2018年05月01日 公開

簡単あやとり!「ちょうちょ」を作ろう

古くから日本で親しまれている、あやとり。たった1本のひもから編み出される形の不思議さ、面白さがあります。楽しみながら指先を器用に、集中力を高め、脳の発育にもバッチリです。

           
[no_toc]

古くから日本で親しまれている、あやとり。たった1本のひもから編み出される形の不思議さ、面白さがあります。楽しみながら指先を器用に、集中力を高め、脳の発育にもバッチリです。

 (93463)

Chiik!でオンライン習い事

無料モニター生募集中!

あやとりのひも

毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4倍くらいを目安にしましょう。太すぎたり細すぎたりしますと、小さなお子さまには扱いづらいので、適度な太さをお選びください。

「ちょうちょ」の作り方

図のように、一回ねじってから、親指と小指にひもをかけます。
右・人差し指を、左のひもに下から通します。
 (94135)

同じように、左・人差し指を、右・中指のひもに下から通します。
 (93458)

左右とも、小指を、親指の手前のひもの下から通します。
 (93459)

 (93509)

図のように、指を広げれば完成です。
 (93461)

できあがり

 (93462)

作り方のポイント

小指を、親指の手前のひもの下から通すところが、少しむずかしいですね。初めは片方ずつやってみましょう。小指に引っ掛けるときは、はずれないように小指の根元までしっかりとひもを通すといいです。小指にひもが掛かってから、ゆっくりと両手を倒して、指を広げるようにしましょう。

まとめ

最後のところだけがんばれば、あとは簡単です。あやとりに慣れていないお子さまにも最適。お子さまができたらほめてあげてください。ちょうちょの形を崩さないように、ひらひらさせて遊びましょう。親子でどちらが早くできるか競争してみても楽しいですね。

子供に特化した英会話レッスン

2回の無料体験レッスン開催中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MAWA MAWA