2018年2月28日 公開

赤ちゃんの人見知りはいつまで?理由や人に慣れるための対処法

成長の過程で見られる赤ちゃんの激しい人見知り。悩んでいるパパママも多いでしょう。赤ちゃんの人見知りはいつごろまで続くのでしょうか?人見知りする理由や慣れる方法など、知っているようで知らない赤ちゃんの人見知りについてご紹介します。

人見知りする子としない子の違い

仲良しな姉妹|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (83900)

同じ月齢の赤ちゃんでも、人見知りする子どももいればしない子どももいます。赤ちゃんの人見知りはその子ども自身の性格のほか、パパママの交友関係をはじめとする環境が与える影響も大きいのだとか。

人見知りが始まると、おじいちゃんやおばあちゃん、友達のパパママや、さらには普段家にいることの少ないパパなど、ママ以外の大人に対して泣いたり嫌がったりする素振りを見せます。逆に人見知りをしない子は、だれに抱かれてもにこにこしていて動じないことが多いです。

人に対する反応は、子どもの個性と受け止めて、「いつか治まるから大丈夫」とゆったりとした気持ちで子育てしましょう。人見知りをする赤ちゃんを見てパパママが不安そうな表情をすると、それを敏感に感じ取った赤ちゃんが不安になって泣き出してしまっている、というケースもあります。

いつから人見知りが始まる?

赤ちゃんの泣き顔 3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (83895)

人見知りは、生後6カ月頃から始まるのが一般的です。この時期は、いつもお世話をしてくれるパパママに愛着を持ち始める頃。保育園など慣れた場所が認識し始め、反対に見知らぬ人や知らない場所などの区別もできるようになります。

人見知りは、脳の記憶力が育ってきた証拠だとも言えるのです。赤ちゃんの心のなかで、周りに対する興味と警戒心の入り混じった複雑な葛藤が生まれることが、人見知りにつながるとされています。

赤ちゃんの成長は非常に個人差が大きいもの。生後3~4カ月で人見知りしだす子どももいれば、2歳過ぎからのケースなどもあります。まったく人見知りしない子どもや、人見知りしていてもあまり表に出さず、大人に気づかれにくい子どももいるなど、現れ方も千差万別です。

人見知りを治すには?

悩む女性|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (83899)

人見知りは記憶力や個性の成長により起こる現象なので、その場ですぐに治す方法はありません。しかし、家族以外の人に会う機会を増やしたり、さまざまな経験をさせてあげたりすることで、新しいことへの不安も薄くなっていきます。

とはいえ、赤ちゃんが人見知りをする時期は、「泣くと相手に申し訳ない」という気持ちからパパママが人と会うことを避けてしまうことも。

そんなときは、祖父母など身近な相手に「赤ちゃんが人見知りの時期」ということを事前に伝えたうえで、会う機会をつくってみましょう。周囲に協力をお願いすることで、パパママの心労も少しは減らすことができるかもしれません。

祖父母やパパにも人見知りする?

うつ伏せ赤ちゃん|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (83897)

おじいちゃんやおばあちゃんに人見知りをする赤ちゃんもたくさんいます。会う機会が少ないと、赤ちゃんが顔を忘れてしまうのです。これまで抱っこされても笑顔だった赤ちゃんが、突然祖父母にも人見知りを始めるということも珍しくありません。

パパよりもママと過ごす時間が長い場合は、パパに対して人見知りするということも。このようなケースは、よくお世話をしてくれる人との愛情をより深めたいという行動の現れとも言われています。

特定の人・場所に人見知りする場合は?

母子|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (83896)

特定の人や場所に対して人見知りをしているものの、原因が分からないと対応に困ってしまいます。かといって、無理に慣れさせようとする必要はありません。

「安心していいよ」「○○ちゃんのこと大好きって思ってくれている人だよ」など様子を見ながら声かけをして、抱っこなどで赤ちゃんが落ち着くのを待ちましょう。

人見知りが激しい場合の対処法

ヒント|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (83898)

激しい人見知りの場合は、赤ちゃんが落ち着ける場所で人に会うことに慣れさせましょう。たとえば祖父母が赤ちゃんに会うときは、赤ちゃんを連れて出るのではなく、祖父母に家へ来てもらいます。慣れ親しんだ場所で一緒に時間を過ごす方が、赤ちゃんにとって負担が少ないでしょう。

パパママだけで悩んで家に閉じこもっていては、赤ちゃんに外の世界を学ぶ大切なチャンスを与えてあげることができません。友人や先輩ママ、保健師さんに人見知りの対策や乗り越え方を相談するのもよい方法です。

人見知りは、多くの赤ちゃんが成長過程で経験します。デリケートに構え過ぎず、パパママがストレスをためないようにすることも、人見知りの対処には大切です。

子どもの成長を見守ろう

大切な人の前で赤ちゃんが人見知りをしてしまうと、パパママは対処に困ってしまうものです。しかし、人見知りは赤ちゃんの脳や心が成長している証拠。あまり気負いせずに、ゆったりと構えることが上手に乗り越えるポイントです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

メンタルリープを知って育児中の不安を解消【基礎知識と対処法】

メンタルリープを知って育児中の不安を解消【基礎知識と対処法】

メンタルリープという言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの度重なるぐずりや不機嫌に、不安やイライラを抱えているパパママは注目。メンタルリープが理解で...
ハイローチェアはいつから使う?目的別選び方とおすすめ7選

ハイローチェアはいつから使う?目的別選び方とおすすめ7選

小さな赤ちゃんがいる家庭で重宝するハイローチェア。ハイローチェアがあるとどのような点で便利なのか、使用できる時期やオススメ商品とともにご紹介します。ハイロ...
おんぶ紐で家事も楽々♪使用するメリットやおすすめ商品は?

おんぶ紐で家事も楽々♪使用するメリットやおすすめ商品は?

おんぶ紐の利便性が最近、見直されてきています。赤ちゃんと密着したまま家事ができる便利なおんぶ紐は、いつからどんなときに使えるのでしょうか?また、おんぶ紐に...
赤ちゃん用の「くし」はどう使う?扱い方とおすすめ5選を紹介

赤ちゃん用の「くし」はどう使う?扱い方とおすすめ5選を紹介

放っておくと絡まって、毛玉になるほど柔らかい赤ちゃんの髪の毛。柔らかな髪は専用のくしやブラシを使って、丁寧にケアすることをおすすめします。今回は赤ちゃん用...
うどんの離乳食はいつからOK?赤ちゃんにおすすめは生麺タイプ

うどんの離乳食はいつからOK?赤ちゃんにおすすめは生麺タイプ

赤ちゃんが大好きなうどんは、離乳食の強い味方。すぐに準備できるので、パパママにはうれしい食材です。小麦アレルギーや塩分などに気をつければ、離乳食の初期から...

KEYWORDS

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー