2016年11月06日 公開

子どもとのおやつタイムにも!手作りのホットドリンクレシピ4選

帰宅時やおやつのときなど、ほっと一息つきたいときにおすすめなのがホットドリンクです。子どもも一緒に飲める温かいドリンクを、子どもにお手伝いしてもらいながらおうちで一緒に作ってみませんか?簡単に手作りできるレシピをご紹介します。

           
[no_toc]

帰宅時やおやつのときなど、ほっと一息つきたいときにおすすめなのがホットドリンクです。子どもも一緒に飲める温かいドリンクを、子どもにお手伝いしてもらいながらおうちで一緒に作ってみませんか?簡単に手作りできるレシピをご紹介します。

Chiik!でオンライン習い事

12月まで!無料モニター生募集中!

好きなだけ入れよう!「ホットマシュマロココア」

 (26834)

 (26842)

【作り方】

マグカップにココアと牛乳を少し入れ、スプーンでよくかき混ぜます。
クリーミーな状態になったら、残りの牛乳も少しずつ混ぜながら加えます。

混ぜ合わせたものにマシュマロを好きなだけ加えていきます。
マシュマロがお好みの溶け具合になるまで、電子レンジで加熱したらできあがり。

材料 (1人分)
純ココア小さじ1タップリ目(好みで調整)
牛乳約200~250cc(好みで調整)
マシュマロ好きなだけ
好みのトッピング純ココア少々等
子どもたちも大好きなホットココア。
おやつタイムにもぴったりですね。

そんなココアにひと手間加えてマシュマロをいれたら、ホットマシュマロココアに大変身します!
お子さまのお手伝いとして、好きなだけマシュマロを入れてもらうのもいいかもしれませんね。
いつもとはちょっと違うココアを親子で楽しんでみませんか。

加熱時間は1分くらいから試して、お使いの電子レンジでちょうどいい温度になる時間を見つけてみてくださいね。
ココアの濃さは、粉やミルクの量で調整してみてください。

カフェインが少ないのも安心「ほうじ茶ミルクティー」

 (26840)

【作り方】

鍋に水を沸騰させ、ほうじ茶の茶葉を入れます。
少し濃く出すために3~4分煮出しましょう。

沸騰したら牛乳を入れて温め、煮立つ前に火を止めます。
茶こしでカップに注いだらできあがり!

材料 (カップ1杯分 約200cc)
ほうじ茶4~5g
 (少し濃い目がオススメ)
水120cc
牛乳120cc
砂糖お好みで
お茶の中でもカフェイン少なめで、妊婦さんやお子さまにもうれしいほうじ茶。
「ミルクティを飲みたい!でもカフェインが気になる……」という方にもおすすめです。

牛乳は先にいれないようにすることがコツです。
牛乳を先に入れてしまうと、茶葉に膜を張ってしまうので、しっかりと茶葉を抽出することができなくなってしまいます。
牛乳は後に入れるようにしてくださいね。

お子さまのお手伝いは鍋にほうじ茶の茶葉を入れてもらうのはいかがでしょうか。
どの工程も熱いものを扱うので、親子ともにやけどに注意しましょう。

ビタミンたっぷり「ホットはちみつレモン」

 (26848)

【作り方】

レモンをカップにしぼります。
その中に蜂蜜とお湯を入れてかき混ぜたらできあがりです。

材料 (1人分)
レモン1/2個
蜂蜜 ティースプーン2杯
お湯適量
風邪予防にもぴったり!ビタミンCたっぷりのレモンであたたかく、ノンカフェインなのもうれしいホットはちみつレモンは作り方もとっても簡単です。

レモンはフレッシュのものをしぼるかわりに、市販のレモン汁を使用してもOKです。
すりおろしたリンゴを加えたら、更においしくなるだけではなく、栄養価も高くなりますね。
大人には生姜の絞り汁を入れるのもおすすめです!体もより温まります。

「お手伝いをしたい!」というお子さまにははちみつを溶かすのを手伝ってもらいましょう。
子どもと一緒に気持ちをこめてかき混ぜて、特製ドリンクをつくってみてくださいね!

子どもたちも大好き「コーンスープ」

 (26854)

【作り方】
お鍋にコーン缶と牛乳を加えて火にかけます。
コンソメを加えて、塩で味をととのえたら完成です。
(ブラックペッパーはお子さま用には抜くなどしてください。)
材料 (4人分)
牛乳2カップ(400cc)
コーン缶(クリームスタイル)1缶:435g(※下記参照)
顆粒コンソメ 小さじ1
塩・ブラックペッパー少々
子どもたちも大好きなコーンスープ。
そんなスープが自宅で簡単にすぐにできてしまいます。

コツは

・鍋底がすぐ焦げ付いてしまうので、沸騰したらゴムベラなどでゆっくりかき混ぜながら温めるようにすること。
・火加減は、中火くらいで様子をみながら調整すること。

です。
お子さまにはかき混ぜる工程をお手伝いしてもらうといいでしょう。
ただし、とても熱いので、やけどをしないよう気をつけてください。

卵を入れることで中華風スープにするなど、応用レシピも楽しむことができます。

ホットドリンクで心も体もあったかに!

子どもたちと公園に行って帰ってきた後のおやつタイムにもぴったりな簡単に作れるホットドリンクをご紹介しました。
からだの芯から温めて、風邪予防にもぴったりです。
どれも簡単なレシピばかりですので、お子さまと一緒に楽しみながら作ってみてくださいね。

業界No.1の英会話レッスン

3回の無料体験レッスン開催中!

Chiik!でオンライン習い事

12月まで!無料モニター生募集中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

みゃりも みゃりも