2018年10月7日 公開

12支のひとつ「いのしし」の絵本を楽しもう!おすすめ5選

2019年の干支は「いのしし」。猪突猛進という言葉どおり、なにごとにもまっすぐでパワフルなイメージの動物ですが、お子さまにはあまり馴染みがないかもしれません。この機会に、いのししに注目してみてはいかがでしょう。お子さまが楽しめるいのししの絵本をご紹介します。

干支に興味を持つきっかけに

 (110985)

タイトル:干支セトラ絵本 ③しっかりはしれば
著者  :五味 太郎(作)
出版社 :クレヨンハウス 
五味太郎さんの絵本の魅力は、秀逸な言葉遊びにあります。この絵本も例外ではありません。干支にちなんだ動物が主役になったシリーズのうち、いのしし年をピックアップした作品です。

「猪突猛進」という言葉がピッタリで、とにかく一直線につき進むいのししくん。まるで前しか見えていないようですが、じつは意外と周りも見えているのです。

最後のオチがなんとも秀逸。ぜひ実際に絵本を手に取り、五味太郎ワールドにひたってみてください。

小さなお子さまにとって、「干支」を意識することはあまりないかもしれません。この絵本シリーズを読むことで、干支に興味を持つきっかけになりそうです。

動物と人間のかかわり方を考えさせられる

 (110990)

タイトル:ウリオ
著者  :室井滋(文)、長谷川義史(絵)
出版社 :世界文化社
動物が大好きというお子さまは多いでしょう。実際にペットを飼っているご家庭もあるかもしれません。そんなお子さまに読んであげて欲しいのが、「ウリオ」です。

どんな動物も、赤ちゃんのころは小さくてかわいいもの。しかし動物によっては成長とともにかなり大きくなり、飼うのが大変になることもあります。いのししもそんな動物のひとつです。

この絵本は、実話をもとに女優の室井滋さんがストーリーを書いています。かわいいいのししの子ども、ウリオを家で育てていた家族。でもウリオはどんどん成長し、やがて家の中では飼いきれなくなるほどに大きくなりました。

すると、あんなにかわいがっていたウリオを、家族のみんなはだんだん邪険にし始めます。悲しくなったウリオは逃げ出してしまい……。

メディアなどでも、飼いきれなくなったペットを捨てる無責任な飼い主が問題になっています。この絵本を読むと、生き物を飼うことの責任の重さが伝わるはず。お子さまが改めて、人と動物の関係を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

いのししの家族の様子がよくわかる絵本

 (110995)

タイトル:ウリボウなかよしだいかぞく
著者  :福田 幸広(写真)、結城 モイラ(文)
出版社 :ポプラ社
干支をきっかけに、いのししに興味を持ったお子さまに読んであげたいのがこの絵本です。

これまでいのししにクローズアップし、その生活の様子を詳細に描いた絵本はあまりありませんでした。この絵本では、愛らしいうりぼうの兄弟と家族のほほえましい姿が、優しい文章と生き生きとした写真で表現されています。

またこの絵本のなかには、イノシシについてのちょっとした豆知識も書かれています。たとえば「うりぼう」の名前の由来や、いのししは大家族で行動することなど。いのししについてもっと知りたくなるでしょう。まだ字が読めない小さなお子さまも、かわいいうりぼうの写真を見ているだけで十分に楽しめそうです。

植物を育てているお子さまに

 (111057)

タイトル:もりのぎんこう
著者  :舟崎靖子(作) 奈良坂智子(絵)
出版社 :偕成社
森の動物たちが助け合って生活する様子を描いた、「もりはおもしろランド」シリーズの中のひとつ。この絵本の主人公は、もりのぎんこうで働くいのししです。

いのししは動物たちから預かった種を大切に育てて、きれいな花や実にしています。ある日いのししは、とかげから種を預かりました。でもなかなか芽が出ず、困り果てたいのししはとうとう寝込んでしまい……。

困っているいのししを助けようと奮闘する動物たちの様子に、心が温まります。友達のすばらしさが伝わるのではないでしょうか。また、おうちで植物を育てるお子さまにもおすすめの作品です。大切に種を育てるいのししの姿は、きっと心に響くでしょう。

絵本に親しむきっかけに

 (111103)

タイトル:いのししくん おばけへいきだもん
著者  :きむらゆういち(作)、ふくざわゆみこ(絵)
出版社 :ポプラ社
友達の前で思わず強がってしまう経験は、誰にでもあるはず。この絵本のいのししくんは、友達の前で「おばけなんて平気だもん」と強がってしまいます。

そんないのししくんの姿に、お子さまはきっと共感を覚えるでしょう。いのししくんの気持ちになって、一緒にどきどきハラハラしながら一気に読み進めることができそうです。

しかけ絵本になっているので、読み聞かせが苦手なお子さまも気軽に楽しめます。

いのししの絵本で好奇心をうながして

 (111115)

ご紹介したいのししの絵本は、その生態に迫ったもの、ストーリーが楽しいものなどさまざま。お子さまの興味やパパママが伝えたいことなどを考えた、ぴったりな作品を選んでみてください。

これらの絵本をきっかけに、今まで注目することのなかったいのししに興味がわくかもしれません。「知らなかった世界を知る」楽しさを味わうことで、お子さまの好奇心を伸ばしてあげましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

絵本で干支を覚えよう!お正月に読みたい十二支の絵本5選

絵本で干支を覚えよう!お正月に読みたい十二支の絵本5選

お正月に届く年賀状には、その年の干支をモチーフとしたものも多く見られます。お正月はお子さまにとって干支を知るチャンス。この機会に十二支とそのお話について触...
読み聞かせにルールはない!話題の絵本作家が語る、絵本の付き合い方

読み聞かせにルールはない!話題の絵本作家が語る、絵本の付き合い方

赤ちゃんが繰り返し読みたくなる絵本『とりがいるよ』シリーズの作者、風木一人さんのインタビュー。後編では、絵本との付き合い方、育児に絵本を取り入れるときのポ...
人気絵本『とりがいるよ』で読み聞かせがもっと楽しく!著者インタビュー

人気絵本『とりがいるよ』で読み聞かせがもっと楽しく!著者インタビュー

赤ちゃんが何回も読みたがる絵本として話題の『とりがいるよ』シリーズ。作者の風木一人さんにお話を聞いてみたら、たくさんのこだわりが詰まっていることがわかりま...
ペンギンの絵本のおすすめは?キュートな魅力がつまった作品5選

ペンギンの絵本のおすすめは?キュートな魅力がつまった作品5選

愛らしいしぐさと姿が大人気のペンギン。そんなペンギンが主役の絵本には、かわいらしさのつまったものがたくさんあります。なかでも特にお子さまが楽しめそうな、ペ...
愉快な「かっぱ」の絵本のおすすめは?子どもが楽しめる作品5選

愉快な「かっぱ」の絵本のおすすめは?子どもが楽しめる作品5選

かっぱと聞くと、「不気味」「怖そう」といったイメージを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、かっぱを主人公にした絵本には、ファンタジックなものや笑え...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。