2018年06月28日 公開

水遊びの準備をしよう!「ごんどうまゆのハハコイク」第23回

男の子育児をつづった、イラストエッセイ「ハハコイク」。夏といえば、水遊び!用意しておきたいスイムグッズや、遊び場所をご紹介します。

           

男の子育児をつづった、イラストエッセイ「ハハコイク」。夏といえば、水遊び!用意しておきたいスイムグッズや、遊び場所をご紹介します。

子どもが大好き!水遊び

 (103693)

暑くなってきましたね。息子・そうちゃんの幼稚園でもプール開きが行われ、今年も水遊びの季節がやってきたな~と感じています。

今回は、用意しておきたいスイムグッズや、遊び場所についてご紹介します。

まず用意しておきたいもの

 (103640)

・水着(日焼けを防ぐラッシュガードもあると便利)

・水遊び用紙オムツ(普通の紙オムツと違って、水を吸っても膨張しません)

・サンダル(ストラップ付きで脱げないものだと安全)

・帽子(濡れてもいいもの)

最低限、これらがあると安心かと思います。この他に、スイムキャップやゴーグル、浮き輪などを状況に合わせて追加してくださいね。あと、ペットボトルで作ったおもちゃなども持参していくと、楽しく遊べますよ。

オムツが外れる前は、じゃぶじゃぶ池

 (103831)

そうちゃんの水遊びデビューは、歩きはじめた1歳の頃。場所は、公園内にあるじゃぶじゃぶ池でした。

じゃぶじゃぶ池は、安全のために裸足禁止のところもあるので、脱げにくいストラップ付きのサンダル着用がおすすめ。大人もビーチサンダル必須ですよ。

また、熱中症予防のため、暑すぎる時間帯は避けるのが無難です。水の中で遊んでいるからといっても、小まめな水分補給は必須です。帽子もお忘れなく。

もちろん、水遊び用のオムツで入水OKか、確認してから遊んでくださいね!

オムツが外れたら、プール

 (103533)

そうちゃんのオムツが外れてからは、念願のプールデビューを果たしました!

気軽に足を運ぶのは、近所の市民プール。屋内にあるので、天気を気にせず遊ぶことができます。ちなみに私は、長袖ラッシュガードと膝丈のスイムパンツが必須です(笑)。

そろそろ、そうちゃんに泳ぎ方を教えてあげたいけれど、素人なので教え方がわからない!もしも本人が興味を持ったら、短期のスイミングスクールを体験させてみるのもいいかなぁと思っています。

楽しい水遊びを!

冷たい水で遊ぶのは、とっても気持ちがいいですよね。せっかくなので、私も一緒になって楽しんでいます(笑)。

くれぐれも安全に気をつけて、水遊びを楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

ごんどうまゆ ごんどうまゆ