼりを作ったり、パークスタッフになってみたりと、子ども向けのイベントも多数開催(事前申込が必要なものもあります)。家族で訪れるのにピッタリなスポットです。
【開催期間】
「フラワーフェスティバル」3月25日~5月28日

【開園時間】
午前9:30~午後5:00(4月以降の土日祝は午後6:00まで)

【入園料】
大人410円 小・中学生80円
※こどもの日は中学生以下無料(4月29日、5月21日はすべての人が無料)

【所在地】
国営昭和記念公園
東京都立川市緑町3173

【アクセス】
・JR中央線立川駅 徒歩10分
・多摩都市モノレール立川北駅 徒歩8分

・駐車場 820円

「こどもの日」は風を感じられる緑豊かなスポットで

ゴールデンウィークでもある「こどもの日」には、さまざまなイベントが開催されます。いつもは入場料が必要なスポットでも、この日は子ども料金が無料になることも。首都圏では、お子さまがのびのびと過ごせる屋外でのイベントが意外とたくさん行われていますから、家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

この夏は絵本イベントへ!2018年首都圏開催イベント『絵本はお友だち』Vol.01

この夏は絵本イベントへ!2018年首都圏開催イベント『絵本はお友だち』Vol.01

ママ絵本作家のほんえすんです。ママ・パパにとって子育てが楽しくなる絵本情報を連載『絵本はお友だち』としてお届けしていきます。第1回目はこの夏に開催されてい...
都内の子ども無料スポットで「こどもの日」をお得に過ごそう!

都内の子ども無料スポットで「こどもの日」をお得に過ごそう!

東京には「こどもの日」に子ども料金が無料になるスポットがいくつもあります。節約できた分は他にまわして、有意義なひとときを過ごしましょう!人気の動物園や水族...
子どもの日は東京のこいのぼりイベントに行こう!

子どもの日は東京のこいのぼりイベントに行こう!

こどもの日の象徴である「こいのぼり」。最近は大きなこいのぼりを目にする機会も少なくなってきましたね。家のベランダに小さなこいのぼりを飾るのもいいですが、せ...
【首都圏】家族で過ごすクリスマスイベント2016!

【首都圏】家族で過ごすクリスマスイベント2016!

今年もクリスマスのシーズンが近づいてまいりました!イルミネーションやプレゼントなど子どものテンションは天井知らずでしょう。そこでここでは2016年のクリス...
日本最大の本の祭典「東京国際ブックフェア」に行こう!

日本最大の本の祭典「東京国際ブックフェア」に行こう!

9月23日~25日、東京ビッグサイトにて、東京国際ブックフェアが開催されます。今年は子どもと楽しめる、魅力的なイベントが盛りだくさん。また、あらゆるジャン...

WRITER

youko youko  子どもは私にとってキラキラと輝く宝石のような存在です。 それを磨いて上げるのが親の役目。 未熟者ですが日々子育て頑張ります!