2016年5月25日 公開

運動能力を伸ばそう!コーディネーショントレーニング実践方法

子どもの遊び方が変わってきたことで運動能力の低さ、体力不足が心配されるようになった近年。特に幼児期には運動能力が知能の発達にも影響があるといわれ、運動能力を伸ばすことのできるコーディネーショントレーニングに注目が集まっています。コーディネーショントレーニングの解説と家で親子で楽しみながら取り組める実践方法について紹介します。

コーディネーショントレーニングとは?

photo by Yuka Arioka (65328)

via photo by Yuka Arioka
目や耳などの感覚器から入ってきた情報を上手に脳が処理をし、からだの各部分へ適切に指令を出す神経回路のことを運動神経といい、この神経が「コーディネーション能力」と呼ばれるようになりました。そして、その能力を養うのが「コーディネーショントレーニング」です。このコーディネーショントレーニングには7つの能力があります。

「コーディネーション7つの能力」

リズム能力……リズム感を養い、動くタイミングを上手につかむ力
変換能力……バランスを保ち、崩れた体勢を正常に戻す力
バランス能力……状況の変化に合わせ動きを素早く切り替える力
反応能力……素早く合図に反応をして、適切・的確に対応をする力
連結能力……身体全体をスムーズに動かす力
定位能力……自分と動いている物の位置関係を把握する力
識別能力……スポーツ用具などを上手に操作する力

コーディネーショントレーニングの実践方法(1)

photo by Yuka Arioka (65323)

via photo by Yuka Arioka
「親子でできるボールバウンドゲーム」

1.少し間をあけて親子で向かい合います。その間にフラフープなど輪となるものをおきます。
2.まず親が、輪の中にボールを投げてバウンドさせます。
3.バウンドさせたボールを子どもがキャッチします。
4.今度は、子どもが輪の中にボールをバウンドさせ、親がつかみます。
5.交互に繰り返し、慣れてきたら動きを入れた状態で行います。
photo by Yuka Arioka (65324)

via photo by Yuka Arioka
実際にやってみると……。

きちんとフラフープの中にボールをバウンドさせるのが子どもには結構難しいようです。フラフープに当たっちゃうと、ボールがあらぬ方に飛んで行くので、予測不能な動きになることも大きいです。

輪の中にきちんと狙いを定めるのも運動能力の向上になりますが、キャッチすることが目的なら、年齢の低い子はコンクリートに円をチョークで描くとか、土の上に棒で書くとかの方が良いかもしれません。

または、縄跳びやゴム紐を円の形にするのも良さそうです。

コーディネーショントレーニングの実践方法(2)

photo by Yuka Arioka (65327)

via photo by Yuka Arioka
「親子でキャッチ・プル」

1.親子で向かい合い、お互いの片手を軽く握ります。
2.もう一方の手でジャンケンをします。
3.勝った人が素早く手を引き、負けた人が相手の手を握ります。
4.繰り返し行い、慣れてきたら勝った人が手を握り、負けた人が手を引くといったように条件を変えて行います。

さらに応用としては、足でジャンケンを行う方法もあります。
photo by Yuka Arioka (65329)

via photo by Yuka Arioka
3歳と5歳の子で実際にやってみました。

3歳だとまだ理解が難しいながら、まずママと手をつないでジャンケンするだけでも楽しい様子。
自分が勝つと手を握れる、とする方がまだわかりやすいようですが、握手してる手を全身で掴まえにきてしまいます。

5歳は理解できて実行できますが、やっぱり考えてから行動に移るまでには多少の時間がかかるので、何度かやってスピードアップを目指していくのも良さそうです。

コーディネーショントレーニングの実践方法(3)

photo by Yuka Arioka (65326)

via photo by Yuka Arioka
「親子でリアクションジャンケン」

1.一人がジャンケンを出します。
2.もう一人が後出しでジャンケンを出します。この時できるだけ早く勝つ手を出せるかがポイントです。
3.慣れてきたら、負けるものを出す、足で行うといった条件に変えて挑戦します。
こちらも実際にやってみると、3歳でもかなり理解しやすいようです。

2のジャンケンにも共通していえますが、大人同士でもかなり楽しいもの。頭からの指令が思うように出なかったり、指令が出ても、違うアクションをしてしまったり、笑いが止まらなくなりました。家族や友人同士で、対戦相手を変えて遊ぶのもよいアクティビティーになりそうです。

コーディネーショントレーニングを行う際のポイント!

photo by Yuka Arioka (65330)

via photo by Yuka Arioka
コーディネーショントレーニングのポイントは、短く多種多様なトレーニングを行い、疲労度の高いトレーニングは控えめにすることが大切です。運動神経を刺激し、脳とその動きの連動性・表現力を高めるのがコーディネーショントレーニングの目的です。そのため、体力よりも脳の疲れを感じるような、短く多種多彩な動きを用いたトレーニングを行うことが効果があり、重要となります。

コーディネーショントレーニングは魅力的!

広いスペースは必要としないものも多いので、気軽に子どもの運動能力を伸ばすことができる点もコーディネーショントレーニングの魅力といえます。

また、二人で行うコーディネーショントレーニングを取り入れれば、親子のコミュニケーションに一役買うことも間違いなしです。兄弟やおじいちゃんおばあちゃんなど親子以外でも、一緒に楽しみながら挑戦できるのでぜひ覚えておいてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

幼稚園や保育園などで描いてきた絵は、なかなか捨てられず溜まる一方で、保管や整理も大変!そんな悩みを抱えるパパママが多いようです。箱に詰めて送るだけでフォト...
体操教室で運動の基礎を身に付ける!子どもへの効果や費用は?

体操教室で運動の基礎を身に付ける!子どもへの効果や費用は?

体操教室は、さまざまな運動の基礎を身につけるのに最適な習い事といわれています。筆者の長男は、幼稚園の年中から通いはじめました。プレゴールデンエイジと呼ばれ...
幼児教育に運動遊びが欠かせない4つの理由

幼児教育に運動遊びが欠かせない4つの理由

近年、ライフスタイルの変化により子どもが運動をする機会が減ったといわれています。しかし体を動かすことは、お子さまの発達にとって欠かせない幼児教育のひとつで...
現役保育士おすすめ♪子ども大好き「トンネル」で遊ぼう

現役保育士おすすめ♪子ども大好き「トンネル」で遊ぼう

なぜか、子どもたちはトンネルが大好き!保育園でも、いまいち遊びが盛り上がらないな、とか、マンネリになってきたな…というとき、トンネル遊びの要素をとり入れる...

WRITER

あみ あみ  パワフルにチビ4人を育児中!子ども達と家庭菜園を楽しんでいる時が大好きです。