2018年01月06日 公開

ママバッグの中身をきれいに整理!収納上手になるコツ

子どもを連れておでかけするとなると、ママバッグの中身はパンパンになりがち。整理をしないと必要なときになかなか取り出せずに不便です。今回はそんなママバッグの中身をきれいに整理してくれる、身近なアイテムを4つ紹介します。

           
[no_toc]

子どもを連れておでかけするとなると、ママバッグの中身はパンパンになりがち。整理をしないと必要なときになかなか取り出せずに不便です。今回はそんなママバッグの中身をきれいに整理してくれる、身近なアイテムを4つ紹介します。

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

オムツはスライダー付きの保存袋に

おむつ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67028)

オムツ入れはポーチなど小さな入れ物を利用することが多いです。でも、複数の子どもがいる場合や遠出をするときは、オムツの数をたくさん入れなくてはいけません。そうなるとポーチはパンパンになってしまい、取りだしにくくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのがA4サイズのスライダー付きの保存袋です。オムツがたっぷり入りますし、中身が見えるのでオムツの残量もすぐに確認できます。もし汚れてしまったら気兼ねなく取りかえられるのも嬉しいですね。

子どもの着替えは保存袋でコンパクトに

ジップロック|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67026)

ママバッグの中でもかなりの容量を占めるのが子どもの着替えです。普通のビニール袋に入れると、空気を含んで場所をとってしまいます。

そんなときにおすすめしたいのが、ジップロックなどの保存袋。空気を抜くようにして閉じれば、圧縮されてコンパクトになります。

また、保存袋に詰めるときは、子どもごとや種類別に袋を分けて入れましょう。必要な衣類がすぐに見つかり取り出せます。

小さな小物はポーチに整理

セカンドバック|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67027)

髪止めのクリップや絆創膏、薬などの細々したものは、いざ必要になってもどこに入れたのか分からなくなりがちです。そんなときは小物を一つのポーチにまとめてしまいましょう。

中身が見えるようなポーチだとさらに探しやすいです。ママバッグについている収納ポケットと併用することで、小物を上手に整理してください。

帰りのバッグもキレイに!やっぱり必要なビニール袋

レジ袋の再利用|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67029)

行きのママバッグがきれいでも、帰りはどうなっているか分かりません。お出かけ中に子どもが洋服を汚したり、ゴミが出たりすることも多いですよね。公園で木の実や宝物を拾ってくるかもしれません。

そんなときに助かるのがビニール袋。気兼ねなく使えてとても便利です。お出かけの際には、ビニール袋を数枚、必ず持って行くようにしましょう。

きれいに整理されているママバッグでおでかけも楽しく

トートバッグ |写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67025)

必要なときに必要なものをサッと取り出すには、ママバッグの中がきれいに整とんされていることが第一。ごちゃごちゃのバッグでは、探し出す時間もかかりますし、探している間にさらに混雑してしまいます。

きれいに整理されたバッグは、家に帰ってからの後片付けも楽ちん。時間の短縮もできるので一石二鳥です。ママバッグを上手に整理して、日々のおでかけをもっと楽しいものにしましょう。

子供に特化した英会話レッスン

2回の無料体験レッスン開催中!

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

KEYWORDS

WRITER

SATIMOMOKA SATIMOMOKA