2019年2月8日 公開

学童終了後の居場所は?共働き家庭が「小4の壁」を乗り越える鍵

子どもが小学校4年生になると、学童保育の受け入れ制限などにより放課後に安心して過ごせる場所がなくなってしまう……!共働き家庭がぶち当たる「小4の壁」は、放課後の生活面での問題も大きな要素となっています。考えられる対策や親の心構えなどをまとめました。

学童終了?!放課後の生活はどうする?

maroke / Shutterstock.com

共働き家庭の場合、子どもが小学校に上がると同時に時短勤務が終了する方も多くいます。すんなりと学童保育に入れれば安心ですが、昨今では学童保育の空きがないという地域も増えています。この放課後の子どもの預け先の問題は「小1の壁」のひとつとして、共働き家庭に重くのしかかってきます。

そして試行錯誤して「小1の壁」を乗り越えたと思った矢先、「小4の壁」という新しい問題に直面する家庭もあります。

2015年に児童福祉法が改定され、学童保育はそれまで「小学校に就学しているおおむね10歳未満の児童」を対象としていましたが「小学校に就学している児童」全てが対象となりました。

しかし、未だに多くの地域では定員の関係で受け入れが小学3年生までの学童が多く、小学4年生からは放課後は一人で留守番せざるを得ない子どもが出てきます。

さらに、夏休みなど長期休みをどうするかという問題も。長い期間、日中は子どもだけで過ごさなくてはいけないとなると、生活面での心配事も増えてしまいます。

学童の受け入れがあっても子どもが嫌がる場合も

milata / Shutterstock.com

学童の受け入れが全学年対象の場合でも、成長に伴い、さまざまな理由から子ども自身が学童に行きたくないと意思表示をするケースがあります。

9〜10歳の子どもは「ギャングエイジ」と呼ばれる世代です。この頃から特定の友達やグループと好んで付き合うようになり、仲間意識が強く芽生えるようになります。

それが放課後の過ごし方にも影響が出てくるといわれています。これまで、当たり前のように学童に通っていたのに、仲良しグループの友達が学童にいない場合は行くのを嫌がることがあります。

また、自分より年下の児童が多いと学童に行くのがつまらなく感じてしまい、嫌がることも。子どもの希望と家庭の事情を鑑みて、学童を続けていくかどうかを考える必要があります。

放課後の過ごし方の工夫

T.TATSU / Shutterstock.com

学童に行かなくなった場合、放課後はどのように過ごさせたら良いのでしょうか。まず考えられるのが、新しく習い事をはじめるか増やす方法です。

サッカーや体操などのスポーツ、そろばん、ピアノ、習字。近頃ではプログラミング教室などもあります。また、中学校受験を視野に入れている家庭では、この時期から塾通いをさせることも多いようです。

習い事に一人で通わせる場合は、子どもが自分でスケジュール管理をする必要があります。何曜日はどの習い事でどこに通うかをきちんと把握し、開始時間に遅れないよう時間を読みながら行動しなければいけません。

最初は、スケジュールを書いたボードを使ったり手助けしてあげると良いかもしれません。一人でできるか心配な面もありますが、自己管理能力を育てる絶好の機会にもなります。

毎日、放課後を習い事で埋めることも考えられますが、それでは子どもも疲れてしまいます。子どもの様子を見ながら、親子でよく相談して決めたいですね。

共働き家庭の長期休みの過ごし方

KPG_Payless / Shutterstock.com

学童終了後、もう一つの大きな悩みは長期休みです。日々の放課後とは比べものにならないくらいの長時間、子どもだけで過ごす必要が出てきます。

親のいない間、どのように過ごさせるかしっかりと考えておかなくてはいけません。祖父母の家に長期間預ける家庭もあれば、民間学童に一時的に通わせる、サマーキャンプに参加させるなど試行錯誤している家庭が多いようです。

他にも、地域でやっている夏休みプログラムや校庭開放にプール開放、児童館などに毎日行かせる家庭も。

悩みの種でもある長期休みですが、この時期だからこそできること、身につけられることがあるので、有意義なものに変えられるといいですね。

一人で過ごす場合は親子での約束事が不可欠

Heavenman / Shutterstock.com

放課後や長期休み中は子どもが一人で過ごす時間が増えるだけに、過ごし方のルールを親子でしっかりと決めておかなければいけません。

たとえば不用意に鍵を出さない、家に入るときは中に誰もいなくても「ただいま」と言いながら扉を開ける、近隣の危険な場所には近寄らないようにするなど、身を守るためのルールを親子で話し合っておきましょう。

また、お友達のお家で遊ぶことも多々出てくると思います。その際、相手のお家に失礼がないように最低限の礼儀作法なども身につけておきたいです。

最初はお互い不安ですが、その中でいろいろなことを乗り切り自分でできることも増えるでしょう。日頃から、親子でしっかりとコミュニケーションを取り、家庭の方針・ルールをきちんと共有しておくことが安全・安心に繋がります。

任せられることは任せる!子どもを信じることも大切

kwanchai.c / Shutterstock.com

共働き世帯が直面する「小4の壁」は、放課後の居場所や過ごし方など生活面に関わることも多いです。お留守番や習い事までの往復を、子どもだけでさせるのは不安だと思います。しかし、子どもを信じて任せてみると、危ない目に合わないためにはどうしたらいいか、時間通り習い事に通うにはどうしたらいいかなど、子どもは自分でしっかり考えて行動するようになります。

心配はつきものですが、親子でよく話し合ってルールを決め、少しずつ子どもに「自分で」やらせることを増やしていく。それが、生活面における「小4の壁」を乗り越えることに繋がるのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

思春期の入り口に立つ「小4の壁」を支えるために親ができること

思春期の入り口に立つ「小4の壁」を支えるために親ができること

9~10歳の子どもは、心身の成長に伴い、対応が難しいと思う場面も増えますが、子どもの精神的な変化に動揺せずどしんと構えることが大切。精神面の「小4の壁」で...
ベッドメイクは時短を実現!ラクして快適な寝室を手に入れるには?「らくピタ」を3家族で試してみた。

ベッドメイクは時短を実現!ラクして快適な寝室を手に入れるには?「らくピタ」を3家族で試してみた。

共働き世帯も増えた現代では、便利な家電やアウトソースでどんどん家事を時短化するのが主流!とはいえ、毎日しなくてはいけないちょっとした「家事」はなかなか効率...
習い事で注目のプログラミング教室!算数が得意になるメリットも

習い事で注目のプログラミング教室!算数が得意になるメリットも

プログラミング教室が子どもの習い事として注目を集めています。実際のプログラミング教室とは、どのような講座なのでしょうか?受講するメリットやデメリット、教室...
【小学生の習い事】男女ともに断トツは水泳!学習系も根強い人気

【小学生の習い事】男女ともに断トツは水泳!学習系も根強い人気

小学生になると、習い事に通い出す子どもが増えます。「何か習わせてあげたいけれど、人気の習い事はどれだろう?」と考えているパパママも多いのではないでしょうか...
学習面の「小4の壁」!?算数でつまずく理由と考える力の鍛え方

学習面の「小4の壁」!?算数でつまずく理由と考える力の鍛え方

「小4の壁」は「9歳の壁」「10歳の壁」とも呼ばれ、小学生の子を持つ保護者には目下の悩みかもしれません。学習面、精神面、生活面と一筋縄ではいかない「小4の...

WRITER

ねんねこ ねんねこ  東京在住。2人の男の子を育てています。自身の幼稚園・小学校受験の経験を活かして、日々子どもと無理のない知育活動を楽しんでいます。絵本が好きなので、親子で図書館通いが趣味です。ブックログをつけるのが楽しみ!教育だけでなく、おでかけ、おしゃれ、ハンドメイド、サブカル、音楽など好きなことには貪欲に生きています。