2017年04月01日 公開

見るだけで楽しい、子連れで住宅展示場に行くコツとは?

子どもがいる家庭では、住宅への興味から、住宅展示場を訪れることもあるでしょう。購入を検討していなくても住宅展示場は見るだけでも楽しく、子ども向けイベントも開催しているので休日のお出かけ先として一案かもしれません。そこで子連れで行くときの注意点やコツ、楽しみ方を紹介します。

           
[no_toc]

子どもがいる家庭では、住宅への興味から、住宅展示場を訪れることもあるでしょう。購入を検討していなくても住宅展示場は見るだけでも楽しく、子ども向けイベントも開催しているので休日のお出かけ先として一案かもしれません。そこで子連れで行くときの注意点やコツ、楽しみ方を紹介します。

開講時だけの特典です!

まずはご体験ください!

見る目的だけで行くことができる

 (47569)

ESB Professional/Shutterstock
住宅展示場と聞くと、今すぐ住宅購入を考えている人が行くところと思う方もいるでしょう。しかし、なかには興味本位で行く方や、子どものイベントが開催されているからという理由で来場する方もいます。実際にそのようなきっかけで家を買いたくなる人もいるため、そのような方も住宅展示場では歓迎しているのです。
 (47567)

Natalia Kashina/Shutterstock
家を買うつもりはない方やそもそもすでに家を持っている方は中々足を運びづらい気持ちもあると思いますが、住宅購入を希望する人だけが訪れる場所ではありません。住宅展示場の多くは来場してもらうきっかけ作りをしており、気軽に訪れやすい会場へと変わってきています。

小さな子どもを連れて行くときの注意点

 (47478)

pics721/Shutterstock
住宅展示場は誰が訪れてもいい場所とはいっても、小さな子ども連れだと危険な場所もあります。親が手を取ってまわり、危険な場所は注意してあげてください。

たとえば吹き抜け、階段などです。住宅展示場は開放的な空間を演出するため、2階の踊り場に大きな吹き抜けを設置しているところもあります。人が落下しないよう安全対策はしていますが、小さな子どもの場合隙間から手を入れることもあるため注意してください。

子どももたのしめる展示会場のイベント

無料の写真: スパイダーマン, スーパー ヒーロー, ヒーロー, コミック - Pixabayの無料画像 - 1560314 (42062)

住宅をこれから購入する世帯は、子育て世帯がターゲットになるため、子ども向けイベントを積極的におこなうところが多いようです。たとえば子どもが好きなヒーローショー、動物とふれあえるミニ動物園、ワークショップ、屋台などが出ていることもあります。

レジャースポット並みに子連れで楽しめるイベントもあるため、休日に開催されていないかチェックしてみましょう。ゴールデンウィークなど大型連休に開催されていることも多く、そのあたりで日程を組むのがコツです。また、最近はペット愛好家も増えており、ペット向けイベントもあります。

本格的な購入を考えているなら宿泊もおすすめ

「住宅展示場」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (42067)

住宅購入を考えて展示場に行っても、小さな子どもがいると話の途中でぐずってしまい、なかなかじっくりと見てまわれない方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、宿泊対応の展示場です。子連れだと短時間しか見てまわれないこともあります。そんな場合は宿泊すると子どもが気に入るかどうかもわかります。

子育て家庭向けの天然原料を使った住宅、空気の綺麗さにこだわる住宅など、1泊してみないとわからない部分もあります。宿泊対応が可能な展示場があるなら、ぜひ泊まってみてください。ほかにもログハウス体験など、普段の生活と雰囲気が違う展示場もレジャー気分を味わうコツです。

住宅展示場は子連れに優しい

「住宅展示場」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (42056)

住宅展示場は子育て家庭に嬉しいサービスがたくさんあります。家は今すぐ買わないからという家庭も、イベントが開催されていないかチェックして、ぜひ出かけてみてください。おむつ交換ができるスペース、キッズルームを完備しているところもあるなど子育て家庭に優しくなっており、子連れ歓迎のところも多いです。

業界No.1の英会話レッスン

3回の無料体験レッスン開催中!

開講時だけの特典です!

まずはご体験ください!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

KEYWORDS

WRITER

ERIKA ERIKA