2016年04月07日 公開

まるでメルヘン!富山となみチューリップフェアへ行こう!

チューリップが約100万本も咲き誇り、見渡す限り色とりどりのチューリップの絨毯広がるとなみチューリップフェア!今年は美しいフォルムで揺れるチューリップで、春満開を富山で楽しんでみませんか♪お勧めの楽しみ方と、素敵な絵本のご紹介をします。

           
[no_toc]

チューリップが約100万本も咲き誇り、見渡す限り色とりどりのチューリップの絨毯広がるとなみチューリップフェア!今年は美しいフォルムで揺れるチューリップで、春満開を富山で楽しんでみませんか♪お勧めの楽しみ方と、素敵な絵本のご紹介をします。

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

となみチューリップフェアとは?

<公式> 2016となみチューリップフェア (1549)

毎年富山県で開催されているとなみチューリップフェアをご存じですか?
砺波(となみ)チューリップ公園で開催される国内最大級のチューリップの祭典なんですよ。

2016年のとなみチューリップフェアは、「見つめあう2人」をメインテーマに約700品種300万本のチューリップの祭典です。花の数だけ夢があるとなみ春色夢気分をスローガンに素敵なチューリップが待っています!

無料の写真: タンポポ, ルデラリア, タンポポ属の植物の宗派ルデラリア, 雑草 - Pixabayの無料画像 - 737967 (1550)

≪となみチューリップフェアの概要≫

【住所】
チューリップ四季彩館
富山県砺波市中村100-1

【会場】
砺波チューリップ公園

【期間】
2016年4月22日(金)〜5月5日(木・祝日)

【開園時間】
午前8時30分か〜午後5時30分(最終入園:午後5時)

お子さまとのとなみチューリップフェアの楽しみ方

 (1554)

 (1555)

シンボルのチューリップタワーからの一望できる大花壇は必見のスポット!

公園と美術館のあいだにある水車苑みは日本一大きな五連水車が設置されていて、水しぶき光る水車とチューリップのコラボレーションは圧巻です。催し物が行われる予定なので、イベントを目当てに訪れるのもお勧めです。

授乳室やおむつ替えスポット、ベビーカーのレンタルがあり、小さいお子様連れでも安心です。カフェかくれ庵では、チューリップソフトクリームやスイーツなどを雰囲気のいい緑とお花の空間で味わうことができます。

関西圏からとなみチューリップフェアへのアクセス

春の湖西線002|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1559)

大阪駅からは、特急サンダーバード(金沢行)で金沢駅へ。北陸新幹線はくたか(東京行)で新高岡駅。城端線を使って20分で砺波駅へ到着します。

砺波駅からは、歩いて15分か無料のシャトルバスも出ています。自動車では名神・北陸自動車道を使って約4時間の旅です。

首都圏からとなみチューリップフェアへのアクセス

無料の写真: 新幹線, 北陸, 富山 - Pixabayの無料画像 - 1228070 (1563)

東京からですと北陸新幹線で約2時間30分ほどになります。新高岡駅から城端線で20分で砺波駅です。

砺波駅からは、15分ほどのお散歩か無料シャトルバスで行くことができます。自動車なら関越・北陸自動車道若しくは上信越自動車道を使って約6時間の道のりです。

おでかけ時におすすめのチューリップ絵本

チューリップのにわ (ティモシーとサラの絵本) : 芭蕉 みどり : 本 : Amazon (2520)

チューリップのにわ
作・絵:芭蕉 みどり
出版社:ポプラ社
『チューリップのにわ』(ティモシーとサラの絵本)

ポプラ社から出版されている、芭蕉みどりさんの可愛いイラストと共にお届けするチューリップのお話しです。小さな野ネズミのティモシーとサラの大冒険!さみしくなったお庭にチューリップを植えようと二人で頑張ります。

とても愛情たっぷりの絵本で読みやすいので、チューリップフェアに出かける前の読み聞かせにもピッタリです。

となみチューリップフェアに行く際に、お子さまと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

魅力あふれるとなみチューリップフェア

となみチューリップフェアには、まだまだ紹介しきれないほどのチューリップスポットがあります。

ぜひこの春にお子さまと出掛けてみて、たくさんのチューリップを堪能し、春に移ろう季節の息吹を感じてみてください。きっと素敵な発見が待っていますよ。

3歳〜11歳までの大手英会話レッスン

今なら2週間無料!

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

こーさ こーさ