2017年01月28日 公開

子どもも夢中になる楽しさ♪東武ワールドスクウェアに行こう!

「東武ワールドスクウェア」をご存知でしょうか?ここは、世界遺産や有名建築物の精巧なミニチュアが勢ぞろいした、1日で世界一周の旅を子どもといっしょに楽しむことができるテーマパークです。今回は、東武ワールドスクウェアの魅力やオススメのポイントをご紹介します。

           

「東武ワールドスクウェア」をご存知でしょうか?ここは、世界遺産や有名建築物の精巧なミニチュアが勢ぞろいした、1日で世界一周の旅を子どもといっしょに楽しむことができるテーマパークです。今回は、東武ワールドスクウェアの魅力やオススメのポイントをご紹介します。

東武ワールドスクウェアの歴史を知ろう

 (36030)

東武ワールドスクウェアは、栃木県日光市鬼怒川温泉にある、1993年4月開園のテーマパークです。愛称は東武ワールドスクウェアの頭文字を取って「TWS」。敷地面積は7.65平方キロメートルを誇り、2015年の年間来場者数が約52万人ほどと、鬼怒川温泉や日光東照宮など、数多い栃木県の観光スポットの中でも人気が高い場所となっています。

キャッチコピーの「一日でめぐる世界一周の旅」の通り、世界遺産を含む代表的な建造物100点以上が、1/25スケールで忠実に再現されている、ミニチュアの屋外博物館です。

【所在地】
栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
【営業日・時間】
夏期(3/20 ~ 11/30)午前9:00~午後5:00
冬期(12/1 ~ 3/19) 午前9:30~午後4:00
【定休日】
年中無休
【アクセス情報】
東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 バス5分

東武ワールドスクウェアの4つの楽しみ方!

 (39712)

Jiang Dong-Qin/パブリック・ドメイン
 (39710)

Fredhsu/CC BY-SA 3.0
 (36034)

東武ワールドスクウェアの見どころは、やはりなんといっても精巧に再現された建築物の見事さですが、より楽しく園内を回るための4つの方法が公式ホームページで紹介されています。

(1)「こだわり」を楽しむ……世界の建物をミニチュアで再現するために、実物の設計者の許可を得ています。パルテノン神殿は、素材に本物の大理石を使うように要請があったとか。神殿のリアルな再現具合をチェックしてみるのも楽しいですよ。

(2)大きさを比較して楽しむ……展示してある建物には、元になった建物の大きさが分かるような目印があります。たとえば、自由の女神像の前なら、実寸大の女神像の足形が描かれていますので、その大きさの違いが良く分かります。

(3)撮影を楽しむ……テーマパーク内には、「撮影スポット」を示した看板があり、絶好の撮影ポイントが分かるようになっています。本物そっくりな建物の前で、記念写真を撮ってみてはいかがでしょう。

(4)四季を楽しむ……テーマパーク内には、桜や梅などの盆栽が植えてあり、ミニチュアの世界に鮮やかな色どりを添えています。季節の移り変わりも、楽しむことができますよ。

東武ワールドスクウェアの、オススメお食事スポット

 (36038)

東武ワールドスクウェアの中には、お食事処が5カ所あります。

(1)日光湯波処・平安……座席数80、地元の日光湯波を使ったオリジナル料理。
(2)カフェテリアレストラン・ワールド……座席数210、ファミリーレストラン。
(3)ラーメンハウス・カーニバル……座席数45、ラーメンと喫茶。
(4)すふぃんくす……座席数40、甘味デザートと軽食。
(5)コンベンションハウス……団体用のレストラン。

お子さま連れの場合は、(2)カフェテリアレストラン・ワールドが、メニューも豊富でゆったり過ごせるのでオススメです。
(4)すふぃんくすは、テーマパークの中間地点にありますので、休憩でほっと一息つくのに最適なスポットですよ。

子ども連れに嬉しいポイントはここ!

 (36042)

東武ワールドスクウェアでは、トイレ内にベビーベッドが設置されているほか、ウェルカムスクウェア(ベビールーム、キッズルーム)と、園内の「キッズハウス 縁」に授乳室を設置。給湯設備もあります。
バリアフリーに対応した施設なので、赤ちゃんや小さなお子さま連れでも安心して利用できるのも、オススメのポイントです。

東武ワールドスクウェアで、世界旅行体験してみよう!

東武ワールドスクウェアは、1日で世界の観光名所を回り世界旅行の疑似体験ができる、子どもから大人まで楽しめるテーマパークです。
精巧な建物のミニチュアの中には、有名人が紛れていたりしますので、ご家族で探してみるのも楽しいですよ。きっと、お子さまの知的好奇心を大いに刺激してくれることでしょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

たまこ たまこ