2017年5月7日 公開

算数のセンスを鍛える!100均オススメアイテム10

算数を苦手と感じる小学生は多いようです。手軽に手にはいるおもちゃや道具を活用して遊びながら「算数のセンス」を未就学児のうちから鍛えて、自然と算数が好きな子に育ってほしいですね。算数のセンスを鍛えるためのポイントと、実際に使ってみてよかった100円ショップで手にはいるおすすめアイテムをご紹介します。

算数の好き・嫌いは二極化している

 (50053)

granata68 / Shutterstock.com
学研教育総合研究所が2016年9月に調べた調査によると、小学生の最も嫌いな科目は4年連続で「算数」になったそうです。

一方で、一番大好きな科目も「算数」となっていて、子どもたちの中で算数が好きな子と嫌いな子の二極化が進んでいると考えられます。

小学生白書Web版 学研教育総合研究所|学研

小学生白書Web版 学研教育総合研究所|学研
学研版『小学生白書』2016年9月調査の結果です。

「算数のセンス」を伸ばすには?

算数を苦手だと感じさせないために、子どもの数字や図形に対する感覚、つまり「算数のセンス」を鍛えてあげるにはどうしたらいいでしょうか。

算数の力を伸ばすというと、計算問題をたくさん解かせるようなイメージがあるかもしれませんが、日常生活や遊びの延長で、算数のセンスを鍛える方法はたくさんあります。

「数字」に親しむ

 (50054)

Syda Productions / Shutterstock.com
生活の中に出てくるさまざまな「数」に、興味が持てるような環境作りを心がけます。「重さはどのくらい?」「これはいくら?」「5つあるお菓子を2つ食べたら、残りはいくつ?」など、数を必要とする場面は多いものです。

さまざまな場面で「数」が登場するということをまず教えて、子どもの数に対する好奇心を養いましょう。

時間の概念を学ぶ

 (50055)

BrAt82 / Shutterstock.com
子どもがまだ時計をよむことができなくても、「あと10分よ」「時計の長い針が上まで来たらお片付けしましょう」「30分ならテレビをみてもいいよ」といった呼びかけを親がしていくことはできます。

生活をしていく上で、「時間」という概念がとても大切なこと、時間は時計を見るとわかることを、最初に教えていきましょう。

時間について興味関心が深まることで、小学校で学ぶ「速度」などの計算も、実感を伴って理解することができるようになります。

幾何学的センスを身につける

 (50056)

natalia bulatova / Shutterstock.com
算数のセンスで欠かせないのが、空間認識能力や図形の法則などを把握する力です。

こういった幾何学的センスを身につけるには、「物の形のおもしろさ」を子どもに自ら気づいてもらうのが一番です。

積み木やブロックなど、形を積み上げたりあてはめたりする遊びは、その土台作りにぴったりです。

算数のセンスが鍛えられる100均アイテム10選

それでは、算数のセンスを養うことができる、100円ショップのアイテムをご紹介します!遊びながら楽しく学べるものがそろっていますよ。

1. おもちゃのお金

photo by author (49975)

via photo by author
お買い物ごっこに最適なおもちゃのお金です。「物を買ったり売ったりするときはお金を使う」ということが理解でき、「おつり」の仕組みについても興味を持てるようになります。

2. 計量カップ

photo by author (49978)

via photo by author
重さや量の概念を理解するには、自分で体感してみるのが一番です。100円ショップなら、子どもの手にもちょうどいい、小さめの軽量カップがたくさん売られています。

筆者の子どもはこの軽量カップをお風呂に持ち込んで、「200mlぴったりに水を入れる」ことにしばらく夢中になりました。そのおかげか、小学校1年生になった今では、200mlの牛乳をはかってホットケーキを作る、といったこともできるようになりました。

3. はかり

photo by author (49982)

via photo by author
正確な計量は難しいかもしれませんが、はかりのおもちゃも売られていました。ものには「軽さ」「重さ」があること、それは数字で表すことができることなどを遊びながら学べます。

4. おはじき

photo by author (49986)

via photo by author
小学校の算数セットでも採用されているおはじき。簡単な足し算・引き算について教えるときにとても便利なものです。

小さなガラス玉を並べると、いくつあるのか数えるのに熱中する子もいます。遊びながら、「5つ並べたおはじきを、2つ取ったら残りはいくつ?」と聞いてみたりするのも楽しいですよ。

5. 算数ポスター

photo by author (49989)

via photo by author
100円ショップにはさまざまな学習ポスターが売られています。壁に貼ることができるものや、お風呂に貼ることができるものなどがあるので、生活スタイルに合わせて利用してみましょう。

すぐにポスターの内容は理解できなくても、目に入ると「これはなに?」と興味を持ってくれることも多いものです。話のきっかけ作りとして活用してみてくださいね。

6. 算数ドリル

photo by author (49993)

via photo by author
100円ショップはドリルも充実しています。数字がまだ書けなくても、決まった数の絵に色をぬることで、数に親しめるようになっています。
photo by author (49997)

via photo by author
軽くて持ち運びに便利だったので、筆者は外出先に色鉛筆と一緒に持っていき、子どもが手持無沙汰なときに利用していました。中身も100円とは思えないほどボリュームがあり、子どものお気に入りの一冊でした。

7. おもちゃの時計

photo by author (50001)

via photo by author
時計の読み方を教えるときは、補助の数字が書いてある学習用の時計が便利です。100円ショップでも手に入ります。

筆者の子どもは、最初はただひたすら針を回す遊び道具として使っていました。段々と、「いま何時?」と聞くと、部屋の中の時計を見て、その時計と同じようにおもちゃの時計の針を合わせて補助の数字を確認し、時間を答えられるようになりました。

8. タイマー

photo by author (50004)

via photo by author
「あと10分」や「30分後に出かける」といった時間の感覚を学ぶのに便利なのが、タイマーです。

筆者の子どもは、4歳のときに「10分ってどれくらい?」と聞いてきたことがありました。そこでタイマーを買って、10分後にアラームを設定して、時間の概念を体感的に理解できるようにしました。

タイマーは、「テレビは1日1時間」といった生活習慣にも役立てることができるので、おすすめですよ。

9. パズル

photo by author (50007)

via photo by author
「図形の理解」に役立つパズルも、100円ショップで手に入ります。自宅で遊び道具にしたり、小さなパズルであれば外出先での時間つぶしに使ったりできるので便利です。

10. パズルブロック

photo by author (50011)

via photo by author
空間認識能力を鍛えるために、立体的な形を作るブロックはとても役立ちます。写真のように、パズルとサイコロのブロックを組み合わせたおもちゃも売っていました。

シンプルなおもちゃですが、筆者の子どもはこのパズルブロックが大好きで、組み立てたり解体したりと熱心に遊んでいました。

100円ショップを活用して算数に親しもう!

photo by author (50014)

via photo by author
100円ショップには、算数のセンスを鍛えるのに役立つアイテムが豊富にそろっています。お子さまの月齢や年齢、発達にあった知育玩具を手に入れて、算数への興味関心を高めてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

BRIOのカラフルな歯車パズルで楽しく知育遊び!

BRIOのカラフルな歯車パズルで楽しく知育遊び!

木製の機関車やレールのおもちゃで有名な、スウェーデン生まれのおもちゃブランドBRIO。同ブランドから登場した新作知育玩具をご紹介します。小さい子どもでも楽...
図形遊びや色遊びにも!【100均のおふろで遊べる数字パズル】活用法

図形遊びや色遊びにも!【100均のおふろで遊べる数字パズル】活用法

マット素材でできた数字パズルは、おふろの壁に貼って遊べる100円ショップのおもちゃ。親としては、ついつい1、2、3と順番に並べたくなりますが、子どもたちの...
「なかまあつめ」(分類)で算数の準備をしてみよう!

「なかまあつめ」(分類)で算数の準備をしてみよう!

小学校に入学すると「なかまあつめ」(分類)を算数で習います。非常に初歩的な内容なため、幼児期のお子さまも自宅で遊び感覚で楽しみながら、算数に触れることがで...
おうちでできる!「かんたん分数」の学び方

おうちでできる!「かんたん分数」の学び方

みなさんは昔習ったはずの「分数のやり方」を覚えていますか?算数の不得意な子どもに共通しているのが「分数が苦手……」ということ。就学後に授業で習うより前に、...
遊びながら楽しく学ぼう!数の概念を学べる知育玩具4選

遊びながら楽しく学ぼう!数の概念を学べる知育玩具4選

数を学習するにはどうすればよいのでしょうか?実は、数というのはお子さまにとって非常に理解が難しい概念なのです。数の勉強を強制するのではなく、お子さまが好奇...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!