2018年7月27日 公開

スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

乳幼児期に子どもの素質を見極め、適した指導で才能・能力を伸ばす才能教育「スズキ・メソード」は、音楽を通して、子どもの能力を総合的に育てる才能教育のひとつです。効果的な才能教育として名高いスズキ・メソードをご紹介します。親子で楽しく早期教育をはじめてみませんか。

“才能教育”スズキ・メソードとは?

 (100394)

才能教育とは、乳幼児期に子どもの適性を見極め、その子に合った指導や訓練で才能や能力を伸ばすもの。特に、開始する時期が早いほど効果的といわれる、音楽・舞踊・絵画等の芸術分野で行われることが多いです。言葉を話す前から、早期教育としてはじめることも珍しくありません。

子どもの脳の発達は、3歳までに約8割が完成するといわれています。乳幼児期に音楽に触れることや体を動かすことは、心身ともに成長につながるといえるでしょう。才能教育を適した時期・方法で行うことは、子どもの能力を総合的に伸ばし可能性を広げます。

世界に広がる才能教育「スズキ・メソード」

スズキ・メソードは、公益社団法人才能教育研究会が推進している才能教育です。音楽を通して、「明日に羽ばたく文化人、世界人に育つこと」を目指しています。

創始者である鈴木鎮一は、世界的なヴァイオリン奏者であり、才能教育の第一人者です。1946年より活動をはじめ、現在では世界46カ国にまで広がっています。

幼い頃から楽器や優れた楽曲とふれあうことで、無理なく「子どもの能力を総合的に伸ばす」ことができるため、早期英才教育としても人気です。

「音楽以外の道も開ける」スズキ・メソード

スズキ・メソードが多くの人に支持され、半世紀以上も人気のある教育法であり続ける理由のひとつは、「出身者に著名人・才能が必要とされる職業の人」が多いことではないでしょうか。

ヴァイオリニスト・ピアニスト・音楽大学教授など音楽関係の第一線で活躍する人はもちろん、法学者・医者・タレント・弁護士・将士……など、音楽分野以外でもスズキ・メソード出身者は多く見られます。

幼児期を音楽と過ごすスズキ・メソードは、頭と体の成長と情緒の安定を促し、より高い教育効果を得られます。

母語(母国語)のように音楽センスを習得

私たちは、赤ちゃんのころから親の話す言葉を耳にしているだけで、母国語を苦もなく習得しています。

スズキ・メソードは、赤ちゃんが親の話す言葉を聞き続けることで、”母国語=母語(子どもが最初に覚える言語)”を自然と学ぶように、日常的に楽器や優れた楽曲にふれることで音楽的センスを身につけることを目的としています。

親子で学ぶことで才能開花

半世紀以上の歴史のあるスズキ・メソード。その教育のなかで一貫して行われきたのは、「親子で学ぶ」ことです。スマホ・タブレット等を使えば、親がいなくても知識を学ぶことは可能です。しかし知識を超えた才能・能力を伸ばすには、親とのコミュニケーションが欠かせません。

スズキ・メソードではレッスンに親も同席し、家庭でも練習を見守り指導することで学ぶ喜びを実感することを大切にしています。曲が弾けたときの達成感を親子で共有することで、子どもの向上心も育ちます。

「だから伸びる」 スズキ・メソードの教育法

 (100398)

音楽がある生活を送る

良質な音楽をできるだけ小さいうちから繰り返し聴くことを、スズキ・メソードでは大切にしています。生演奏ではないCDなどの音源でもOK。音楽に囲まれた環境で育つことが、成長の糧となると考えています。

教室に親子で通い集中して練習する

楽器の演奏経験のない親御さんも、一緒に教室に通い子どもの練習を見守ります。子ども・親・先生が一体となって曲を学び、演奏を作り上げていくことで創造力・集中力・忍耐力等を高めていきます。

自宅で繰り返し練習する

まだ弾けない曲の練習も大切ですが、弾けるようになった曲を繰り返し弾くことも子どもの能力を磨きます。弾ける曲が増えていくことは達成感の積み重ねとなり、大きな自信となることでしょう。

子どもの可能性を伸ばす「才能教育五訓」

 (100397)

スズキ・メソードでは、“才能教育五訓”を掲げています。

1.より早き時期
吸収力が高い”言葉を話す前の乳幼児期から”より良い音楽を繰り返し聞きます。

2.より良き環境
音楽にあふれた生活環境と親との密なコミュニケーション。

3.より多き訓練
毎日、繰り返し練習することで、曲の習得だけではなく、学習習慣・忍耐力等も伸ばせます。

4.より優れたる指導者
スズキ・メソードでは研修・厳正な審査によって、指導者は「正指導者・准指導者・初級指導者」の3つの段階に分けられます。指導者である先生方も努力をし続けているのです。

5.より正しき指導法
スズキ・メソードの基本理念は「どの子も育つ育て方ひとつ」です。子どもの可能性を信じ、その子に合った指導法を行えば、どんな子も必ず伸びるはずです。

スズキ・メソード音楽教室で習える楽器

 (100395)

楽器に触れる前の乳幼児期におすすめなのは、0~3歳児コースです。スズキ・メソードでは、0歳から遊びながら音楽センスを磨けます。

親子で優れた音楽を聞いたり、歌遊び等をすることで豊かな感性・集中力や記憶力を楽しく伸ばすことができます。乳幼児期にリズム感・表現力を育てることは、楽器を演奏する前準備になります。

スズキ・メソードで学べる楽器は、ヴァイオリン・ピアノ・チェロ・フルートの4種類。小さなヴァイオリン・幼児用の軽量フルート等を使うため、子どもの体に負担をかけず演奏を楽しむことができます。3歳前後から本格的な楽器演奏を体験することが可能です。

全国展開するスズキ・メソードは、教室ごとに特色があります。指導可能な楽器も変わるため、お近くの教室のカリキュラムを確認しましょう。

子どものペースで練習しよう

スズキ・メソードでは、各レベルに合わせた課題曲で卒業検定を受けることができます。課題曲を録音して才能教育研究会本部に送り、合格基準点に達すれば卒業証書がもらえます。達成感を味わえると同時に、次の目標へのモチベーションも高めやすいのではないでしょうか。

子どものレベルに合わせてステップアップできる、スズキ・メソード。無理のないペースで曲の難易度が上がっていくため、「できること」が増えていく感覚が味わえます。挑戦し努力する気持ちを育めるはずです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

子どもの健やかな成長にはバランスの良い食事がとても大切ですが、そこに「頭の良くなる」要素が加えられれば。忙しいパパママでもできる「つくりおき」料理で、毎日...
日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...
保育園看護師が常駐している保育園を選ぶメリットとは?

保育園看護師が常駐している保育園を選ぶメリットとは?

年々増加している、看護師の常駐する保育園。厚生労働省が私立保育園に対し、看護師を配置するよう促進していることもその背景にあります。実際に、看護師が常駐する...
ジョイントマットで遊んでみよう!子どもにとっては、大きなブロック

ジョイントマットで遊んでみよう!子どもにとっては、大きなブロック

フローリングの上に敷く「ジョイントマット」を、利用しているご家庭も多いのではないでしょうか。わが家で新調したところ、マットではなく「ブロック」として、子ど...
新しくはじまる英検CBTとは?今までの英検と違う点をチェック

新しくはじまる英検CBTとは?今までの英検と違う点をチェック

2018年夏、新たにスタートする英検CBTとは、コンピューターで受験する新方式の英検です。実際、どのような部分が従来の英検と異なるのでしょうか。そこで試験...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。