2016年04月15日 公開

春が来たよ♪埼玉のタンポポが咲いているスポットをご紹介!

春の息吹を感じたらタンポポを探しにおでかけしてみませんか?埼玉県内にあるタンポポのスポットをご紹介します。新緑のグリーンシャワーを浴びて心も体も元気になりましょう。最後にタンポポを身近に感じられる可愛い絵本もご紹介します。

春の息吹を感じたらタンポポを探しにおでかけしてみませんか?埼玉県内にあるタンポポのスポットをご紹介します。新緑のグリーンシャワーを浴びて心も体も元気になりましょう。最後にタンポポを身近に感じられる可愛い絵本もご紹介します。

埼玉のタンポポスポット①秋ヶ瀬公園

埼玉県さいたま市 秋ヶ瀬公園: 公園をめぐる (1656)

河川敷の土手で可愛いタンポポに出会えます。松林の松ぼっくりが落ちていたり、ホシノヒトミやハナニラの姿も見られるかも知れません。ソリを持って行って土手を豪快に滑ってみるのも楽しいですよ。童心に返ってお子さまと一緒にどうですか?雑木林には野鳥のさえずりが聞こえます。
【アクセス情報】
・駐車台数
  977台
・電車
  JR埼京線「中浦和駅」から秋ヶ瀬緑道で徒歩30分
  JR武蔵野線「西浦和駅」から徒歩20分
・バス
  JR浦和駅西口から志木行バスで「さくら草公園」下車 徒歩3分
  JR浦和駅西口から大久保浄水場行バスで「道場」または「下大久保」下車 徒歩15分

埼玉のタンポポスポット②美の山公園

美の山公園 - 皆野町観光協会 (1659)

県立の自然公園でカントウタンポポをはじめ多くの植物の姿が見られます。芝生広場があり思いっきり体を動かして遊ぶことができるのも魅力です。ペット同伴OKの公園なので、ワンちゃんも一緒に遊べるのがおすすめのポイントです!秩父市街地や周辺の山々が見渡せ、深呼吸の気持ちいい公園です。
【アクセス情報】

(お車の場合)
・花園方面から
   関越自動車道・花園インターチェンジから、国道140号を秩父方面へ約20km(40分)
   →皆野町役場交差点を左折、約7km(15分)
・飯能方面から
   国道299号・上野町交差点を右折、国道140号を長瀞方面へ約5km(10分)
   →美の山入口交差点を右折、約7km(15分)

(タクシー利用の場合)
・皆野駅からタクシーで約20分(片道料金約2,500円)

埼玉のタンポポスポット③彩の森入間公園

彩の森入間公園 : 弁当持参 (1662)

芝生広場や多目的広場でタンポポを見つけることができます。園内には、幼児用の遊具が設置されているコバトン広場や公園のシンボルである時間帯によって色々な水しぶきのダンスが楽しめる噴水や、せせらぎがあり一日楽しめる公園です。
【アクセス情報】
(電車の場合)
・西武池袋線「入間市駅」から徒歩15分

(車)
・首都圏中央連絡道路入間ICから国道463号を所沢方面へ約5km

埼玉のタンポポスポット④航空記念公園

所沢航空記念公園の「航空発祥記念館」にて日本の航空史を知る 白象の気まぐれコラム/ウェブリブログ (1665)

園内の小道や雑木林の中を探検してタンポポを見付けてみましょう。園内にはバッテリーカーやドックランなどがあります。

また、茶室で厳かな雰囲気を味わってみても楽しめます。休日には、さまざまなイベントや催し物などが開催されていますので、イベント情報を活用するのがおすすめです。

【アクセス情報】
(お車の場合)
  関越自動車道所沢ICから国道463号を所沢市街方向へ6km

(電車の場合)
  西武新宿線航空公園駅から徒歩すぐ

タンポポ探しの前に読んでいただきたい絵本

Amazon.co.jp : たんぽぽ (おはなしプレゼント) : 丘 修三, 長野 ヒデ子 : 本 (1668)

タイトル:たんぽぽ
著者  :丘 修三 (著), 長野 ヒデ子 (イラスト)
出版社 :小峰書店
タンポポ探しの前に読んでいただきたい絵本が、小峰書店から出版されている丘修三さんの絵本。

長野ヒデ子さんの優しい絵がとても印象的な絵本です。タンポポをはじめピッピ、テントウムシ、九官鳥などのお話し8編です。何気ない物語ですが、共感できるお話しばかりでひき込まれます。

タンポポ探しの参考に

無料の写真: タンポポ, 黄色, スプリング, 先の尖った花, 牧草地, 黄色の花 - Pixabayの無料画像 - 737605 (1671)

昔から子どもたちの身近にあるタンポポは、大人になるとなかなか気に留めなくなってしまいますね。普段から利用している公園や、今回ご紹介した公園で元気に育つタンポポを観察してみましょう。新しい発見が待っているかも知れません。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

KEYWORDS

WRITER

こーさ こーさ